ライブでネイルのマナーってあるの?ライブマナーって服や靴も大事! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ライブに行くのってわくわくしますよね♡ライブのためにネイルをかわいくする人も多いのでは?バンドやグループなどアーティストのモチーフやロゴをネイルデザインに取り入れたり、推しのカラーを使ったり・・・そんなネイルをするとますますテンションが上がります!しかしライブに向けてのネイルは、ちょっと気をつけておきたいことがあります。今回の記事ではライブに行くときのネイルのマナーや、ファッションや髪型についても気をつけておきたいことをご紹介しますね♪

ライブ当日、ネイルも楽しみたい!

筆者もライブに行くのが好きで、ライブのためにアーティストのモチーフネイルをしたり、推しカラーのネイルにすることがあります!写真は推しているグループのメンバーが赤色担当だったので、赤をメインにセルフネイルをしたものです。好きなものをテーマにしたネイルをすると、ライブに行く前からテンションが上がりますし、普段ちらっと爪先を見たときにもなんだか嬉しくなりますね♪

ライブでのネイルマナーがあります

しかしせっかくのネイルが周りの人に迷惑をかけてしまったり、場合によっては怪我を負わせてしまう可能性も・・・。楽しむために、ライブでのネイルのマナーがいくつかあるので、以下で紹介しますね。







長過ぎる爪は控えましょう

ぎゅうぎゅうのライブハウスだったり、腕を上げて盛り上がるようなライブでは、ロングスカルプのような長すぎる爪は周りの人に当たってしまうかもしれません。ロングネイルにして目立たせたい!という気持ちもわかりますが、スカルプを人や物にぶつけてしまうと痛いですし、爪が折れたり割れてしまう可能性もあるので控えたほうがよいでしょう。

爪の形も気をつけて

爪先が尖っている形を「ポイント」と言いますが、この形は周りの人に当たってしまったら危険です。SNSでは「ライブ中、爪先が尖っている人の手が目の前をかすめてとても怖かった」といった投稿も見かけます。周囲の人に迷惑にならないためにも、爪の形は四角で角を取った「スクエアオフ」や、丸い「ラウンド」などがおすすめです。

大きめのパーツや、揺れるパーツも要注意

アクリルで作ったモチーフや、超特大ストーン、揺れるネイルピアスパーツなどは、付けると目立ちますし何よりかわいいですよね。しかしこれらのパーツはライブ中いつの間にかなくなっていたり、取れていたという話をよく聞きます。大きすぎるパーツは使わないほうがよいかもしれません。

ライブハウスではファッションもちょっとだけ気をつけて

ライブハウスは3000人ほど入る大きなところもあれば、30人ほどでぎゅうぎゅうになるコンパクトなところもあります。基本的に立ちっぱなしで、座席や見る場所の指定が無いまま見るので、周囲の人との距離も近くなることが多いです。そして激しいライブでは、お客さんも大きく動いて盛りあがったりします。そういったライブではかなりロングのスカートや、ひらひらのストールなど巻き込まれそうなものは避けましょう。またアクセサリーも落としたり、周囲の人にぶつけてしまう可能性があるのでつけないようにしましょう。

ライブハウスはカジュアルなトップスやボトムスがおすすめ

ライブハウスでは動きやすいカジュアルコーデで行きましょう♪装飾が多い服は人とぶつかった時に服が壊れたり破れてしまうかも。トップスはTシャツやロンT、スウェットなどのやわらかく動きやすいもので、ボトムスはデニムのパンツやレギンスパンツなどがおすすめです。

靴はスニーカーが楽ちん♪

ライブハウスでは、歩きやすくて足全体が覆われているスニーカーを履いて行くのがおすすめです!例えばヒールのある靴は周りの人を踏んでしまったとき怪我を負わせてしまうかもしれませんし、転んでしまうと捻挫してしまったり、自分も危険な目に合ってしまいます。またパンプスやサンダルは足が布地で覆われていないので、他の人から足を踏まれてしまったときに怪我しやすいので気をつけてくださいね。

ヘアスタイルも意外と注意!?

えっ、こんなところまで!?と思われるかもしれませんが、意外と気をつけたいのがヘアスタイルです。頭の高い位置でお団子アレンジをしたり、ポニーテールにすると後ろにいる人からは視界の邪魔になってしまいます。ヘアスタイルはロングの場合は髪をおろしたり、低い位置で結んだり、まとめ髪にするなどがおすすめです。

バッグはサコッシュやポシェットなどこぶりなもので手軽にかわいく

バッグをライブハウスの客席に持ち込む場合は、サコッシュやポシェットなどの小さなバッグに必要なものだけを入れましょう。大きなリュックやハンドバッグは他の人にぶつかりやすいですし、床に置くと踏まれたりどかされる可能性もあります。大きなバッグはコインロッカーやクロークに預けて、客席では身軽になれるよう体に密着できる小さなバッグを使いましょう。

たくさんの人が集まるところだからこそ、ちょっとの気遣いが大切

ここまでご紹介したマナーは「自分が危険な目に合わないため」、そして「周りの人の迷惑にならないため」の内容です。ちょっとの気遣いがあるだけで、自分も周りの人も安心安全に楽しめるようになるので、行く前にネイルやコーデを見直してみてくださいね♪








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント