ネイリストになるには?社会人でも諦めないで!手に職を付けよう!! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

忙しくてもお気に入りのネイルをしている自分の爪を見ると、なんだか癒されますよね!お客様の爪にアートを施したり、素の爪をキレイに整えたりするのはネイリストならではの仕事です。ネイルが好きな人の中には 、ネイリストの仕事に興味を持っている方もいるのではないでしょうか?しかし興味があってもその先へ一歩踏み出すのは、なかなか勇気がいりますよね。そもそもプロのネイリストになるには一体どうしたら良いのでしょうか?ネイルの資格を取る必要があるのでしょうか?実は現在ネイリストには国家資格のような特別なライセンスはありません。しかしネイリストの仕事は、お客様の手に直接触れて刃物を使ったり、マシンを使ったり、薬品を使ったりします。ですから見よう見まねで我流の施術はとても危険です。やはりネイリストになるためには、正しい爪の知識や技術の基礎を学ぶことが必要になってきます。今回は、現役のネイリスト達がどのようにネイリストになったのか、またネイリストに向いているタイプと向いていないタイプをご紹介していきます。

ネイリストになるには?

就職や転職を思い立った時、手に職をつけたいと考える人が年々増えています。なかでもネイリストは、自宅でもサロン開業がしやすい仕事として女性に人気があります。ではプロのネイリストになるために現役のネイリスト達が、どのようなルートを通ってきているのかをご紹介していきます。

現役ネイリストが通ってきたルート

プロのネイリストを目指す場合、事前に爪やネイルに関する基礎と実践的な技術を学び、検定試験をクリアしている人が大半を占めます。検定試験は独学で受験することもできますが、美容専門学校やネイルスクールに通って勉強する人がほとんどです。以下では美容専門学校とネイルスクールの違いと、その他のルートをご紹介していきます。

・美容専門学校…美容の総合的な知識を本格的に学ぶことができます。美容師・理容師免許の国家試験用カリキュラムも組まれているので、ネイル以外の資格取得を目指すこともできます。全日制・定時制・通信制があり、在学中はたくさんの課題や実習をこなしながら、時間をかけてしっかりと学ぶことができます。カリキュラムが充実しているため学費は高めで200万円前後かかります。

・ネイルスクール…ネイル専門の知識を得たい人のためのスクールで、ネイリストはこのネイルスクールを出ていることが多いです。民間スクールのためカリキュラムの内容や学費も様々です。そのため自分の目的やスケジュール、金銭的な都合に合わせて選ぶことができます。しかし選択肢が広い分、自分の目指すところとスクールの内容が合っているのかをしっかりと見極める必要があります。そこでプロを目指す方におすすめなのは「日本ネイリスト協会」の認定校です。検定試験対策に特化しカリキュラムも無駄がないため、安心して通うことができます。

・未経験可のサロンでゼロから教育してもらう…ネイルサロンでは未経験者を採用し独自の研修制度を設けるなどして、ゼロから教え育ててくれるお店もあります。その店でずっと働く場合は問題ないのですが、店独自のやり方が身に付くため転職する時は少し苦労するかもしれません。

ネイリストとしてお店で働いている人々は、ほとんどが上記の3パターンのどれかを通過しています。一番多いのは仕事をしながらでも通うことができ、最短で検定合格を目指せるネイルスクールです。そこでネイルの基礎と実践を学び、検定や資格を取得した後にサロン面接に挑む人が多いです。

ネイリストになるための主な資格

現在日本では、ネイリストになるために必要な資格は特にありません。ではなぜ皆が検定試験を受けるのでしょうか?プロとして仕事にしていく場合は、爪に対する正しい知識や技術、道具の使い方など事前に知っておかなければならないことがたくさんあります。そして自身の持っている技術や知識を証明するために、ネイリストを目指すほとんどの人はネイル専門の検定試験を受けます。主な検定試験はNPO法人日本ネイリスト協会(JNA)が設けています。では代表的な検定試験をご紹介します。







JNECネイリスト技能検定

ネイリストとして実践で役立つ正しい技術と知識を確認するための試験です。ネイルサロンで勤務がしたいなら持っていた方が良い資格です。3級・2級・1級とあり、求人要項ではサロン未経験可であっても検定2級以上の取得を必須としている求人がとても多いです。

JNAジェルネイル技能検定

ジェルネイルを施す際の技術や能力を確認するための試験です。初級・中級・上級とあり、ネイリスト技能検定の内容では触れないジェルに特化した試験です。現在はジェル専門店が多ので、ネイリスト技能検定と共に中級までは取っておくと就職がより有利になります。

ネイルサロン衛生管理士

JNAが設ける資格制度で、ネイルサロンの衛生管理に対する知識の証明となります。資格保持者がいるサロンはお客様が安心して利用できるという観点から、近年ではネイリストに取得させるサロンも多く、必須の資格になりつつあります。講習後に試験を受ければ取得できるので、今後は持っておくと良い資格です。

ネイリストに国家資格がないとはいえ、サロン勤務を希望し将来的には独立を考えているのであれば、やはり最低でもネイリスト技能検定の2級は取得しておいた方が良いでしょう。

ネイリストに向いている人

ネイルが好きでネイリストという職業に興味はあるけど、自分に向いているのか心配な方も多いですよね。よく自分は不器用だからネイリストは無理だと思っている方がいますが、ネイリストにも不器用な方はたくさんいます。ではどんな人が向いているのかをご紹介していきます。

細かい作業を飽きずに集中してできる人

細かい作業が得意である必要はありません。技術は後からついて来るもので、大事なのは細かい作業がストレスなく続けられる人です。

コミュニケーション能力がある人

ネイリストは技術提供だけでなく、お客様とのコミュニケーションが必須となります。コミュニケーション能力というと話上手をイメージしますが、ここでは口下手でも相手が何を求めているかを瞬時に察知し、相手に合わせて対応できる人をいいます。

ネイリストに向かないタイプ

向かないのはできないとは違います。向かないタイプに当てはまる場合、ネイリストになった時に自分にどういうストレスがかかってくるのかを知っておきましょう。

じっとしているのが嫌いな人

施術中は、最低でも1~2時間は集中し基本動きません。その作業を一日中 、何人も繰り返していきます。

人とのストレスを抱えやすい人

どんなに細かい作業が好きでも、絵が上手くても、ネイリストの仕事は接客業になります。 様々なお客様とコミュニケーションを取る必要も出てくるため、対人関係に悩みやすい人は特にストレスを受けやすいです。

同時に2つのことをするのが苦手な人

手は止めずにコミュニケーションをとりながら作業を続ける必要があります。慣れてしまえば大丈夫ですが、一つの事だけに集中しやすい人は特に訓練が必要です。

今回はネイリストになるための入り口をご紹介しました。ぜひ参考にしてみて下さい。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント