巻き爪の歩き方は浮き指が原因なの?早歩きがダイエットや筋トレに繋がる! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

一度なってしまうとなかなか治らない「巻き爪」に、悩まされている人は少なくありません。巻き爪はきつい靴を履いたり、先が細い靴を履いたりしていることが原因と思われがちですが、実は「浮き指」という歩き方の癖が原因かもしれません。今回は巻き爪の原因になりやすい浮き指とはどんなものなのか、そして浮き指の直し方についてご紹介します。また歩き方の中でも「早歩き」は、シンプルでありながら様々な効果が期待できます。ウォーキングといえば年齢問わず人気の健康法ですが、中でもおすすめしたいのが「早歩き」なのです。忙しくて運動ができないという方でも、毎日必ず歩いているはず。いつもの歩きを早歩きにするだけなので、始めやすく続けやすいのも魅力です。今回の記事では、早歩きはなぜ良いのか、その効果についても合わせてご紹介してまいります。

巻き爪になるのは何が原因?

巻き爪は文字通り爪が巻いてしまう状態のことを指します。足の爪だけでなく、指の爪も巻き爪になってしまうことがあります。巻きが酷くなると、爪や指先にものが当たるだけで強い痛みが走るため、悩んでいる人も多いようです。巻き爪の原因は一般的に下記のように言われています。

・サイズの小さい靴を履いている
・先の細い靴を履いている
・ヒールの高い靴を履いている
・深爪にしすぎている

しかし上記のようなことをしていなくても、巻き爪になることがあります。もともと爪は丸く巻いて生えやすのですが、さらに巻きを酷くしている原因は「浮き指」かもしれません。

浮き指とは?直す方法はあるの?

浮き指とは、指の腹が地面につかずに歩いていることを指します。人は正しい歩き方をしている場合、かかとから指の先までしっかり地面についています。しかし歩き方の癖や怪我などで、指が地面に接することなく歩く人も多いです。指の腹が地面に付かないと、指に力がかからなくなり、爪の巻きが強くなってしまうのです。







浮き指を改善する方法

浮き指を直すには、まずは自分の足の大きさに合う靴を履きましょう。歩くと靴の中で足が前後に動くほど大きなものや、反対に足の縦・横幅が締め付けられるほど小さな靴を履くのはNGです。そして歩くときは、足の指の腹が全て地面につくように意識します。親指だけでなく、他の指の腹が地面につくのを確かめながら、歩幅は狭くして歩いてみてください。日頃から意識して歩き方を変えるのが大切です。早速今日から始めてみましょう!

早歩きの様々な効果

歩くのが速い人は、年齢より若々しい人が多いといいます。アメリカの研究では、34000人の21年間の追跡調査の結果、歩くスピードが速いほど、高齢になってからの生存率が高いことが判明しています。速く歩けるということは、心肺機能や筋肉、骨、関節がしっかり機能している、つまり健康な体を持っていると言えます。歩くことが健康に良いことは広く知られていますが、早歩きはその効果をさらに高めるものなのです。

1. 筋力の強化
早歩きでは、普段の歩行で使う太ももやお尻、ふくらはぎ以外に、脛や足指の筋肉も動員され、下半身全体の筋肉が強くなります。特に注目したいのが大腰筋の強化です。大腰筋はインナーマッスルの一つで、腰椎から大腿骨に至る太くて長い筋肉です。姿勢や体の動きの軸となる筋肉なので、大腰筋が弱ると腰が曲がって前屈みの姿勢になったり、機敏な動きが失われてきます。大腰筋は股関節の曲げ伸ばしに重要な働きをしていますが、早歩きをすると股関節が大きく動くので、大腰筋が鍛えられるのです。大腰筋が強くなることで、次の効果が得られます。

・骨盤が矯正され、ヒップが上がり、下腹が引き締まる
・腸の蠕動運動が促され、お通じが良くなる
・腰痛の予防
・足腰の動きが敏捷になる

2. 姿勢が良くなる
大腰筋が強化されることで、腰が伸びて姿勢が良くなります。また速く歩こうとすると自然に背中やお腹の筋肉にも力が入り、良い姿勢を保てるようになります。

3. ダイエット効果
ウォーキングは体内の糖や脂肪を効率的に燃焼させますが、その1.3倍のカロリー消費ができるのが早歩きです。加えて早歩きは下半身の筋力がつくので、基礎代謝が上がって痩せやすい体になり、より効果的なダイエットが可能です。ま、血中の糖や脂肪を減らことで血管の老化を防ぎ、糖尿病や心臓病といった生活習慣病のリスクを低減する効果も得られます。

4. 血行が良くなる
早歩きをすると心拍数が上がり、さらに足にかなりの負荷がかかるので、下肢の血液が心臓に押し戻され、血流が活発になります。血行促進は、血圧の安定や冷え・むくみの改善、新陳代謝の向上、免疫力アップなど、体に良い影響をもたらします。

5. 骨が丈夫になる
早歩きは、骨粗しょう症予防にも有効です。骨は破骨細胞が古い骨を壊し、その後を骨芽細胞が修復するというように、常に新しく作り替えられています。力強く歩く早歩きは、足のかかとから始まって、骨に良い刺激を与えることができます。そうすると骨芽細胞の働きが活発になり、骨の再生が促進されて骨密度がアップするのです。

6. 心肺機能が高まる
早歩きをすると、全身に多くの酸素を送るために心臓や肺が活発に動きます。さらに、大腰筋が動くことでその上にある横隔膜が鍛えられ、酸素を取り込む力が強まって心肺機能がより高まります。

7. ストレス解消
早歩きに限らず、歩くことはストレスを解消したり、やる気を高めるために効果的です。それは、大量の酸素が脳にも行き渡り、β-エンドルフィンやドーパミンなどの快楽ホルモンがよく分泌されるようになるからです。また歩くという1種のリズム運動は、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を促進し、気分を明るくする効果があります。このように早歩きは、長寿の要となる「血液・血管」、「筋肉」、「骨」、「心肺機能」の健康に、非常に有効な方法なのです。

まとめ

オレンジページの調査では、自分は運動不足だと自覚している女性は81.1%にのぼり、その理由は「おっくう」が52.8%、「時間がない」が41.6%となっています。そんな方でも意外にできそうな運動が、早歩きです。早歩きは「運動するぞ!」と構えなくても、普段の歩きをちょっとスピードアップすることから始められるからです。通勤や買い物に出かける時間はもちろん、仕事や家事でのちょっとした移動も、テキパキ歩けば「ちょこっと早歩き」にすることができます。運動嫌いの方も、まとめて何十分も頑張ろうとするより、まずは数分の早歩きから取り組んでみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント