ジェルネイルで爪が痛む本当の理由が知りたい!一体何が爪に悪いの?? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

普段からジェルネイルをしている皆さんが気になるのは、爪の痛みではないでしょうか?ジェルネイルはぷっくりツヤツヤで本当にかわいくて、一度やったらなかなか止められませんよね!そんな風に楽しくネイルを続けていると、いつの間にか爪がどんどん薄くなっていることがあります。そのため久しぶりにネイルをオフ(取り除く)した時に、自分の爪があまりにも頼りなくなっていてびっくりする人も少なくありません。すると「ジェルをしていたから爪が薄くなっちゃった・・・」と考えるようになります。ではどうしてジェルネイルをしていると爪が薄くなってしまうのでしょうか。爪を削るから?薬品を使うから?ジェルの成分が良くないから?などなど、爪に良くなさそうな理由が色々と挙がりそうですね。しかし実際はどうなのでしょうか?今回はジェルネイルで爪が痛むといわれる本当の理由を詳しくご紹介していきます。

ジェルを塗る前に爪の表面を削るせい?

何で削るの?

最近はノンサンディングジェルと呼ばれる、爪の表面を削らなくても付けることができるジェルが人気です。そもそもジェルネイルは爪に直接定着させて、それをできるだけ長持ちさせる必要があります。爪の表面がツルツルのままだとジェルが弾いてしまったり、はがれやすくなったりします。ですから爪の表面に傷を付けてその凹凸にジェルを入れ込み、爪とジェルがしっかりと密着し定着するようにします。ジェルの前に爪を削るのはそのためです。

「削る」工程の本当の意味

とても勘違いされがちですが、ジェルを塗る前の「削る」といわれるこの工程は、爪をガシガシと削っているのではありません。厳密に言えば、爪の表面に傷を付けているだけです。ですから、きちんとした施術の知識と腕のあるネイリストであれば、削り過ぎるということはまずありません。なぜかというと、爪のツヤを取り必要なポイントに傷を丁寧に付けていけばジェルはしっかりと定着するからです。たしかに爪全体を強く削ればジェルがより密着しやすくなり、その分ネイルの持ちも良くなります。そのため未熟なネイリストに当たってしまうと、ジェルの持ちを重視するあまり爪を必要以上に削ってしまっていることがあります。

実際、削る工程が省けて便利だからという理由で自分の爪にノンサンディングジェルを使っているネイリストはいても、爪を削らずに済み、爪に優しいから!という理由で自分に使っているネイリストはあまり多くありません。ジェルを塗る前の爪を削る工程が、爪を薄くしていると考えるネイリストは少ないということです。

オフの時に爪も削れる?

実は爪が薄くなる大きな原因とされているのが、ジェルネイルを取るために必要なオフ行為です。ジェルを取る時には、まず爪に定着しているジェルを自爪の手前までしっかりと削り、溶剤(アセトン)で溶かしていきます。そしてジェルが溶けて浮いてきたら、あとはカリカリと簡単に取り除くことができます。このようにジェルが全て溶けて爪から浮くまで待てれば問題ないのですが、ネイルサロンには時間制限があります。ある程度アセトンで溶かして浮かせたら、まだ溶けきっていないジェルは粗目のヤスリを使って削り取っていきます。ネイリストによっては、この時に爪も一緒に削ってしまったり、まだ爪にくっついている状態のジェルを無理やり取ることで爪の表皮も一緒にはがしてしまったりします。このように時短優先で無理にオフすれば、爪の表面はかなり荒れますよね。そして最後に荒れてしまった自爪の表面を整えるため、今度は自爪を必要以上にガシガシと削ることになります。この無理なオフの繰り返しが爪を薄くする大きな要因となります。セルフの方の爪が薄くなりやすいのも、自分でオフをする時に時間をかけず無理やりオフをしていることが多いためです。







ジェルの厚みのせい?

意外と多いのが、爪自体はそんなに薄くなっていないのに薄くなったと思い込むことです。ジェルは自爪に比べてぷっくりと厚みがあり、また強度もあります。ネイルの期間が長い程、ジェルの厚みや強度は当たり前になります。そのためぷっくりと厚めの爪に慣れていた状態で久しぶりに自分の爪を見れば、異常に薄く感じますよね!また元々手の爪は伸びたりぶつけたりすれば、欠けたり折れたりするものです。しかしジェルが付いていれば安心でした。そのため自爪の状態でも無意識にジェルの時と同じように爪を使い、結果弱っていない爪でもボロボロになります。そうして、爪が弱くなったと思い込んでしまうことがあります。

過保護にされ過ぎて弱い爪に?

本来爪は常に空気に触れ、日々ある程度のダメージを受けることで強くなっていきます。ところがジェルネイルをすると爪はジェルによって表面が完全に密閉され、守られた状態になります。空気に触れることもないので乾燥もしませんし、陽に当たることもありません。外的な衝撃を直接受けることがないので、強くなる必要がありません。そして爪にとって過保護な状態が続くことで、どんどんひ弱になっていきます。このように散々守られていたひ弱な爪はジェルをオフされ急にむき出し状態となります。すると突然の外的要因に対処できず、普段では考えられないような箇所から亀裂が入ったりします。でもオフ当日~翌日を過ぎれば、あっと言う間に爪の表面に強度は戻り、時間と共に本来の爪に戻っていきます。

まとめ

爪が薄くなる原因や弱くなる原因はたくさんあります。今回はその中の一部を詳しくご紹介していきました。でも皆さんが心配している爪が薄くなる原因のほとんどは、やはりオフの仕方だと思っていただいて良いと思います。長くネイルを楽しむために、ネイルサロンを選ぶ時は必ず口コミを確認して、丁寧な仕事をしているサロンやネイリストをしっかりと見極めていって下さい。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント