ジェルネイルの初心者が揃えるものは何?ジェルの向いている人やセルフネイルに必要なスペースも解説 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ジェルネイルが気軽にできるようになってきました。100円ショップやドラックストア、バラエティショップでズラッと並んだジェルを見てジェルのセルフネイルに興味を持っている人も多いのではないでしょうか。また、美容費の節約のためにセルフネイルへの切り替えを考えている方もいるかもしれません。最近は、費用を抑えてジェルネイルを始められるので、ぜひ興味のある人はセルフジェルネイルにチャレンジしてみてください!今回の記事では、ジェルネイルの初心者が揃えるものについて解説していきます。また、併用できるものや代用できるものについても紹介するので、できるだけ費用を抑えたり少ないアイテムでスタートしたりしたい方は参考にしてください。また、ジェルネイルをセルフでする時にどのくらいのスペースが必要なのか、ネイルサロンに行ったことがない方はピンとこないかもしれません。ジェルネイルをするのに必要なスペースについてもお話します。ジェルネイルを始めたい方の手助けになれば幸いです。

ジェルネイルとマニキュアの違い

まずはジェルネイルとはどんなネイル技術なのかと、マニキュアとの違いを解説します。

ジェルネイルとは

自爪に塗った樹脂を光に当てることで化学反応を起こさせて硬化し、自爪に定着させるネイルのことです。ツヤが長持ちし、ぷっくりとした厚みをだせるのが特徴です。

マニキュアとの違い

・ライトで硬化する
・持ちが長い
・アートの幅が広い
・オフは削る工程が必要

まず1番の違いと行っても良いのがライトで硬化することです。マニキュアは乾燥するまでに時間がかかりますが、ジェルはライトでメーカーが定めている所定時間ライトに当てることでしっかりと硬化されます。
持ちがマニキュアよりも長いです。ジェルの持ちは3週間~4週間ほどです。ジェルネイルを始めたての頃はしっかり3週間持たないかもしれませんが、少しずつしっかり3週間持つように付けられるようになりますよ。まずは2週間を目指しましょう。
アートの幅がジェルのほうが広いです。マニキュアで立体のアートや大きなパーツを付けることはできませんが、ジェルは非常に粘度が高く立体パーツを作れるものや、パーツ固定用のジェルもあります。
オフはマニキュアよりも大変で、トップジェルとカラージェルをネイルファイルという爪やすりで削らなくてはいけません。この工程が意外と大変なのでジェルのデメリットとも言えます。

ジェルネイルが向いている人

では、ジェルはどんな人に向いているでしょうか。以下に当てはまる人はジェルネイル向きです。当てはまらなかったり当てはまるものが少なかったりする場合はマニキュアのほうが合っている可能性もあります。

・乾燥の時間を待っているのが辛い
・様々なアートを楽しみたい
・凝ったデザインを長く楽しみたい
・爪に強度を出したい
・ぷっくりとしたツヤ感がほしい
・時間をかけてじっくり塗りたい
・ジェルネイルに興味がある

いかがでしょうか。当てはまらない方や、サッとスピーディーに塗ってしまいたい場合はマニキュアのほうが手軽に楽しめます。もちろん興味があればジェルネイルをぜひやってみてください!







ジェルネイルを始める時に揃えるものは?

ジェルネイルをいざ始めようと思ったら何も最低限買えばできるのか解説します。最低限必要なもの、オフで必要なもの、あったほうが良いもので3つに分けてお話をするので、自分のやりたいジェルの内容に合うものを購入してくださいね。

最低限これだけは必要なもの(カッコ内は100円ショップで揃える場合)

①ベースジェル、トップジェル
②カラージェル
③消毒用エタノール(ノンアセトンの除光液)
④ワイプ(キッチンペーパー)
⑤エメリーボード
⑥スポンジバッファー
⑦硬化用のライト(UV-LEDレジンライト)

①ベースジェル、トップジェル
ベースジェルとトップジェルはジェルネイルをするなら必ず用意しましょう。ベースジェルを塗らないと自爪にジェルが定着せず、さらにカラーが色素沈着するかもしれません。トップジェルはノンワイプという硬化後に表面の拭き取りがいらないものがおすすめです。

②カラージェル
セリア、ダイソー、キャンドゥなどの100円ショップで販売されています。最もカラーバリエーションが多いのはセリアです。インターネット通販ではセルフネイラーさん向けのジェルメーカーの販売もあります。好きなメーカー、カラーをチョイスしましょう。

③消毒用エタノール
自爪の油分除去や硬化後に表面に残る未硬化ジェルの拭き取りに使用します。ネイル用品で買うならネイルクリーナー(ネイルクレンザー)というものを購入します。100円ショップで揃えるならノンアセトンの除光液(ノンアセトンリムーバー)で代用が可能です。

④キッチンペーパー
自爪の油分除去で拭き取りをする際に消毒用エタノールを染み込ませて使います。その他にも筆を拭いたりはみ出したジェルを拭き取ったりするときにも活躍します。毛羽立たないものなら他のものでも問題ありません。

⑤エメリーボード
自爪の長さと形を整えるのに使うので100G~180Gが丁度よい目の粗さです。

⑥スポンジバッファー
サンディングという工程で使います。サンディングとは、自爪の表面のバッファーで軽く擦ってツヤを消し、自爪とジェルを密着させるために行います。

⑦硬化用のライト

ジェルはライトに当てなければ硬化されませんので必ず用意してください。UVライトとLEDライトがありますが、上の写真のように最近はどちらにも対応しているものがリーズナブルな価格で手に入ります。16W以上あると安定してジェルを硬化できるので安心です。ちなみに、100円ショップのダイソーでは「UV-LEDレジンライト」が330円で販売されています。6Wですがこちらでもしっかりは硬化できるので手軽にやってみたい方はこちらで始めても良いでしょう。
ダイソーのライトはこちらの記事でも詳しくレビューしています。
⇒冬ネイルはシンプル!セルフで簡単なデザインを紹介&ダイソーの「UV-LEDレジンライト」の使い方を解説

オフで必要なもの

①ネイルファイル(150G)
②コットン
③アルミホイル
④ジェルリムーバー
⑤オレンジウッドスティック

①ネイルファイル(150G)
ジェルはオフする時にトップジェルとカラージェルを削らないと、リムーバーが浸透しません。削るためには目の粗いネイルファイルが必要です。100Gくらいのファイルも目が粗くオフ向きですが、始めのうちは削りすぎて自爪を傷つける可能性もあるので150Gにしましょう。

②コットン
コットンにリムーバーを染み込ませて爪の上に乗せます。爪より少し大きいくらいの大きさにカットしておきます。100円ショップではコットンがアルミホイルにくっついているオフ用のアイテムが販売されているのでそちらを使用しても良いでしょう。

③アルミホイル
リムーバーが揮発しないようにアルミホイルで指を巻きます。食品用のアルミホイルを自分の指に合わせた大きさにカットして使いましょう。くっつかないアルミホイルという製品もありますが、キチッと巻くことができないので、一般的なアルミホイルがおすすめです。

④ジェルリムーバー
ジェルは除光液ではオフができません。ジェル用のリムーバーを購入してください。アセトン入りのものならOKです。使用時は換気をして使いましょう。

⑤オレンジウッドスティック
はみ出したジェルを拭ったりリムーバーによって浮いてきたジェルをカリカリとこそぎ落としたりします。様々な使い方があるので5~10本入りで販売されえているものを買うのがおすすめです。オフに関しては「あったほうが良いもの」の項目で紹介するメタルプッシャーのほうが素早くオフできます。

あったほうが良いもの

①メタルプッシャー
②ストーンプッシャー
③キューティクルニッパー
④ピンセット
⑤アート用の筆
⑥パレット(カットしたアルミホイルなどでもOK)

①メタルプッシャー

キューティクルプッシャーとも言われます。甘皮の押し上げとジェルオフで使用します。甘皮をしっかり押し上げて除去することで持ちと見栄えが良くなり、オフのスピードも上がるので始める時に購入しておいても良いアイテムです。

②ストーンプッシャー

セラミックでできた甘皮処理に使う道具です。プッシャーペン、セラミックプッシャーなどと名称でも呼ばれます。根元のサンディングもしやすいので持っていると便利です。

③キューティクルニッパー

甘皮を除去する時に使います。ささくれや爪周りの角質のケアにも使うことができます。ネイリスト用のものは硬化ですが、セルフネイル向けのものは1000円程度から販売されています。

④ピンセット

ストーンなどのパーツを乗せる時に使います。先の細くなっているもののほうが小さなパーツをつかみやすいのでおすすめです。

⑤アート用の筆

アートをするならやりたいアートに合わせた筆を揃えましょう。とりあえず購入するなら細筆、平筆、オーバルを押さえておくと活躍することが多いはずです。筆を選ぶ時のポイントはキャップ付きのものを選ぶことです。キャップがないとダストが付いたり照明に当たって固まったりしてしまうことがあります。

⑥パレット

カラーをミックスしたり、ラメをクリアジェルに混ぜたりする時に使います。ガラスなどの素材でできていて繰り返し使えるパレットとペーパーパレットという使い捨てのものがあります。まら、アルミホイルを小さくカットしてパレット代わりにすることも可能です。







セルフネイルにどのくらいのスペースがあればいい?

セルフネイルをするとして、どのくらいのスペースが机の上に必要だと思いますか?ネイルサロンに通っている人はなんとなく想像がつくかもしれません。硬化用ライトとジェル、リムーバー、ファイル類、筆が置ければいいので限られたスペースでも可能です。小学校の教室にある机くらいのスペースがあれば、ゆったりと道具を置いて施術ができるでしょう。ライトのサイズにもよりますが、テーブルの広さとしては大体50センチ×40センチ程度あればセルフネイル可能です。ちなみに、ローテーブルでも可能ですが、体が疲れやすくなったり姿勢が悪くなったりしやすいのでイスに座ってやるのがおすすめです。

コンパクトな折り畳みのテーブル。最低限の場所でセルフネイルするとしたらこのテーブルに収まるくらいになります。ネイル専用スペースにしてもいいですね。

折り畳みのテーブルとチェアのセット。使っていないときには片付けておけるのでワンルームや1Kの一人暮らしの方でも取り入れやすいです。

セルフジェルネイルで可愛い指先にしよう!

いかがでしたか?本日はジェルネイルの初心者が揃えるものについてご紹介しました。とにかくすぐにやってみたいという時は、以下のものだけあれば始めることができます。手軽に始めるならコンテナタイプより、マニキュアボトルタイプがおすすめです。

・ベースジェルとトップジェル(ノンワイプ)
・お好みのカラージェル
・硬化用のライト
・消毒用エタノール
・キッチンペーパー
・スポンジバッファー

消毒用エタノールはノンアセトンの除光液でも代用できるので全てを100円ショップで揃えることが可能です。ライトが110円では購入できなませんが、1000円程度あればセルフジェルネイルをスタートすることができます。興味があったらぜひ始めてみてください!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント