オフィスネイルのワンカラーはグレージュがおすすめ!アートをしても上品なくすみ系ネイルを紹介 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ジェルネイルが広まり、ネイルをして仕事に行っても良いという会社が増えてきました。飲食業や介護・医療系以外では、ネイルしていても注意を受けないという職場が多いのではないでしょうか。とはいえ、ネイルのデザインやカラーには制限がある場合や、自主的にシンプルにしている方も多いです。シンプルで上品なデザインに「オフィスネイル」という名称がつくのは、ネイルをする働く女性からの支持が高い証拠とも言えます。オフィスネイルの定番カラーは薄いピンクやベージュ系などのスキンカラーですが、ここ数年で「グレージュ」も定番に加わりました。ピンクやベージュには飽きてしまった、あるいはもう少し落ち着いた印象にしていきたいという方に、特におすすめです。今回は、最初にオフィスネイルとはどんなデザインなのかを詳しく解説していきます。そして、上品でお洒落なデザインをインスタグラムで見つけた投稿からいくつかご紹介します。さらに、ネイルはセルフという方向けにおすすめのマニキュアも合わせてご紹介するので参考になれば幸いです。

仕事でもOKなネイルってどんなデザイン?

職場でもウケのいいネイルとは、どのようなネイルだと思いますか?一人ひとり違ったデザインを思い浮かべるはずです。しかしイメージは「シンプル」「肌なじみの良いカラー」「上品」といったものではないでしょうか。ネイルサロンが用意しているデザインサンプルは、このようなイメージで作成されます。このように、アートやデザインに明確な定義はありませんが、要素としては「シンプル、上品、肌なじみの良いカラー」に当てはまるものをオフィスネイルと呼ぶのです。あえて相反するデザインをあげるとしたら「痛ネイル」や「量産型ネイル」でしょうか。こちらは「派手、可愛い、目立つカラー」といったイメージが強いネイルです。このようなネイルも人気ですが、ネイルサロン勤務時代、OLの方がよく選ぶのはさりげないアートのデザインで、ピンク系、ベージュ系のカラーをチョイスすることが多かったです。
ちなみに海外では、基本的にビビットなカラーや原色がネイルカラーとして好まれ、爪の長さは長く、先端を尖った形に整えるのが人気です。例えば、定番人気のベイビーブーマーというデザインは、スキンカラーのベースに白グラデーションというシンプルなものですが、スカルプを施すので、オフィス向けのネイルとは少々異なっています。オフィスネイルというテイストが確立されているのは日本特有かもしれません。

ピンクベージュやベビーピンクなどの肌なじみの良いカラーがオフィス向けのシンプルネイルの定番ですが、ここ最近はくすみカラーの流行もあり「グレージュ」が非常に人気です。ピンクよりも大人っぽいシックな雰囲気になり、アートをしても派手すぎない上品な仕上がりになるのが特徴です。人気のカラーなのでジェルのメーカーから様々なカラーが出ていますし、サロンによってはミックスも可能なので多種多様な色味や質感が楽しめます。パールやラメ入りなら、程よい華やかさを演出することもできますよ。とはいえ、色自体の彩度は低いので、場合によっては肌が暗く見えてしまうことも。パーソナルカラーのイエベ(イエローベース)とブルベ(ブルーベース)に分けて、似合いやすいのはどのような色味なのかをご紹介します。

イエベ(イエローベース)

肌の色が黄みよりのイエベの方にはベージュに近い色味がおすすめです。イエベの方はもともとベージュが優しい雰囲気になり似合うカラーです。ネイルカラーを選ぶ時も青みの少ない色を選ぶと肌に馴染みます。ラメラインやパーツはゴールドを合わせると華やかになります。

ブルベ(ブルーベース)

肌色が青みのあるブルベの方にはグレー寄りのものを選ぶと肌なじみがよく合わせやすいです。カーキやグレーが似合う肌の色なので、彩度の低い暗めの色味の場合はクールな印象になりますよ。シルバーのパーツだとより格好良くなります。フェミニンな雰囲気にするならパールがおすすめです。

インスタグラムで見つけたグレージュネイルを紹介!

インスタグラムでも非常に人気のカラーです。トレンドアートを加えても上品で落ち着いた印象に仕上がります。また、ニュアンスネイルとの相性も良いのでカジュアルなコーディネートにも合いますよ!

出典:www.instagram.com(@sai_nails_13)

深いグリーンのワンカラーがアクセント!ゴールドのスキニーフレンチが華やかさをプラスしています。このように様々な色との相性がよく合わせやすいです。

出典:www.instagram.com(@strawberry._nail)

マットなグレージュとラメのワンカラーに、華奢なミラーラインが上品なデザイン!シンプルですが、可愛らしさもありショートネイルにもよく合っています。

出典:www.instagram.com(@mk__nail)

トレンドのぷっくりとしたひまわりのフラワーアートが夏らしいデザイン。1本しっかりアートをしてもグレージュと合わせると品のある大人な仕上がりになります。

出典:www.instagram.com(@nailsalonnana7)

ラメがキラッと輝くグラデーションネイル!親指と中指は、ベースカラーのホワイトと同系色のホログラムを使ったドット柄で、大人可愛い雰囲気です。

出典:www.instagram.com(@asa_asa.nail)

上品さを感じるワンカラーとマグネットジェルの輝きが華やかなニュアンスネイル!少し長めでバレエシューズのように整えた爪先がエレガントですね。

出典:www.instagram.com(@nailmonrepos)

グレージュのワンカラーに、ネオンイエローのスキニーフレンチがアクセントになった夏ネイル!ネオンカラーも落ち着いた色と合わせれば大人かわいい仕上がりに。







おすすめのマニキュア

品が良く、落ち着いた女性らしい手元を演出できることをお話してきました。オフィス向けでもプライベートでもおすすめのマニキュアをご紹介します。
また、ベースコートとトップコートの役割と必要性についても解説するので、セルフネイルをよくされる方は知っていて損はないので読んでみてくださいね。

・キャンメイク……シックグレー

プチプラなので購入しやすい。ドラッグストアやバラエティショップでも販売されているので、とりあえず試してみたいなという方におすすめ。塗りやすさを考えられたブラシで速乾性も高く、セルフネイル初心者にも使いやすい。

・デュカート……グレージュP

初初めてくすみ系カラーに挑戦する時に丁度よいプチプラ商品。色味は薄いので、しっかり色を出したい時は2度、3度の重ね塗りしましょう。近い色にマニッシュグレーがあり、青みが強いのでブルベの方はこちらのカラーもおすすめ。

・スキューズミー……グレージュ

ベースコート、トップコート不要なので、時短になるネイルカラー。爪の補強にもなるので、ジェルのお休み期間に使用してもいいでしょう。1度塗りではシアーな仕上がり、2度塗りすればしっかりマットな質感を楽しめる。

・OPI……アイスランディット

ネイルサロンで使用されることも多いメーカーで塗りやすく色ムラも出来にくい。しっかり色が出て速乾なので、1度塗りでスピーディーに仕上げたい方にもおすすめ。発色と持ちが良いため、ハンドとフットお揃いで塗っても可愛いカラー。

ベースコートとトップコートの役割

マニキュアをセルフで塗る時、ベースコートとトップコートをきちんと使い分けているでしょうか。使っているけれど、違いを気にしていない方はいるかもしれません。筆者自身、ネイルスクールに通う前は2つの違いや必要性をよくわからず使っていました。ベースコートとトップコート、それぞれの役割を解説します。
ベースコートは、マニキュアと爪の密着を高めたり色素沈着を防いだりすることが主な役割です。メイクをする時に下地をすると綺麗にファンデーションが乗るのと同じことです。また、ベースコートとしても使えるリッジフィラーというものもあります。リッジフィラーは透明ではなく乳白色や薄いベージュのものが多く、爪の凹凸を埋めて自爪のピンク色を隠す効果があります。スキンカラーを綺麗に発色させたい時などにおすすめです。
トップコートは、ツヤ出しと持ちを良くする役割があります。トップコートは仕上がりに影響が出やすいので、表面にツヤが出るように綺麗に塗るのが大切です。具体的には、筆圧をかけないようにして、根元から爪先まで一気にスッと塗るのがいいでしょう。また、ネイルカラーとトップコートには相性があります。相性が良くない同士を合わせて使ってしまうと、トップコートを塗った時にネイルカラーが寄れてしまったり、発色が変わったりすることがあるので注意しましょう。ベース、カラー、トップを同じメーカーで揃えるのが1番安心です。さらに、トップコートにはツヤ重視、速乾性が高い、厚みが出やすいなど様々なタイプがあります。自分の求める仕上がりに合っているトップコートを選ぶのが大切です。

・速乾性

速乾性の高さがウリのトップコート。ハケ跡が残りにくくつるんとした綺麗な表面になり、美しい仕上がりに。

・ツヤ

こちらはツヤ重視のタイプ。乾くと縮みやすいので、しっかりと爪先端まで塗るようにしましょう。ドロッとしたテクスチャーで程よく厚みも出る。

・速乾、持ちが良い

ネイルサロンでもよく使われている人気のトップコート。乾きが早く、持ちも良いのが魅力。価格が高めですが、速乾や持ちといった機能性が高い。

オフィス向きのネイルの幅を広げませんか?

いかがでしたか?本日はオフィスネイルのワンカラーにおすすめのグレージュについてご紹介しました。グレー寄りだったりベージュ寄りだったり、ラメやパールが入っていたりと千差万別です。ぜひ自分の肌が引き立つ色味を探してみてください。また、グレージュはアートをしても上品で落ち着いた仕上がりになるので、トレンドのアートを1本加えてみても華やかになりますよ!人気のニュアンスデザインとの相性も抜群です。夏らしい涼しげな印象の装いにも、秋らしさのあるくすんだカラーを使ったコーデにも似合います。夏ネイルでバカンスを楽しんだ後は、落ち着いたオフィスネイルにチェンジしてみませんか?シンプルなデザインもカラーの幅が広がるとより楽しめそうですね。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント