育爪のやり方が知りたい!自爪からきれいになりたい女子急増!? - ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

皆さん自分の爪は好きですか?今、自爪そのものを健康できれいに育てる「育爪」が注目されているのをご存知でしょうか。育爪とは、育爪スタイリストの嶋田美津惠さんが考案し人気が出ました。近年ではネイルをすることが身だしなみの一つとなっているため、何年もネイルを続け爪が弱くなってしまう人がたくさんいます。ネイル自体が爪にすごく悪いというわけでありませんが、爪にとって自然な状態ではないことをやり続ければ、やはり多少は負担になります。このように少し前までは「傷んだ爪を健康で丈夫な状態に戻したい!」と思う人がメインだった爪を育てるためのケアが、最近はナチュラル思考の人々に身だしなみの一つとして再注目されています。自爪そのものを美しくしたいと考える人が多くなり、爪にジェルやマニキュアを塗るような装飾目的のネイルサロンだけではなく、育爪考案者の嶋田美津惠さん主宰の育爪サロンをはじめ、爪のケアに特化した専門サロンが増えてきています。自爪がきれいにメンテナンスされていると清潔感やキチンとした感じが出るため、爪用のケアサロンは人と会うような仕事をしている男性にも人気があります。そのため今ではメンズ専門の爪ケアサロンも増えつつあります。このように男女問わず、爪がきれいに整えられ健康的でいることの大切さが注目されています。今回は話題の育爪がどんなものなのか、またどのようにすれば健康で美しい爪を手に入れることができるのかをご紹介していきます。

きれいな爪ってどんな爪??

何もしてなくても爪がきれいな人っていますよね。客観的に見てきれいな爪だと思うポイントは何だと思いますか?それは、爪のピンクの部分(ネイルベッド)が長いことです。つまり爪とお肉がくっついているところです!そのピンクの部分が長いということは、そのぶん爪の形が縦長に見えます。またピンクの部分と、お肉と爪がくっついていない爪先の白い部分との境目(イエローライン)が、爪の内側にあれば深爪気味になり、逆に先端にあればあるほど形はさらに縦長になります。その他にも、爪に縦筋などなくツルっと滑らかであることも重要です。爪の悩みは「爪の形が丸いのが気になる」「爪に筋が入ってしまっている」といったものが多いです。そのことからもわかるように、やはりきれいな爪とは、一つは爪のピンクの部分が長く形は縦長であること、そしてもう一つは爪表面に縦線などがなくツルっと滑らかであることです。

話題の育爪って何?

「育爪」とは爪を内側から健康で美しく育てることをコンセプトに、育爪スタイリストの嶋田美津惠さんが考案し話題となりました。従来のネイルケア専門店と違い、甘皮を処理したり、爪を磨いてツヤを出したり、クリアのマニキュアや爪の強化剤なども使いません。全て素の爪を活かし、爪が本来もっている輝きを取り戻すためのものです。近年は肌に負担のかかりにくいオーガニック製品や自然由来のものを使った化粧品が大人気ですよね。同じように、自然のまま健康的に美しく在りたいと考えるナチュラル派の人も急激に増えています。顔や身体と同じように爪の先までしっかりとケアをし、きれいな素の爪であることは美意識の高い人達には当たり前になり、オシャレポイントの一つになっています。最近また育爪が見直され、注目されているのはそのためです。そして元々は弱ってしまった爪が健康になるようにと始まったのが育爪です。ですから自爪が弱ってしまった方には特におすすめです。ジェルやマニキュアで爪をコーティングしていないと弱った爪はすぐに欠けてしまい、ネイルを少しお休みしたくてもできない人は大変多いです。育爪をすれば爪にコーティングをしなくても欠けることなく、素の爪を強く美しく育てることができます。







育爪のやり方

素の爪を美しく育てるため、育爪サロンに通ってやってもらえたら良いのですが、場所や時間の都合でなかなかそうはいきませんよね!しかも爪が全て生え変わるには約6ヶ月かかります。つまりサロンに行っても行かなくても大切なのは日々のケアになり、セルフでの育爪は必要不可欠です。以下ではセルフで出来る育爪のやり方をご紹介していきます。

育爪の目指すところ

・ピンクの部分を伸ばす
・爪先まで透明感を出す
・爪の表面を滑らかにする
・くすみのない健康な色にする

育爪のやり方

①爪の形を整える…育爪の場合、爪切りは使わず爪専用の紙ヤスリを使います。爪の形は先端を丸いラウンド型にはせず、平らなスクエア型(四角)にします。先端を丸にすると爪にかかる負荷が一点に集中してしまいます。剥離する一番の原因である爪の負荷を、爪先を平らにすることで分散させることができます。スクエア型にする時は角を丸くしておきましょう。

②保湿する…植物性の有機オイルを使って保湿していきます。スポイトや刷毛を使って爪の裏にオイルを一滴ずつ流しこみます。爪全体をマッサージしながらしっかりとオイルを浸透させていきます。これを一日に5回程度行っていきます。オイルのベタベタが気になる人は、最後に水をほんの少し混ぜてオイルを乳化させることでベタベタが軽減されます。育爪におすすめのオイルは、マカデミアナッツ・セサミオイルなどです。

③爪の使い方…育爪中はできる限り爪に負荷を与えないようにすることが重要です。爪先を使うような行為はできるだけ避ける必要があります。例えばシールを剝がしたり、缶ジュースを開けたりするのも、できるだけ道具や指の腹を使うようにしましょう。

まずはこの3つの事を意識してやっていくだけでも、爪が劇的に強く艶やかになっていると感じることができます。続けていけば爪のピンクの部分も少しずつ伸びてきますし、どんどん美爪に近づくことができます!

まとめ

爪は想像以上に見られていて、人に与える印象を大きく左右します。どんなに肌がきれいでもスタイルが良くても、爪の長さがバラバラだったり、乾燥で爪に縦筋が出来ていたりすれば、それだけでとても残念な印象になります。また自爪に自信がなく諦めている人も、ぜひ育爪してみてください。爪は少し意識するだけできれいになりますし、どんどん生え変わります!諦めずにしっかりとケアをしてみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント