ネイルオイルの香りで人気なものは?香水や香りが持つパワーで魅力的な毎日に | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ネイルケアや指先の乾燥防止のためにネイルオイルは使っていますか?一昔前はあまりメジャーではなかったネイルオイルという商品も、今ではデパコスブランドからプチプラブランドまで幅広く取り扱っています。購入の際もコスメカウンターや雑貨店だけでなく、ドラッグストアでも買えるので、手軽に買えるのも嬉しいポイントです。ネイルオイルは保湿力や浸透力、自然派の成分でできているかなど、機能面で気になるところがたくさんありますが、今回の記事では香りと、香りの効果に注目してネイルオイルをご紹介します!香りの良いネイルオイルは使う度にリラックスできますし、ちょっとしたプレゼントにもぴったりです。ぜひお気に入りの一品を見つけてくださいね。そしてこの記事では、香水や香りが持つパワーについても合わせてご紹介します。「香水をつけないのは、女を捨てているようなもの」とは、かのココ・シャネルの名言です。そして永遠のセックスシンボル、マリリン・モンローは、「ベッドで着るのはシャネルNo.5だけ」でした。その人の魅力をさらに高めてくれるのは、「香り」と言えるのではないでしょうか。古くから香水の文化がある欧米と違って、日本人には石鹸やシャンプーの香りは好まれても、香水の強い香りは苦手意識が先に立ちがち。しかし、「いい香り」は好感度を29.8%もアップするというデータもあります。要は、香水が品格を高めるのも貶めるのも、その使い方次第なのです。あなたには、お気に入りの香水がありますか?そしてその香水は、あなたをグレードアップしてくれる「自分らしい香り」になっているでしょうか。

ネイルオイルで人気の高い香りとは?

今や様々なメーカーやブランドから発売されているネイルオイルですが、使い心地だけでなく香りのバリエーションも豊かになっています。特に人気を集めている香りは、以下のような種類です。

ローズの香り

王道のいい香りといえば「ローズ系」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。落ち着いていて、品のある香りは、幅広い年代層に人気です。ローズの香りには心をリラックスさせる効果が期待できるので、日常生活でストレスが溜まっているという方におすすめです。

ネイリストのおすすめポイント:ペンタイプになっているので持ち運びやすいのが特徴です。ローズの香りがほんのりと広がるネイルオイルです。

その他フローラル系の香り

ローズ以外にもお花の香りは様々な種類があります。特に人気が高いのが「ジャスミン」「ラベンダー」「さくら」などです。ジャスミンは心を落ち着かせながらも、前向きな気持ちになれる効果が期待でき、ラベンダーの香りは頭痛や神経痛など、鎮痛効果があると言われています。そしてさくらの香りは、気分転換や心を穏やかにしたいときにおすすめです。

ネイリストのおすすめポイント:ボトルのデザインがかわいいので、インテリアとしても楽しめますね。華やかなさくらの香りが広がるネイルオイルです。

柑橘系

老若男女問わず好きな人が多いのが柑橘系の香りです。主にレモン、グレープフルーツ、オレンジなどがあります。柑橘系の香りはどの種類もリフレッシュ効果が期待できます。落ち込んでしまった時、集中力がないというときにスッキリとした爽やかな香りを嗅いでみましょう。

ネイリストのおすすめポイント:プロも使っているOPIのネイルオイルです。穏やかな柑橘系やハーブをミックスした自然派の香りが人気です。

ネイルオイルは保湿ケアをしながら、香りを楽しめるものばかりです。オフィスのデスクや、おうちのメイクボックスなどに入れて、こまめに塗ってくださいね。

香りで恋が成就する?

香水で有名なブルーベル・ジャパンが、20~40代の男女600人に行った香りに関する調査で、興味深い結果が出ています。毎日、もしくは時々香水をつける人は、男性:35.1%、女性:49.7%だそうです。しかし香水をつける人の20.9%が「勝負香水を持っている」そうで、しかも驚くことに、勝負香水による恋の成就率は35.4%も上がるそうです。そしてもう一つの注目点は、男性の37.7%、女性の20.7%が、よい香りがしたことでその異性に恋愛感情が芽生えた経験がある、と答えていることです。まさによい香りは強烈なフェロモンというわけですが、一方で、恋愛対象だった異性からイヤな臭いがして冷めてしまったという人が、男性で31.3%、女性では38.3%もいます。どうやら香りは恋愛感情に大きく影響するようですが、それは一体なぜなのでしょうか。







香りは脳を刺激する

脳には、食欲や性欲といった原始的欲求と、喜怒哀楽の情緒、この二つを司る「大脳辺縁系」という部分があります。鼻で感じた香りは、真っ直ぐにこの大脳辺縁系に到達します。つまり香りは、動物的本能と感情を支配する脳にダイレクトに働きかけ、恋愛感情を駆り立てるというわけです。また、香りで感情的な記憶が蘇ったり、理性ではコントロールできないイライラが鎮まったりするのもこのためです。さらに香りは、大脳辺縁系から視床下部、脳下垂体へと伝わっていきます。視床下部は自律神経の中枢、下垂体はホルモン分泌の中枢です。アロマテラピーで、ストレスや感情的ダメージで「乱れた自律神経やホルモン分泌が改善する」のはこのためです。特に自律神経とホルモンが不調になりがちな人にとって、この働きは重要ですね。

香りは生活を豊かにする

香りが大切なのは理由があります。それは、香りが「心に作用し、魅力をグレードアップする」ことです。音楽や絵画が聴覚や視覚を通して人を感動させるように、香水は嗅覚を通して人の心を揺り動かすアートといえるのです。香水をつけるということは、その芸術作品が放つオーラを身にまとうこと。気品、知性、優しさ、華やかさ、柔らかさ、包容力、慈愛、清らかさ…、あらゆる魅力が、そのオーラを通して自分自身に反映されるのです。「洗練された品格のある美しさ。」そんな自分を感じることができたら、人生はもっと豊かになるのではないでしょうか。

自分らしい香りとは

香水といえばパルファムやオード・パルファムですが、仕事の場で使いやすいのは、穏やかなオード・トワレやコロンですね。しかし、香水の日常使いがなかなか浸透しない日本では、日本人の4人に1人が、他人の香水を不快に感じているという調査結果もあります。その理由の大半は「つけ過ぎ」です。嗅覚の慣れからつい量が過ぎてしまいがちなのが、香水の難しさです。つけるポイントはうなじや耳の後ろ、手首が定番ですが、さり気なく香らせるなら次の箇所に軽くワンプッシュがオススメです。

・膝の裏や足首
・パンツの裾
・インナー

また香水はTPOを考えてつけましょう。お葬式や病院のお見舞い、食事の場での強い香りは当然NGです。また香水を「いい香り」「心地よい香り」にするには、つける人のイメージとのマッチングも大事です。『自分の雰囲気に合った香りが、ふんわり漂ってくる』そんな香りがまさに目指すべき「自分らしい香り」なのです。

まとめ

選ぶ香水に迷ったら、最初は自分がなりたいと思う雰囲気の香水を選び、その雰囲気に自分を近づけていくというのもいい方法です。ちょっとエレガント過ぎるかなと思う香水でも、つけているうちに気持ちや仕草が自然にそれらしくなっていくもの。香りには、あなたの魅力を引き出す不思議な力があるのです。香りのオシャレといっても、いざ選ぼうとするとつい無難な香りに落ち着いてしまいますよね。そんな時は少し意識しながら香水売り場まで脚を運び、「自分らしい香り」を発掘してみませんか?








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント