セルフネイルで超不器用でもデザインのある冬ネイルができる♪&冬に太りやすい人がやりがちなこと | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

自分は手先が器用な方だと思いますか?不器用だと思いますか?それとも不器用なんてもんじゃない、自慢じゃないけど「超不器用」です!なんて方もいらっしゃると思います。自分が超不器用だと思っている人は、セルフネイルなんて最初から諦めているかもしれません。でも冬はイベントの多い季節。普段ネイルをしていない人も「指先を少し華やかにしたいな…」そんな気持ちになるのではないでしょうか。それもそのはず、冬はクリスマスや挨拶回り、忘年会や飲み会、大晦日が待っています。そしてあっという間に年が明け、お正月がやってきますよね!新年の挨拶回りや新年会、また2月には雪が降ったり、バレンタインがあったりします。このように冬にあるイベントのほとんどは、人といつも以上に関わる特別なものばかりです。手先の器用な人ならセルフでサッと自分好みのネイルをキレイに仕上げることができます。でも不器用だと自負している人にとって、セルフでキレイにネイルを仕上げるのはハードルが高いですよね。ワンカラーならどうにかなってもデザインネイルなんて自分には絶対無理!と思っているかもしれません。でもそんなことはないですよ!コツとやり方を知っていれば、超不器用さんもセルフネイルは楽しむことができます。ネイルをして指先を華やかにしたい時、自分のタイミングで気軽にネイルができたら嬉しいですよね。今回は、超不器用さんでも大丈夫!セルフネイルで超不器用でもデザインのある冬ネイルを楽しむコツをお疲れします。また冬は「冬太り」という言葉がある程、太りやすい季節です。でも中には全く太らない人もいますよね。実は太りやすい人に共通している食べ方で「やりがちなこと」があるのです。今回は、「食べる時に太りやすい人がやりがちなこと」についても一緒にご紹介します。冬太りを回避してスッキリとしたままの身体で春を迎えましょう!

不器用さんにありがちなネイルの失敗

セルフネイルをする上で不器用さんにありがちな失敗は「カラーのはみ出し」です。爪の中にカラーが収まらずマニキュアが甘皮についてしまったり、指についてしまったりします。また均一にカラーを塗ったつもりでもムラになっていたりすることも・・・。頑張って塗っているのに、どうしてもはみ出したり色ムラができたりするので、嫌になってしまいセルフネイルを諦めたという不器用さんは多いです。でも、もしイベントの多い冬にセルフでネイルができたらオシャレの幅が広がりますよね!次で、不器用さんにも超不器用さんにもおすすめなセルフでできるネイルデザインをご紹介します。

不器用さんにおすすめのカラー

不器用な人におすすめしないネイル

おすすめのデザインをご紹介する前に、不器用な人にあまりおすすめしないネイルをお伝えします。それは「ワンカラー」です。ワンカラーは1番シンプルで簡単なイメージですがそうではありません。特に自分で超不器用だと思っている人は、他のネイルのデザインにした方が良いかもしれません。ワンカラーの命はキューティクルラインです。キューティクルラインがガタガタだと、ネイルが汚らしく見えてしまうのです。ワンカラーは爪全体をカラーリングするので、キューティクルラインがとても目立ちます。
そして不器用さんの苦手ポイントとして1番多いのが、甘皮周りのカラーリングです。つまりキレイなキューティクルを描くのが苦手ということです。不器用さんにはシンプルなワンカラーよりもデザイン性のあるネイルがおすすめです。

不器用バレしないおすすめカラー

真っ赤なネイルやトレンドのブラウンカラーはかわいいですが、できれば止めておきましょう。発色の良いマットなカラーは、はみ出しやムラが目立ちます。不器用さんにおすすめのカラーは

・シアータイプ

・シロップタイプ

・ラメ

これらのタイプなら色ムラになりにくく、はみ出しても目立たないので修正がしやすいです。またツヤ感のある仕上がりなので、多少雑になってしまっても粗が目立ちません。







超不器用でも大丈夫!おすすめデザイン

上でご紹介したおすすめカラーを使って、不器用さんにおすすめなネイルのデザインとやり方をご紹介します。

スポンジを使ったグラデーションネイル

グラデーションネイルなんて無理!そう思った人もいるかもしれませんが、大丈夫です。ネイリストのように、筆を使って色を徐々にぼかしていくのはたしかに難しいです。でもスポンジを使えば簡単にグラデーションを作ることができます。

①小さくカットしたスポンジ(1cmあれば十分)、カットしたアルミホイルを用意する。アルミホイルはパレット代わりに使います。
②ベースコートを塗る。
③すぐにトップコートを塗って乾かす。爪の表面がつるんとすることで、グラデーションがキレイにできやすくなります。
④カラーマニキュアをアルミに少し出す。
⑤カットしたスポンジに、アルミに出したカラーをちょんちょんと含ませる。
⑥爪の先端にスポンジに含ませたカラーをつけたら、ポンポンと優しくスポンジを爪先から爪の中央付近まで移動させる。
※この段階で、かなり薄いグラデーションはできてきます。
⑦スポンジにカラーを少し足して、爪の先端にだけポンポンと重ね付けする。
⑧トップコートを塗って、グラデーションネイルの完成!

ベースコートとトップコートは1度に10本塗ってしまいましょう。⑤~⑦のグラデーションを作る工程は、一本ずつ仕上げていきます。

ポンポンネイル

グラデーションネイルの応用で、ポンポンネイル又はチークネイルとも呼ばれているデザインネイルができます。ポンポンネイルは爪の中央から、カラーがジュワっと滲み出たようなデザインです。そのため、おすすめは「シアーホワイト」を使ったワンカラーベースにすることです。ワンカラーは難しいとお伝えしましたが、シアータイプならキューティクルラインも透明感があるので目立ちません。

①ベースコートを塗る。
②シアーホワイトを2度塗りする。ポイントは2回とも薄く塗ることです。ヨレやムラの心配もなく、早く乾きます。
③アルミホイルに好きなカラーを出し、軽くスポンジにつける。おすすめのカラーはピンクです。シアーホワイトにポワッとたピンクのチークが入ったようになり、とてもかわいいです。
④爪の中央にボンポンとスポンジで色をつけていきます。色を重ねれば重ねる程、色は少しずつ濃くなっていくので、好きな濃さになるまでポンポンしていきましょう。
⑤トップコートを塗って、ポンポンネイルの完成!

ワンカラーネイルも、透明感のあるシアーカラーやまるでドロップのようなツヤ感の出るシロップカラーなどはおすすめです!はみ出しやキューティクルラインを気にすることなく、ツヤツヤなワンカラーネイルが楽しめます。

冬に太りやすい人がやりがちなこと

冬はパーティーや飲み会が多くなるので、気がつくといつも以上に食べる量が増えています。さらに気候も寒く、動かないでジッとしていることが多くなり代謝が悪くなります。このように冬は食べる量が増えて代謝が悪くなる季節なので、太りやすい季節と言われるのも納得ですね。でも太りやすい季節とはいえ、全ての人が太るわけではありません。元々太れない体質の方や季節問わず運動をしている方は別として、普通にしていても特に太らない人がいます。太りやすい人とそうでない人の違いはどこでしょうか?実は、食べる量は同じでも食べている物や食べるタイミングが違っているのです。ここでは太りやすい人に共通している食生活についてお伝えします。

太りやすい人の食生活

・1度の食事で主食が重なる
食事のメニューを選ぶ時に、「ラーメン+チャーハン」「うどんやそば+丼物」「おにぎり+菓子パン」など、セットで食べている傾向にあります。ボリューム感もお得感もあるセットなのでついつい一緒に食べたくなりますが、実は主食だけだと食事の量が足りない気がして何かもう一品付けたくなるのです。太りやすい人はこのもう一品に主食を選びがちです。同じ量を食べても「主食+主食」と「主食+おかず」では、カロリーや炭水化物の量の摂取量が違うため、太り方に差がでてきます。

・21時以降の食事が多い
仕事をして帰ってからの夕食になるので、食べる時間が遅くなってしまうのは仕方がありません。空腹で疲れて帰ってくると身体はカロリーの高い物を欲します。ついガツガツと好きなものを食べてしまいがちですが、「21時以降」は野菜スープや春雨スープ、おかずだけにするなど、時間の意識が自分の中にあるのかないのか、それが大きなポイントになります。例えば日頃から炭水化物や油物の量には気をつけているのに、他の人より太りやすい人の特徴が、「食べる時間」に対する意識が低いことです。21時過ぎてからの食事は、カロリーを控えめにしても蓄積されやすいです。それを理解した上で食事を選んでいきましょう。

・面倒くさいから主食単品のみ
同じタイミングで食事をしても「面倒くさい・時間がない」などの理由で、蕎麦だけ、パンだけ、パスタだけなどの主食一品のみで済ませていることが多いです。主食なのでそれだけで手軽にお腹も満たされますが、栄養バランスは良くありません。炭水化物だけの食事は血糖値を急激に変動させるので、すぐに満足感を得られますがお腹も空きやすいです。そのためちょこちょこと間食することが増えます。「主食+おかず」の食事を普通にしている人は、主食単品で済ませている人よりも食べている量は多そうです。しかしバランスの良い食事をしていると血糖値も安定しているので、結果、間食が少なくなる傾向にあります。

太りにくくするには?

太りやすい人がやりがちなことはこの3つです。

・1度の食事で主食が重なる
・21時以降の食事が多い
・面倒くさいから主食単品のみ

太りやすい人は、忙しく時間がない時に簡単にお腹を満たすことができる「主食」に頼りがちです。もちろん毎回バランスを考えた食事をするのは無理ですし、誰でもパンだけ、おにぎりだけ、うどんだけ、パスタだけなんてことはよくあることです。では何が違うのか?それは単純に、太りやすい人はそういった主食に頼った食生活をしている回数が圧倒的に多く、そのため無意識に間食も多くなっているということです。
強い空腹は身体がカロリーを求めます。そのまま食事に入れば、無意識に炭水化物やこってりしたものが食べたくなるので、ここでポイントです!お腹が空くランチの前や帰宅前の夕方頃、野菜ジュースや豆乳ラテなどを飲むようにしてみて下さい。食事の際に選ぶメニューが今までとは違ってくるはずです。ダイエットをするにはもう少し別の意識が必要です。しかし他の人より太りやすいと感じている人は、お腹がペコペコになる前にしばらく野菜ジュースや豆乳をお試し下さい。食事の時の選ぶメニューが安定してくると、「主食+主食」「主食単品」のメニューには魅力を感じなくなります。気が付いた時には、人より太りやすいとは感じなくなるでしょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント