短い爪で綺麗に見える形が知りたい!&くすみ感をなくす肌の色に合うリップメイク | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

筆者はジェルネイルが好きで、定期的にセルフネイルを楽しんでいるのですが、長い爪だと生活がしづらいので短く整えています。一般的に家事や細かい作業を頻繁にしていると、爪は短くせざるをえない方が多いのではないでしょうか。しかし短い爪はなんだか子供っぽく見える、あまり綺麗に見えないと悩んでいる人もいるようです。そこで今回は短い爪でも綺麗に見える形をご紹介します。どんな年代の方の爪でも、ちょっとした形の工夫でネイルが映える爪、手元に仕上がるので、セルフネイル派の方はぜひ試してみてくださいね。そしてメイクがしっかり映える、くすみ感をなくす肌の色に合うリップメイクについてもご紹介します。メイクの仕上げの口紅が、何故かどうもしっくりこない、口紅だけが浮いてしまう…、最近そんなことが多くなっていませんか?先ごろある化粧品メーカーが、女性を対象に行った「スキンケアやメイクの悩み」についての調査でも、メイク悩みの第1位は「ファンデや口紅の選び方が分からない」だったそうです。今回は肌の色に合わせて、失敗しない口紅選びのポイントをご紹介したいと思います。

短い爪が気になる人は結構多い

顔や身体の作りは人それぞれ違いがあります。爪も同様に、全く同じ爪の形や長さを持った人は二人といないのです。しかしSNSや雑誌などで見るネイルモデルは縦長で、幅も広すぎず狭すぎず、綺麗な爪の形をしている人ばかりですよね。ですが元々綺麗な爪の形をしている人は少なく、爪の形の整え方やデザイン、カラーによって見え方がガラッと変わります。短い爪はあまりコンプレックスを持たず、気にしないようにしましょう。そして指先を粗雑に扱ったり、爪噛みをしている、長い間深爪にしているといった生活習慣の方が、爪の形に悪影響を与えてしまいます。自分の爪の形を生かすも殺すも、自分の生活習慣次第と言えます。まずは深爪や爪噛みを辞められるように意識する、指先や爪先を丁寧に扱ってみるなどから初めてみましょう。

短い爪でも綺麗に見える形とは?

短い爪を少しでも綺麗に見せたい!という方は、爪の形にこだわってみましょう。爪先の形が違うだけでも印象が変わりますよ!







おすすめはスクエアオフ

爪先は無意識に丸い形にしている人が多いようですが、爪先が丸いと短く、幅広に見えやすいです。すっきりと綺麗に見せたい場合は、写真のようなスクエアオフという形にしましょう。先端はまっすぐにして、角は少し丸くするのがおすすめです。爪切りでは角が整えにくいですが、爪やすりを使って形を作っていくと簡単ですよ。もともと丸い形にしていた人がスクエアオフにするには、少し爪を伸ばさないといけませんが、形を変えるだけで縦長に見えちゃいます。またスクエアオフは爪が割れにくい形なので、爪を伸ばしたいと考えている人にもぴったりです。これを機にスクエアオフに整えてみましょう!

くすみが気になってメイクが映えない?

口紅選びが難しくなってきたと感じることはありますか?それは、単に年齢的に派手な色が似合わなくなるということではなく、歳とともに肌の色が変化してくるからです。加齢による肌色の変化とは、酸化や糖化による黄ぐすみです。特に糖化による黄ぐすみは一般の美白成分では回復できないので、年齢を経るほどにどうしても肌は黄色くくすみ、暗くなってきます。つまり口紅が浮いてしまう、しっくりこないというのは、肌と口紅の色のバランスがとれていないからかもしれないのです。

くすみ肌に似合うリップとは

黄味がかったくすみ肌と相性のよい色は、同じ黄色味を含み、ちょっとくすんだ感じがありながらダーク過ぎず、深みと温かみを感じさせる色合いです。肌を明るく見せようと口紅を明るいビビッドな色にすると、肌とのコントラストで却って顔が暗く見え、口紅だけが目立つことになります。同じく肌の色とぶつかり合う青味のあるピンクやローズ系も、くすんだ肌にはNG色です。オススメはくすみのあるオレンジやブラウン、ピンク系なら濃いめのコーラルピンクやベージュピンク、そしてローズベージュなどのベージュ系。これらの色はそれ自体が地味に見えますが、肌の色とマッチすると顔全体に落ち着いた華やかさを演出してくれます。

自分色の口紅を作る

自分に合った色が分かっても、実際に購入する時によくあるのが、つけてみたらイメージが違ったということです。つけた時の実際の色合いは、唇の色や口紅の発色具合にも左右されますから難しいものですね。そこでオススメしたいのが、ピッタリの口紅を1本選ぶより、手持ちのアイテムを使って自分色の口紅を作ること。たとえば濃いめのオレンジをお持ちなら、それにホワイトパールのグロスやホワイトピンクの口紅をのせれば、ダークオレンジに柔らかいニュアンスをプラスすることができます。赤系統の口紅ならば、ゴールドのグロスをのせてみましょう。赤にゴールドの黄味が加わって、輝きやツヤとともに、大人女性の落ち着いた色合いが生まれます。

ベースメイクで肌色を変える

黄色味のある肌に合う色というのは、どうしても限定されてしまいます。できれば黄ぐすみを改善して、若い頃のように様々な色を楽しみたいものですね。しかしスキンケアで糖化による黄ぐすみを改善するのは、とても時間がかかるもの。そこですぐにでもできるのが、ベースメイクで黄色味をカバーする方法です。といっても、いきなりピンク系のファンデを塗るのではなく、下地やコントロールカラーを使って、自然な感じに、黄色味を隠して透明感ある肌を作ると良いでしょう。色には補色同士を混ぜると無彩色、つまり色がなくなるという性質がありますから、補色のパープルやブルー系のコントロールカラーを塗ると、この原理で肌の黄色味が消えるというわけです。普段は面倒で使っていないという方も、これを機に年齢肌には下地やコントロールカラーは必須アイテムと考えましょう。

まとめ

年齢に応じた深みや品格あるメイクに、口紅は重要なポイント。ですから、自分にピッタリのリップカラー選びはとても大事です。なぜなら、調和的な色合いは見る人を心地よくさせ、そこに洗練されたファッションの原点があるからです。同時に、口紅の映えるベースメイクも大事になります。黄ぐすみカバーのベースメイクをして、自分色の口紅をのせれば、毎日のメイクもきっと楽しくなりますよ。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント