足の爪を綺麗にしたい!人前に出せない足爪をケアして自信のある足にしよう! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

誰でも素足を人に見られるのは気恥ずかしいものです。また足は臭いも気になります。そのため足のケアをしている人も多いと思います。皆さんは普段ケアをする時、足のどこをケアしていますか?ほとんどの人はカサカサになりやすいかかとや、硬くなりやすい足の指の付け根などの「角質ケア」を行っているのではないでしょうか。確かに足のケアをする上で、角質ケアはとても重要かつ必要なことです。そしてもう一つ、実は角質ケアと同じくらい大切なのが「足の爪」のケア。滑らかなかかとや角質のない柔らかな足裏は理想ですよね。しかし、足の爪が綺麗でないと角質ケアでフワフワになった理想的な足も、見た目には綺麗に見えないのです。極端な話、他人からは足裏の角質までは見えません。人が足を見た時、目に止まるのは足の爪です。「人前に足を出すのが恥ずかしい…」「足の綺麗な人が羨ましい…」このように自分の足に自信のない人のほとんどは、角質の状態ではなく「見た目」にコンプレックスを持っています。爪のくすみや変色、乾燥や凸凹などが足を汚く見せている大きな原因となっているのです。フットケアを頑張っているのに足が綺麗に見えないのは、意識して足爪のケアをしていないからかもしれません。足の爪のケアをしっかりと行い、諦めていた「足の綺麗な人」を目指しませんか?自信を持って人前で素足になるために、今回は足の爪を綺麗にすることの重要性と、お悩み別のケア方法をご紹介します。

足の爪をケアする意味

足のケアといえば主に角質ケアのことをイメージすると思います。日々のお風呂タイムでセルフケアしている方も多いのではないでしょうか。他にも足のケアで大切なのは、足の爪のケアです。手を美肌へ導くためのハンドケアと爪のお悩みに特化したネイルケアがあるように、足のケアにも皮膚に溜まった角質除去を行うフットケアと、爪に特化したフットネイルケアがあります。しかし手爪のケア(ネイルケア)はピンときても、足爪のケアとなるとピンとこない人が案外多いです。足の爪はフットネイルをする時にケアをするもので、普段は必要ないと思われている傾向にあります。ここでは足の角質ケアと足爪のケアの違いをお伝えしていきます。

角質ケアとは

角質の存在は足にとって悪いもののようですが、そうではありません。角質そのものは肌を外部の刺激から守る大切な役割があるのです。しかしそんな角質も放置していると、どんどん溜まっていき、厚くなることで身体に悪影響を及ぼします。そのため定期的に角質を除去する必要があるのです。

角質が溜まるとどうなる?

・皮膚の触り心地が悪くなりガサガサする
・肌がくすんで見えたり黒ずんで見えたりする
・ひび割れて痛みを伴ったり、流血したりすることもある
・足の臭いの元になる
・足が疲れやすくなる

このように角質ケアは、肌を明るく綺麗にするといった美容目的だけではなく、健康を維持し安全に生活するために必要なケアなのです。

足爪のケアとは

足の爪のケアと聞くと、フットネイルをする時に必要な甘皮ケアをイメージする人がいるかもしれません。もちろん甘皮も足爪ケアの一環で、爪の形を整えるのもケアの内です。そして足爪のケアで重要なのは、爪の中に溜まった角質等の除去です。指の肉と爪の間には角質や垢、汚れなどが詰まっています。ケアでこの汚れをほじくり出し、足の爪を清潔に保つ必要があります。

・爪の長さ形を整える
・爪の中の汚れをしっかりと除去し清潔を保つ
・甘皮を綺麗にする
・傷んだ爪のメンテナンス

このように足の爪のケアは、角質ケアとは違う爪周辺のために必要なケアとなります。

足の爪にケアが必要?

足の爪を綺麗にしたい場合、爪の状況に合ったケアが必要です。爪の形や乾燥による割れ、表面の凸凹や伸びて硬くなりびくともしない甘皮など、悩みは色々とありますよね。でも足爪の悩みで一番気になるのは「臭い」ではないでしょうか。毎日お風呂に入って綺麗に洗っているのに、どうして足は臭くなるのでしょう。まずは気になる臭いの原因について見ていきましょう。

足爪に溜まっている垢に注意?

足の臭いには色々なパターンがあります。例えば子供の場合、ツンとした酸っぱい感じの臭いがすることがありますが、これは汗が擦れた臭いだったりします。そのため同じ足の臭いでも、不快な臭さではありません。足の臭いで不快に感じるのは、爪に垢が溜まって汗や水分と共に雑菌が繁殖することで臭うパターンです。チーズや納豆のような臭いに近く、不快でしかありません。この臭いの一番の原因は、足の爪に溜まった垢や角質です。足が臭いのではなく、溜まった垢や角質に菌が繁殖した結果、発酵物のような臭いになってしまうのです。

フットケアで皮膚の余分な角質は除去できても、爪の間に詰まっている垢や角質まで取り除くことはできません。もちろん皮膚の角質も、臭いの原因となるので定期的なフットケアは必要です。しかしフットケアの際、足の爪の間のケアまで意識しなければ、今は大丈夫でも近い将来足から異臭を放つことになりかねません。

足の親指は要注意!

自分の爪を見てもわかるように、足の爪は親指のみ大きいです。そのため親指に垢や汚れが一番溜まりやすいです。特に爪が伸びている人は余計に垢が溜まりやすくなるため、臭いもよりキツくなります。これらの汚れがどこに溜まりやすいかというと「親指の爪両端の角」です。この部分に黒いカスが入っていて、手の爪でほじり出したことが一度くらいはあるのではないでしょうか。また爪が伸びたところの裏側も汚れは溜まりやすいです。足爪には垢だけでなく靴下の繊維なども詰まったたりします。これら繊維も放っておけば垢となります。

夏よりも圧倒的に冬の方が足の臭いが気になるのは、足の爪のケアをしないで溜まったままの垢が、ブーツや靴の中で蒸れて雑菌の温床となるからです。今までフットケアはしていたけど足爪ケアを意識してやっていなかった人は、来る冬に備え今から爪の間を清潔にしておきましょう。







足の爪が臭いときのケア方法

では、足の爪の臭い対策として効果的な方法をお伝えします。足爪ケアで大切なのは爪の間に垢や汚れを溜めないことです。そのためには爪の伸ばし過ぎに気をつけなくてはいけません。爪が伸びれば伸びるほど雑菌の繁殖範囲も広くなります。足の爪は手の爪と違って、ある程度伸びていても生活に支障を来すことがあまりないので、ついカットを忘れがちです。しかし足の爪の定期的なカットは必須です。普段から定期的に行っている角質ケア同様、フットネイルケアとして、足爪のケアを習慣化するようにしましょう。

ジェルネイルをしていたらどうする?

近年はフットのジェルネイルをしている人が多く、そのほとんどは次の付替えまでジェルを付けっぱなし、伸ばしっぱなし、という人がいます。確かにフットネイルの場合、持ちが良いので2ヶ月近くは放置できます。しかし、ジェルに隠れてわからなくなっているだけで、その爪の裏にはかなりの垢が確実に溜まっています。そのためおすすめは、自分で爪を短く削り汚れが溜まりにくくすることです。もしそれが難しいようなら、爪の間を洗うための爪ブラシを使って汚れをきちんと取り除き、しっかりと爪の間を清潔にしておくようにしましょう。さもないと足は確実に臭ってきます。

足の爪は形が大切!

足の爪を綺麗にしたい場合、見た目はとても大切です。ここではフットケアサロンで行っている足の爪が綺麗に見え、かつ足に負担のかからない長さと形の整え方をご紹介します。

足の爪が綺麗に見える理想の形は?

フットネイルの広告を見ると、爪の形は先端が平で角の取れた形をしているものが多いです。この形を「スクエアオフ」と呼びます。実はこのスクエアオフこそ足の爪の理想のフォルムなのです。

・スクエアオフが綺麗に見えるポイント
足の爪は、それぞれの爪も小さく形もまばらなことが多いです。足は手のように爪を伸ばして形作ることも基本はしないため、形を揃えるのが難しいです。そこでポイントとなるのが「爪の先端の形を揃える」ということ。それぞれの爪のサイズや向きがバラバラでも、爪先の平なラインが同じなら、遠目で見た時に全ての爪の形が揃っているように見えます。この理屈で言えば、形はスクエアオフでなくても先端の形が合っていればOKです。しかしサイズの違う爪先のカーブを揃えるのは難しいです。でも真っ直ぐに揃えるのは簡単です。
スクエアの角を取り丸くする理由は、フットネイルの場合、爪の角が隣の指に刺さったり、巻き爪の原因になったりするからです。

・スクエアオフが足の爪に適している理由
足の指は、指先まで骨が通っていません。そのため指先は柔らかく、爪を使って固定させて力を入れて歩くことができています。安定した力を足先に伝えるための理想の爪の長さは、指と同じ長さです。先端が平なスクエアオフは、足の指と同じ長さ・形状に揃えやすい理想の形といえます。

スクエアオフの整え方

・爪やすり
・爪垢とり
を使って爪を整えていきます。

①足の爪を整える前に足を清潔にしておきます。
②爪垢取りを使って、爪の角に詰まっている垢やカスを一通り掻き出す。
③方の手で足の指をしっかりと押さえ、利き手で爪の先端を一方方向に、平になるように削っていきます。指と同じ長さまで削れたら、それ以上短くする必要はありません。
④爪の角を少しずつ削っていき、角を取っていきます。
⑤真っ直ぐに削った爪先の面取りをする。この時爪やすりを立てて、上から下に優しく動かしていきましょう。
⑥最後にエタノールを含ませたコットンで、爪の表面~爪の裏側や間を丁寧に拭き取ります。このときまだカスが出てくるようなら、再度爪垢取りを使ってカスを除去していきましょう。

足の爪のケアは、見た目にも気になる臭い対策としても重要です。
日々のケアに取り入れて、綺麗な足爪を目指しましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント