ジェルネイルがハンドクリームでくすむ?ネイルの後はオイルの方がいいの? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイルをした後は保湿がとても大切です。手は元々乾燥しやすいですが、ネイルの施術後は特に乾燥しています。そこでカサカサになってしまった手に潤いを取り戻すため、ハンドクリームを塗る人も多いと思います。ところがハンドクリームを塗った後の手を見ると、ツヤツヤだったはずのジェルネイルが「何だかくすんでいる・・・?」そんなふうに感じた経験はありませんか?またジェルネイルだけでなく、マニキュアの上からハンドクリームを塗った時も、ネイルがくすんだりくもったりすることがあります。これは何故でしょうか?ネイルの施術によって過度に乾燥している手には、保湿が絶対に必要です。しかしハンドクリームを使用することで、仕上がったネイルがくすんでしまうなら保湿ケアにはネイルオイルの方が良いのでしょうか。今回は、ジェルネイルやマニキュアがハンドクリームでくすんでしまう原因と対策についてお伝えします。

ジェルネイルがくすむ原因

セルフでネイルをした時、ツヤツヤ&うるうるの仕上がりが自慢のジェルネイルがくすんで見えたり、くもっていたりすることはありませんか?くすみやくもりが気になっても原因がわからないと対処できないので、また同じ現象が起きる可能性は十分ありますよね。ジェルネイルがくすんだりくもったりする時は、トップコートが原因になっていることが多いです。
それを踏まえた上で、まずはセルフネイラーに多い「ジェルネイルがくすむ原因」を知っておきましょう!

トップコートの硬化不足に注意

ジェルネイルは専用のライトをジェルに照射し、硬化させて楽しむものですが、セルフネイルでネイルがくすむ原因として最も多いと言われているのは、「硬化不足」です。
最近のトップコートは主に2種類あって、ジェルネイルを硬化した後に爪の表面をエタノールで拭き取ってツルツルに仕上げるタイプ、そして、ライトで硬化さるだけで即OKな拭き取り不要のノンワイプタイプです。特にセルフネイラーに人気なのは、拭き取り不要のノンワイプトップです。塗って硬化させるだけでツルツルになる手軽さが人気の理由です。そのため現在セルフネイラー用に発売されている、100円ショップやバラエティーショップで買えるジェルネイルは、ほとんどの商品がノンワイプのトップコートです。

・ノンワイプトップコートがくすむ時

ノンワイプのタイプを使う時のポイントは、とにかくしっかりと硬化させることです。トップコートを完全に硬化させることで、初めてツルツルでツヤツヤなネイルに仕上がるのです。ところがセルフの場合、トップコートが完全に硬化しきれていないことはよくあります。しかしそれに気が付いていない人が意外と多いのです。ノンワイプトップを硬化後に表面を触ってみてベタベタとしていたら、まだ硬化が足りないということがすぐにわかります。もう一度ライトを当て直せば解決です。でもネイルの表面を触った感じでは「多分ツルツルだし、これで大丈夫だと思う・・・。」そんな時もあります。プロのネイリストならもう少し硬化した方が良いのか、大丈夫なのか、一見すると同じように見えても、表面に触れればわかります。もし硬化が足りていない場合、ネイルの表面を触っている間にくもってきたり、時間が経ってくるとくすんできたりします。ではトップジェルが完全に硬化しているのか、実はまだ硬化不足なのかを見分けるにはどうしたら良いのでしょうか。ポイントはネイルの表面を触った時の「触り心地」です。触った感じは大きく3つに分けられます。

1.明らかにベタつきが残っている時:完全に硬化不足。もう一度ライトに入れ直す必要あり。

2.ベタつきはないが、触った感じが「キュッ」としている。カチカチとした硬質ではなくサランラップのような柔軟性のある質感:ほとんど固まっているが完全な硬化ではない可能性あり。+10~20秒程ライトに当てる。

3.ツルツルで硬く滑るような触り心地:完全に硬化済み!OKです。

このように1、3ともにわかりやすいですが、問題は2です。目安は触った時の質感なので、抽象的です。しかし、完全に硬化したノンワイプトップと微妙に硬化が甘いノンワイプトップでは、質感が明らかに違います。もし触っただけでは不安な時は、一度両手を完成させてから、左右の爪の表面同士を擦り合わせてみるのもオススメです!特に問題がなければ爪の表面を擦り合わせた時に、ツルツルとスムーズに動かすことができます。しかしトップコートの硬化が甘いと、爪同士がキュッキュッと引っかかった感じになり、スムーズに擦り合わせることができません。そんな時は、もう一度ライトに入れて硬化させましょう!

・拭き取りタイプのトップコートがくすむ時

ジェルネイルをライトで硬化すると性質上、硬化しきれないジェルがネイルの表面に残るため、拭き取らないで触るとベタベタします。これを「未硬化ジェル」と呼びます。この未硬化ジェルを、エタノールを含ませたコットンで拭き取れば、表面がツルツルなジェルネイルの完成です。ところがトップコートが硬化不足だと、何度拭いてもベタつきが取れないことがあります。ベタつきの残ったネイルは透明感がなく、くもった印象になります。また、拭き上げる時のエタノールの量が少ないと、同じようにベタつきが残ってしまいます。
しっかりと硬化させ、拭き取る時はエタノールをケチらずに適量を使って未硬化ジェルを拭き取っていきましょう!

セルフの場合、それぞれに使っているライトのワット数もネイルの塗布量も違います。そのためジェルメーカーが推奨している硬化時間では、完全に固まりきらないことは珍しくありません。ジェルネイルがくすんだりくもったりするリスクを避けるためにオススメなのは、

・セルフの場合、トップコートはライトに「2回」入れてしまう。
・ノンワイプトップジェルの時は、塗布量を気持ち多目にする。
・通常のトップジェルで未硬化を拭き取る時は、エタノールをたっぷり使う。

それでも仕上がったネイルがくすんだりくもったりした時は、どちらもエタノールで一度表面を拭いてから、もう一回トップコートを掛け直しましょう。すぐに透明感が戻りますよ!







ジェルネイルがハンドクリームでくすむ?

ジェルネイルやマニキュアがくもったりすることなくキレイに完全した後は、保湿のためにハンドクリームを塗ることはよくあることだと思います。ところが、ハンドクリームを塗ることでせっかくのネイルがくすんでしまった!そんな風におっしゃるお客様が多くいらっしゃいます。なぜハンドクリームでジェルネイルやマニキュアが、くすんでしまうことがあるのでしょうか?その原因と対処法をお伝えします。

ジェルネイルがハンドクリームでくすむ原因

ジェルネイルの後にハンドクリームを塗るとネイルがくすむと悩んでいる方がいます。しかし、完成したジェルネイルがハンドクリームでくすみを起こすことは基本的には無いと言えます。ではなぜハンドクリームを塗るとジェルネイルがくすんで見えるのでしょうか。答えは簡単で「ハンドクリームの油分がネイルの表面にもしっかりと付いているから」。あまりに単純な答えなので拍子抜けした方も多いかもしれませんが、実際にそれで悩んでいる方はけっこう多くいらっしゃるのです!ハンドクリームは肌には馴染みますが、当然ネイルには馴染みません。指先までしっかりと保湿しようと、何度も重ね付けするのはもちろんOKです。この時、皮膚には馴染んでいるクリームが爪の上では何層にも油膜として残っています。よくネイルの上からクルクルとハンドクリームを馴染ませていますが、あくまでも爪周りの皮膚を保湿するためのクリームです。ネイルをした爪には特に効果はありません。油膜の重なったジェルネイルがくすんで見えるのは、当然といえば当然です。
サロンでネイルの写真を取る時は、キューティクルオイルを甘皮周りに馴染ませた後、ハンドクリームをたっぷり手首~手まで塗り込みます。そして最後にリムーバーやエタノールを使ってネイルの表面だけを丁寧に拭き上げ、爪に付いた油分を除去していきます。手肌はしっとりと、そしてネイルは、くもりやくすみのないツヤツヤで鮮やかな写真を撮ることができます。

ハンドクリームを塗るとジェルネイルのくすみが気になるという人がやりがちなのは、爪に付いたハンドクリームを、手で馴染ませようとすることです。正解は、キッチンペーパー、ティッシュ、タオル、何でも良いのでエタノールを少し含ませたもので、ネイルの表面を拭き取ることです。これはハンドクリームの油分に限らず、ネイルに付いた大抵の汚れを落とす効果があります。適当なタイミングで表面を拭く癖をつけると、汚れやくすみ知らずのクリア感のあるネイルがキープできます。爪の上だけを上手に拭くようにして下さいね!

マニキュアがハンドクリームでくすむ原因

ハンドクリームを塗ってマニキュアがくすむのは、ジェルネイルと同じで油膜の層がマニキュアの上にできているからです。そしてマニキュアの場合、もう一つ考えられる理由があります。マニキュアの種類や成分によっては、ハンドクリームの油分やアルコールが含まれていたりすると、溶けてしまうことがあります。特に、近年人気のある爪に優しい自然由良の成分でできているようなオーガニック系のマニキュアは、注意が必要です。除光液を使わずに落とすことができるものは、特に油分やアルコールに弱いです。またオーガニック系のマニキュアはオレンジ由来の精油でも溶けることが報告されています。オレンジ由来の成分の入ったハンドクリームを塗ることで表面が溶けることも無くはないです。
昔ながらの化学成分で作られたマニキュアを使っている分には、あまり気にすることはありません。もし気が付かない程度に、ハンドクリームの成分でマニキュアの表面が溶けていたとしたら、くすんで見えるのは当然かもしれません。

ネイルの後はハンドクリームよりオイルが良い?

ネイル後はハンドクリームよりもオイルがオススメです。ネイルの施術中はアセトンやエタノールなど、肌を乾燥させるものばかりです。ネイルオイルの方がハンドクリームよりも肌の吸収が良く内側から保湿されやすいので、ネイル後などの肌が過度に乾燥している時には、オイルが良いでしょう。ネイルオイルをキューティク周りや肌に吸収させたら、ハンドクリームを使って全体を保湿&保護するとより効果的です。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント