ギターを弾くと爪はどうなる?演奏者が愛用のネイルケア製品が見直されている?? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

楽器が演奏できる人は男女問わずかっこよくて憧れますよね!なかでも弾き語りやバンドには欠かせないギターは誰でも気軽に始めることができる、とても身近な楽器です。憧れのミュージシャンがいる人なら、自分もあんな風にギターを弾いて歌ってみたい!と一度は思ったことがあるのではないでしょうか。2021年現在は自粛生活で家にいる時間が増えました。そこで習い事を始める人や趣味を持とうと思う人が多くなり、特に楽器を習う人が増えています。どんな楽器も演奏ができるようになるには練習時間が必要です。自粛中の今ならその時間が取れることも、楽器をはじめる理由の一つになっているようです。特にギターはずっと興味のあった人や昔やっていた人が多く、とても人気があります。最近のミュージシャンはクラシックギターでなくアコースティックギター(アコギ)でも、ピックを使わず爪で直に演奏する「爪弾き」のスタイルが多いです。そしてそれを見ていた人は自分も爪弾きしたいと思うようになります。しかし爪弾きは、爪に傷が付くなどの大きな負担がかかります。そのためギターを弾く人は、演奏に適したネイルの強度や長さを維持するためにしっかりとした爪のメンテナンスをしています。そして演奏の衝撃から爪を守るためのジェル以外の保護方法が、普段から爪の弱い人にも効果的ということで最近注目されています。今回はギターを楽しむ前に知っておきたい爪のこと、また爪の弱い人におすすめの注目のメンテナンス方法をご紹介していきます。

ネイルはしていても大丈夫??

ギターのような指を使う楽器をはじめる時、気になるのは爪の事ですよね。特に普段からオシャレなネイルをしている人はどの程度までなら大丈夫かを事前に知っておきたいのではないでしょうか。結論から言えばネイル自体はさほど問題ありません。ただし立体的なアートやラインストーンを使ったもの、またジェルの仕上がりが厚いネイルなどはおすすめできません。演奏時に他の弦に触れてしまい余計な雑音を出すことになります。ですからもしジェルであれば、演奏の邪魔にならないようにフラットで自爪に近い厚みの仕上がりにして下さい。マニキュアならば特に気にしなくても大丈夫です。しかしギターを弾けば爪は弦に当たるため、ネイルが剥げたり傷だらけになったりします。また爪を短くする必要があるため、いつものように次のジェルの付け替えまで爪を伸ばしておくことはできず、常に自分で短く削っておかなくてはなりません。もしネイルをする場合はこれらのことは覚悟しておきましょう!

爪の長さは??

ギターを弾く上でネイル自体にはさほど問題はないのですが、爪の長さに注意が必要です。左右で違ってくるのでご紹介していきます。







コードを押さえる左手(左利きの人は右手)

左の爪は、爪が指先の肉から出ない程度まではいつも短くしておく必要があります。弦は指先を立て押さえることで指の力が分散せずに入れられるので、コードをしっかりと押さえることができます。しかし爪が少しでも伸びると爪が指板に当たり指が寝て力が逃げてしまうため、きちんと弦を押さえることができず指の故障の原因にもなります。

弦を弾く右手(左利きの人は左手)

右の爪の場合は、それぞれのジャンルや弾き方によって違ってきます。例えばアコギを使った弾き語りでは、初心者または一般的にはストローク(いわゆるジャンジャンジャンというものですね)を弾く時にピックを使います。またアルペジオ(一音一音バラバラに弾いていくこと)は指を使って弾いていきます。この場合の爪の長さは、弾いてみてアルペジオの時に爪が弦に引っかからない長さであれば大丈夫です。しかし近年、弾き語り系の人も同じ曲中でストロークとアルペジオをスムーズに行える「爪弾き」をする人が増えています。爪をピックのように使い、いつでもクッキリした音を出すことができます。このように爪を使って演奏する場合は、使う指の爪または全ての爪をある程度まで伸ばしておく必要があります。仕事などで爪が伸ばせない人は注意が必要です。そして見た目のことを言えば、左の爪は短く、右の爪は長めの状態になることも覚えておきましょう。

爪が弱い人必見!健康な爪とその補強

身近に「爪弾き」を目にする機会が増えたことで「爪の保護はどうしているのかな?」「ギターをする人は元々爪が丈夫なの?」などの疑問から、ギター奏者の爪のメンテナンス方法が最近注目されています。ではどのようなものかご紹介していきます。

爪が弱くなかなか伸びない!

常に深爪の人が、爪弾きをするために丈夫で健康な爪を伸ばしたい時に使用しているネイル専用のトリートメントがあります。

この商品はネイルケア製品として発売されて以来、爪や指先のメンテナンスが常に必要な弦楽器奏者の間で話題となり愛用者が多いです。効果としては以下のようなものがあります。

・割れやすい爪に、厚みや強度をもたらします。
・二枚爪や爪の剥離の改善効果があります。
・爪や皮膚に栄養を与え、爪の縦筋やささくれができにくくなり、爪のピンクの部分も伸びてくることで、形のよい美しい爪を目指せます。
・ハンドクリームなどのベタベタを嫌う奏者が多いですが、使用感はサラサラでしっかりと潤うクリームなので、気にすることなく使うことができます。

デイクリームの他にもナイトジェルもあるので、まずはデイクリームから試してみてはいかがでしょうか。

爪に負担をかけずに補強したい!

爪の補強といえば、簡単なのはマニキュアタイプの補強剤を使うかジェルネイルなどをするかです。しかし爪を使って演奏する人が普通の補強材を塗ったところで、すぐに剥げてしまい意味がありません。またジェルは気軽に取ったり付けたりすることができません。ギター奏者の間では、ギター奏者のために作られた補強専用ベースコートがとても人気があります。

この商品は、以下のような爪の補強効果が期待できます。

・ソフトコンタクトレンズと同じ酸素透過性の樹脂を使うことで、爪の呼吸を維持し自爪に負担がかかりません。
・マニキュア型で簡単に塗ることができ、薄く何層も重ねていくことで強度が増していきます。一度にたっぷり塗布すると割れの原因になるので気をつけてください。
・除光液を使って落とすことができます。
・マット仕上げで、自爪に近い色をしているためピカピカすることなく自然に見えます。

このように安心して爪の補強ができるので、普段から爪が割れやすい人や、マニキュアに圧迫感を感じ今まで爪の保護ができなかった人にもおすすめです。ギターを演奏するスタイルによっては、補強力が足りない場合があるのでご注意くださいね。

まとめ

爪を使って弦を弾くことは、爪にとっては大変な負担になります。だからこそ大事な爪を守るためにギターを弾く人たちは日々メンテナンスを欠かしません。そのメンテナンス方法は演奏者だけでなく日常の生活で爪に悩みのある人には非常に有効的です。爪を健やかに保ち保護したい人は、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント