マニキュアの匂いに害はあるの?&におわない汗をかくための汗腺トレーニング | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

手軽な手元のおしゃれとして活躍するマニキュアは、匂いがキツイというイメージがありますよね。近年は原材料にこだわって、穏やかな匂いのマニキュアも開発されていますが、それでも使っていると悪臭が気になるという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、マニキュアの匂いが発生する原因物質や、害はあるのかという点についてご紹介します。そしてケアやエチケットとしても気になる人が多い汗についても合わせてご紹介します。陽気がよくなってくると、気になるのが汗のニオイです。でも夏はまだ先、何も今から気にしなくても・・・と思ってしまいますよね。しかし、春にかく汗は要注意なのです。特に冬の間、あまり運動もせず、汗をかくことのない生活をしていた人は、汗腺が衰えて、臭う汗をかきやすくなっているかもしれません。ポカポカ陽気にじわっとかいた汗から、鼻を突くニオイが…。しまった!となる前に、今から始めたいのが「汗腺トレーニング」です。サラサラ汗をかける体を作る、最強の汗腺機能アップトレーニングについて詳細をお伝えします。

マニキュアの匂いの元は?

マニキュアは、車などの塗装に使われるラッカーから派生して生まれた副産物です。車のラッカーが元になっていると考えると、匂いがキツイというのもなんだか納得できますね。そもそも市販されているマニキュアのほとんどは「有機溶剤」というもので作られています。有機溶剤は揮発性が高いので、マニキュアを爪に塗ると蒸気となり、一緒に混ぜられている合成樹脂や着色料が爪の上に残り、固まるのです。この有機溶剤は刺激臭が強く、多くの人が不快に感じるものになっています。

マニキュアの匂いに害はあるの?

マニキュアの匂いの元は主に有機溶剤であり、有機溶剤はマニキュアだけでなく接着剤やシンナーなど様々なものに使用されているごく一般的な溶剤です。しかし発する匂いは人体に良いものではありません。匂いのせいで気分が悪くなることもあるので、長時間匂いを嗅ぎ続けることのないようにしてください。マニキュアを使う時は窓を開けたり、換気扇をつけたり、風通しの良いところで塗りましょう。マスクをつけて鼻と口をガードするのもおすすめです。狭い密閉空間では使わないようにしてくださいね。また揮発性が高い成分は空気より思いので、お部屋の下に溜まりやすくなっています。大人よりも鼻や口が床に近くなり、匂いに敏感な赤ちゃんや子供、ペットがいる場合は更に注意が必要です。別室でマニキュアを塗るなどしっかりと対策しましょう。

汗はどこから出る?

発汗には、次の3種類があります。

1.暑い時に起こる「温熱性発汗」
2.緊張した時に起こる「精神性発汗」
3.辛いものを食べた時に起こる「味覚性発汗」

これらの汗は、「エクリン腺」という汗腺から分泌されます。







エクリン腺とは

ほぼ全身にある汗腺で、特に多いのは手のひらや足の裏です。エクリン腺からの発汗には、次のような役割があります。

・熱を発散して体温調節する
・腎臓・肝臓の働きを助ける
・皮膚を潤す

エクリン腺から分泌される汗は、皮膚表面にある汗口から外に出ます。それに対して「アポクリン腺」という汗腺が分泌する汗は、毛穴から出されます。

アポクリン腺とは…

脇の下や乳首、外陰部などにあり、思春期に発達します。性的に興奮した時に出る汗で、異性を惹きつけるための特有のニオイを作ります。このアポクリン腺からの汗のニオイが強くなって起こるのがいわゆるワキガ臭です。

汗はなぜ臭う?

・臭わない汗
汗腺は、周囲の毛細血管を通して血液の血漿を吸い上げ、そのうちミネラルは濾過して血液に戻し、残った水分を汗として排出します。ですから本来の汗は99%が水で、あとはミネラルや乳酸をごく微量含むだけなので、無色無臭でさらさらしており、ニオイを発生することはありません。ただし汗を放置すると、汗の微量成分や皮脂、垢に雑菌が繁殖したり、皮脂の酸化臭でニオイを発生することがあります。

・臭う汗
クーラー完備の現代生活では、自分で汗をかいて体温調節する必要がないために、汗腺機能が衰えてきます。そうすると濾過しきれなかったミネラルが、汗にたくさん出るようになります。臭う汗とは、この衰えた汗腺から出る汗なのです。ミネラルの多い汗はベトベトして蒸発しにくく、体温が下がらないのでさらに汗をかくことになります。また、含まれるアンモニアがニオイを発生させるのと同時に皮膚をアルカリ性にし、雑菌が繁殖しやすくなってニオイを強くするのです。

汗のニオイ対策

1.こまめに汗を拭き、下着や衣服を取り替える
汗はすぐ拭き取るようにし、外出先では替えの衣服を携帯していればさらに安心です。実際に臭うのは、皮膚より汗を吸収した衣服であることが多いのです。また汗を拭くのは、湿ったハンカチやウェットティッシュがオススメです。乾いたハンカチは水分を吸い取るだけで、ニオイの元になる成分が残ってしまうからです。

2.デオドラント製品の活用
殺菌成分入りの石鹸や制汗剤で、殺菌作用と消臭作用で効果的にニオイを防ぐことができます。

3.消臭効果のある食べ物を摂る
抗酸化食品(緑黄色野菜やお茶など)は酸化臭を抑えます。またアルカリ食品(梅干し、海藻など)は、ニオイ成分の乳酸の発生を抑制します。そして食物繊維はしっかり摂取しましょう。腸内環境を整え、便としてニオイ物質を排泄することができます。

4.普段から汗をかくようにする
エアコンを控えたり、半身浴や有酸素運動を習慣にして、日常できるだけ汗をかくようにし、汗腺の衰えを防ぎます。

汗腺トレーニングで汗腺機能をアップ

汗腺の衰えから汗が蒸発しにくくなると、過剰な汗をかくようになります。そんな汗かきさんや、やたらに汗が臭うという方は、次の「汗腺トレーニング」で汗腺機能をアップしましょう。

1. 熱いお湯で手浴、足浴をする
43℃ほどのお湯を半身浴程度の高さに溜め、その中でお風呂用椅子に座って前屈みになり、手は肘近くまで、足は膝近くまで10分ほど浸けます。手足は汗腺が最も多い部位なので、ここの汗腺に刺激を与え、また全身の血流を良くすることで、汗腺を効率的に鍛えることができるのです。

2. ぬるいお湯で全身浴をする
その後、水を足して36℃ほどのぬる湯で、ゆっくり全身浴をします。刺激の後のリラックスにより、自律神経が整い、汗腺のコントロール機能が高まります。

3. 入浴後は自然に汗を乾かし、体温を下げる
クーラーや扇風機で乾かすと、自力で体温調節する妨げになるので気をつけましょう。これを2~3週間続けることで、汗腺が鍛えられ、サラサラ汗をかける体になるそうです。

まとめ

株式会社マンダムの調査によると、職場での身だしなみで気になることは、男女ともダントツの1位が「体のニオイ」です。内訳は男性は52.0%、女性はなんと69.1%で、特に女性は不快臭に対して一段と厳しいようです。油断しているうちに、汗をかく季節は既に到来します。あなたの汗腺は、冬の間に休眠状態になっていませんか?汗腺トレーニングを実践して、思いっきり爽やかな汗をかける夏を迎えましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント