靴擦れが痛い!かかとにできた時の対処法は?フットネイルが似合うキレイな足でいたい! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

女子会やパーティーなど楽しいイベントには、とっておきのかわいい靴を履いていきたいですよね!しかし履き慣れていない靴で出かけて、靴擦れができてしまい辛い思いをしたことはありませんか?そうなると女子会どころではなくなり、もはや地獄ですよね。最終的には痛すぎてとっておきのかわいい靴ですら、脱ぎ捨ててしまいたくなります。それほどに辛い靴擦れですが、できてしまうとこれといった効果的な対処法があまりないと思いませんか?たとえストッキングを履いていたとしても、靴擦れはできるときにはできてしまいます。かかとにできた靴擦れは応急処置として絆創膏をしても、すぐに剥がれてきてしまうので絆創膏が何枚あっても足りません。また仕方なく我慢して歩いていると、靴擦れした皮がズリ剥けて血が滲んできます。そうなるとお気に入りの靴のかかとに血が染みついてしまうことも・・・もう大惨事です。できるなら靴擦れにはならないに越したことはないですよね。今回は辛い靴擦れになる原因とできてしまった時の対処法、また傷のないキレイな足を目指すための方法をご紹介していきます。

靴擦れは何でできるの?

パンプスを履いたことのある女子ならば誰もが一度は経験しているであろう、かかとの靴擦れ。本当に辛いですよね。靴を履いた時に感じた「あれ?なんだか当たるかも?」という違和感に気が付かないふりをして、出かけたことはありませんか?残念ながら少しでも靴と足に違和感があった場合は、ほぼ100%足は痛くなります。それには理由があり、靴擦れというのは靴と皮膚が擦れることで摩擦がおき、軽い火傷の状態になってしまうことが原因です。火傷と聞くとビックリしますが、それなら水ぶくれになるのも納得できますね。歩けば必ず靴も足も動くので、少しでも当たるところや擦れたりするところがあれば、そこから足はどんどん炎症が起こります。ですから動いた時に靴との摩擦が一番多いかかとに、靴擦れができやすいのです。ジャストフィットかつ好みのデザイン、そんな運命の一足に巡り合えたら最高です。でも両方を満たすものを見つけるのはなかなか至難の業ですね。

痛い!かかとに靴擦れができてしまった時の対処法

「この靴は大丈夫だと思っていたのに靴擦れができた。痛い、もう歩けない・・・。」そんなことが女子なら誰しも一度は経験があるのではないでしょうか。とても辛いですよね。ではそうなった時どうしていますか?よく思い返してみると、きっと痛みで歩けなくなるまでには段階があったと思います。以下で段階別に対処法をご紹介していきます。







靴擦れの段階と対処法

①痛くはないけど何となく靴が当たる気がする程度…少しでも違和感があるときは、素足で靴を履くのは我慢して、ストッキングや保護スプレーを使って靴と皮膚が直接擦れあうのをしばらく避けましょう。

②痛くはないけど擦れて赤くなっている…赤いということはそこに靴と皮膚の摩擦が起きているということです。ですから痛くなくても事前に絆創膏やテーピングなどを貼って、赤くなっているところを保護しておきましょう。

③明らかに痛い…痛みがでているということは、もうそこは靴擦れです。ですから「痛いな」と思ってからも我慢していると確実に悪化します。痛みを感じたら絶対に我慢せず絆創膏を貼るなど、靴擦れの処置を最優先事項にしないと後々大変な思いをします。大袈裟かもしれませんがこの段階で靴擦れを保護するかしないかで、大きく違ってきます。次の段階に行く前に、この段階でどうにか止めたいですね。

④痛くて歩けない…こうなるともう足が痛いことしか考えられません。靴を脱ぎ捨てる訳にもいかないので痛々しい姿で薬局に行くしかありませんね。この段階での靴擦れは、マメ(水ぶくれ)になっている火傷の状態です。もし絆創膏を買うならマメが潰れた時のことを考え、普通のサイズではなくマメごとかかと全体を覆うために大きなサイズを選びましょう。もしマメが潰れてしまい出血しているようであれば、傷口を乾かさないよう「キスパワーパット」などの湿潤療法用パットを使って下さい。破けてしまったマメの体液の代わりを果たし、キレイに早く傷を治すことができます。

どの段階でもいえることですが、絆創膏を貼ったらそこが擦れて取れないよう、上からストッキングなどを履き保護しましょう!できれば②の段階でまだ大丈夫だと思わずにしっかり対処することをおすすめします。

靴擦れのないキレイな足でいる方法

靴擦れするのはしょうがないとはいえ、絆創膏だらけの痛々しい足よりできれば傷のないキレイな足が良いですよね。実は足が乾燥しているとカサカサになるだけでなく、靴擦れにもなりやすいのです。カサカサに乾燥した皮膚はとても敏感になっているため、摩擦のダメージを受けやすく少しの刺激ですぐに炎症を起こします。また角質が硬くなると、そこが靴に当たり靴擦れを起こしやすくなります。靴擦れしやすい方は、角質を硬くしないよう2週間に1度はフット用のやすりやスクラブを使ってケアしましょう。角質除去した後は、たっぷりとクリームを使いしっかり保湿して下さいね。靴があたりやすいところがわかっているなら、その箇所にはさらにワセリンを塗って皮膚を保護しましょう。

冬でもフットネイルは絶対におすすめ!

冬はサンダルを履かないので、素足を人に見せる機会はかなり減ります。でも靴を脱いだ時に、ストッキング越しに見える足の指は意外と目立ちます。脱いだ時に、爪が乾燥していたり、靴擦れができていたり、また靴で圧迫されて指が赤くなっていることがありますよね。自分でも何となく汚らしく感じて、恥ずかしいと思ったことはありませんか?そんな急なトラブルの時に自爪ではなくペディキュアをしているだけで、全く印象が変わります。靴を脱ぎたてのくすんだ足も、ペディキュアをしていると瞬時に肌が明るくキレイに見え足のケアを常にしている印象になります。すると絆創膏の付いた足でも清潔感が生まれます。わざわざジェルをする必要はなく簡単なマニキュアを塗るだけで十分に効果があります。この時におすすめのカラーは赤やボルドー、またフューシャピンクなど肌の血色を良く見せる濃い色です。ペディキュアは一度塗れば持ちも良いので、ぜひどんな時でもキレイに見える足を目指してみて下さい。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント