除光液の捨て方は?東京でも自治体によって違う!マニキュアを捨てる方法&片付けのコツも紹介 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

マニキュアでセルフネイルをしている人にとって必需品の除光液やネイルリムーバーですが、捨て方は知らないという人が多いのではないでしょうか。「まだ少し残っているけれど、新しいものを買ったから」「引っ越すから捨ててしまいたい」など、使い切っていない除光液を捨てたい時になって調べることもありますよね。調べずに「容器がプラスチックだからペットボトルを捨てる時と同じかな」と、残った中身を排水口に流してしまうのは良くありません。今回の記事では、除光液の捨て方をご紹介します。また、使わないマニキュアがいつのまにかドロドロになったり、固まったりして塗れなくなるというのもあるあるです。そんなマニキュアを復活させる対処法や捨てる方法もお話していきます。そもそもマニキュアに使用期限があるのかといった疑問にもお答えします。さらに、仕事や家事、子育てなどに追われていると、部屋の片付けやゴミ捨てが疎かになることも。快適な部屋を維持するための心がけや、お役立ちグッズをご紹介します。大型連休や年末にまとめて掃除や片付けをすると大掛かりになるので日頃から意識してお部屋の中をスッキリさせておきましょう。

除光液の捨て方ってどうすればいいの?

除光液を捨てる時はまず、自治体のゴミの出し方を確認してください。自治体が発行しているゴミの出し方のパンフレットや手引きはネット上で公開していることが多いです。目を通してもわからなかった場合は、電話で問い合わせましょう。なぜきちんと確認して出さなければいけないかというと、環境のためというのはもちろんですが、除光液に含まれるアセトンという物質が危険だからです。除光液は少量でも洗面台や流しに流してはいけません。なぜなら、除光液やネイルリムーバーの主成分であるアセトンは揮発性が高く、発火しやすい物質なため、消防法によって危険物と定められています。ネイルサロンが大量にアセトンを保管する場合には消防署への届け出も必要です。また、集合住宅などの場合は除光液の刺激臭が他の部屋に流れてしまうこともあります。このような理由があるので除光液やネイルリムーバーは排水口に捨てないでくださいね。

残っている中身は紙類に吸い込ませる

残っている中身を出す場合は、アルミホイルや牛乳パックを置いてから、水分をよく吸収する新聞紙やキッチンペーパーに中身を出しましょう。アセトンはビニール袋や床材を溶かすことがあるため、アルミや牛乳などの紙パックを敷いてください。中身が出せたら吸い込ませた紙をビニール袋に入れて臭いが出ないように口をしっかり閉じます。このようにすれば可燃ごみとして捨てられる場合が多いですが、自治体で細かく分けられているので確認してみてくださいね!

マニキュアを捨てる方法

新色が出るとつい買ってしまいがちなマニキュアは、使いきれずに放置されているマニキュアがたくさんあるという事態になりやすいです。また、しばらく使わないでいると固まってしまうこともあります。マニキュアの捨て方についても分別が自治体によって異なるので、まずは自治体が決めているゴミの出し方を確認してください。マニキュアはビンの容器、プラスチック製のキャップとブラシをそれぞれ分ける場合と、そのまま捨てられる場合など地域差があるようです。残っているマニキュア液を出して綺麗にしなければならないこともあるため、中身が固まっていない時と固まっている時に分けてやり方を解説します。

固まっていないマニキュア

固まっていない場合は、容器を逆さにして壁などに立てかけ、キッチンペーパーや裏紙などに中身を出します。マニキュアも洗面所などに流すとパイプを詰まらせてしまうなどのトラブルに繋がるのでやめましょう!出し終わったら除光液を容器に垂らしてキャップをして振るときれいになっていきます。中身を出せたら自治体のルールに従って捨ててください。
固まっていないマニキュアでまだまだ使えそうなものは、メルカリや楽天ラクマといったフリマアプリで出品するのもおすすめです。使用したものでも価格を安く設定したり、まとめて出品したりすればニーズがあるようです。

固まったマニキュア

固まったマニキュアはまず液体にしなければ取り出せないので、漏斗などで中に除光液やリムーバーを入れて1日程度放置します。時間はかかりますが固まったマニキュアを液体に戻せるので、その後は上記で説明したように中身を取り出せます。
ちなみに、カチカチに固まったマニキュアは残念ながらゴミとして捨てることになりますが、ドロッとしたマニキュアならうすめ液を入れれば復活します。うすめ液は容量によりますが、300円から500円程で購入できるのでセルフネイルをするなら持っていて損はないですよ。







マニキュアはいつまで使える?使用期限ってあるの?

マニキュアにはメーカーによる明確な使用期限が設けられていません。ボトルやラベルにも使用期限が記載されていないです。そのためマニキュア液がカチカチに固まっていない状態であれば使用することは可能です。しかし、以下のような状態のマニキュアは綺麗に仕上がらない、色素沈着するといったことが起きやすいので処分しましょう。

使用しないほうがいいマニキュアの状態

・カチカチに固まっている
・ダマができている
・購入時より変色している
・異臭がする

少しドロっとしている程度ならうすめ液を使えば問題ありません。しかし、ダマがある場合やカチカチになっているとうすめ液でも復活が厳しい状態です。変色は時間経過による劣化の場合だけでなく、保管場所の問題もあります。日光が当たるところに置いていると、短期間で変色が進むマニキュアもあるので「見せる収納」をしている場合は位置に気をつけてくださいね。また、分離していると使えないのではないかと思いやすいですが、ボトルをゆっくり振ったり横にして転がしたりすると混ざり合います。激しく振ると液体にバブルが入って塗りにくくなるので注意しましょう。

化粧品の期限は未開封なら3年が目安

すべての化粧品に製造日が記載されているわけではありませんが、化粧品の使用期限は未開封状態なら3年と言われます。しかし、開封状態では中身が空気に触れたり雑菌が入ったりすることでどんどん劣化してしまいます。お手持ちの化粧品に製造日の記載があり、使った状態で3年近く経過しているのであれば使用をやめるほうがいいでしょう。とはいえ、化粧品は劣化していくものだとしても、できるだけ長く良好な状態で使いたいですよね?長持ちさせるには、保管と使い方にコツがあります。まず、保管場所は直射日光の当たらない温度変化が少ないところにしてください。また、湿気も少ないところがベストです。使う時は指で取ったり肌に当てたりせず、直接触らないようにすると清潔な状態を保てます。スパチュラやスポンジを使い、こまめに取り替えたり洗ったりすることで化粧品の劣化を防げます。

毎日の片付けを大事にしよう

前の項目まででマニキュアの捨て方や、化粧品の使用期限についてお話してきました。女性にとってメイクは欠かせない習慣のことが多いため、自然と持っている化粧品が増えてしまい、収納や片付けに困りやすいです。化粧品だけでなく、服や趣味のグッズもしかりといえます。また、一人暮らしをしているとひと目に触れないので、どんどん室内が荒れてしまうこともあるようです。快適な部屋を維持するための心がけやグッズをご紹介します。

快適な部屋を維持する心がけ

・床に物を置かない
・使ったものはあった場所に仕舞う
・服は1着買ったら1着処分する
・収納グッズを増やし過ぎない
・不要なDMや紙類はすぐ捨てる

床に物があると、掃除をする時に物をどかすことから始めなくてはなりません。購入品を一時的に置くのは良いとしても、その日のうちには服ならクローゼットや衣装ケース、化粧品はポーチなど、あるべき場所に仕舞うようにしましょう。女性の持ち物で増えやすいのが服です。断捨離や最低限の物で生活するミニマリストのように服を減らさずとも、1着購入したら、同じような形や用途の服を1着処分するのを心がけてください。洋服で部屋が溢れかえることを防げます。さらに、ボックスタイプの収納グッズを増やし過ぎないことも大事です。ボックスに入れてしまうことで視覚的にスッキリしますが、どこに何があるのかわからない状態になりやすいデメリットがあります。こうなると持っているものを再度買ってしまう事態を招き、物が増えていくので注意が必要です。最後に、不要なDMや紙類はすぐに捨てるようにしましょう。書類のデジタル化が進んでいますが、自宅のポストにDMやチラシが入っていることはよくあります。また、駅に設置されているフリーペーパーや、デパコスの商品パンフレットを「読んでから捨てよう」と机に置くと、どんどん溜まってしまいます。すぐに読んで捨てるか、ある程度溜まったらまとめて捨ててしまってもいいかもしれませんね。

お役立ちグッズ

部屋をスッキリさせるのに役立つグッズをご紹介します。

分類できるインデックス付きのじゃばらファイル。いらないDMなどの紙類はすぐに捨てるほうがいいですが、光熱費や病院の領収書、保険や賃貸の契約書などを整理して保管できます。

洗濯した服を畳むのが面倒という方や服が増えすぎてしまう場合は、ハンガーラックのワードロープがいいかもしれません。収まりきる状態を保つことを意識すれば、処分したり片付けたりする目安になります。

一人暮らしにおすすめの分別しやすく、場所を取らないゴミ箱。大きいサイズを使っていっぱいになってから捨てるより、小さめのゴミ箱で定期的にゴミ出しをすると臭い対策にもなるのでおすすめです。

分別を守ってネイルを楽しもう!

いかがでしたか?本日は意外と知らない除光液やマニキュアの捨て方についてお話しました。ネイル用品に限らず、自治体によってごみの出し方は細かく指定されています。調べたり問い合わせたりして正しい方法で処分してください。また、マニキュアがいつまで使えるのかについても解説しました。カチカチに固まったり変色したりしているマニキュアは勿体ないかもしれませんが使わない方がいいでしょう。長く使うために保管する時は以下のことに気をつけてください。

・直射日光を避ける
・高温や湿度の高い場所に置かない
・使ったらボトルの口を拭いて綺麗にしておく

以上のようなことは、マニキュアだけでなく他の化粧品の保管でも同様です。特にファンデーションのパフやスポンジは汚れてきたら洗ったり取り替えたりするのがおすすめです。後半は、部屋の綺麗な状態を維持するコツなどをご紹介しました。DMなどの書類を捨てたり、服を買ったら捨てたりするのを心がけるとスッキリした部屋を維持できます。ただし、家族と暮らしている場合、自分の物以外を勝手に捨てることはやめましょう。連休にまとめて片付けるのではなく、毎日の片付けを大切にして快適に生活していきたいですね!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント