ジェルネイルでベースジェルなしはNG?ジェルのそれぞれの役割や必要な道具をチェック | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

セルフでジェルネイルを楽しむには、専用の道具が必要です。ジェルと筆が一体型になっているものなど、道具が少なくてもジェルが楽しめる物はありますが、自分でアートを描いてみたい方や、よりハイレベルなデザインを作りたい方は、やはり何種類かのジェルや、筆、パーツが必要になるのです。ネイリストは実際に様々な道具を用意してからネイルの施術を始めます。ネイルサロンに行ったことがある方なら、施術用のデスクの上や近くのワゴンに、様々な道具が入っているのを見たことがあるのではないでしょうか。では、クリアジェルにもいくつか種類がありますが、ベースジェルは必ず使わなくてはならないものなのでしょうか?また、ベースジェルがないからといって、カラージェルから塗りはじめるのはNGなのでしょうか。今回はそんな疑問や、ベースジェル、トップジェルなど、セルフでジェルネイルを始める時に必要な道具について解説してまいります。

ベースジェルなしでジェルネイルをするのはNG?

ジェルネイルは、地爪から近い順に「ベースジェル」「カラージェル」「トップジェル」が層のように重なってできています。ネイルに詳しくない方からすると、「なぜそんなにジェルの種類が必要なの?」「カラージェルだけで完成できないの?」と思う方もいるようです。近年のジェルは「オールインワンジェル」という、ベース、カラー、トップのすべてを兼ね備えている商品もありますが、ジェルネイルを完成させるには、基本的にベースジェルもトップジェルも必要です。特にベースジェルには、地爪を守り、ジェルの持ちを良くするという、まさに縁の下の力持ちな役割があるのです。

ベースジェルは、柔軟性、地爪への定着力、オフのしやすさなどが考慮して作られています。地爪とジェルは柔軟性があまりにも異なると、力を加えた時にジェルが欠けたり、自爪が折れたりすることがあるためです、地爪にフィットするように作られているのです。また、カラージェルは発色の良さが重視されているので、顔料がたくさん含まれています。顔料の多いカラージェルを地爪につけてしまうと、地爪に色素沈着が起こる可能性もあります。爪にジェルの色がつかないように守るのも、ベースジェルの役目です。そして、ベースジェルはこの後に塗るカラージェルとトップジェルを、しっかり密着させる役割も持っています。「カラージェルだけ塗る」「トップジェルだけ塗る」では、地爪に密着するという効果が期待できず、すぐに取れてしまうのです。

ちなみに、オールインワンジェルでも、先にベースジェルを塗っておくだけで持ちが良くなる効果が期待できます。セルフジェルネイルの持ちが悪い時は、ベースジェルが分厚すぎないか、薄塗り過ぎないかをしっかり確認して、凹凸のないようにキレイに塗りましょう。

セルフのジェルネイルで使う基本のネイル道具

ジェルネイルは、推奨されている手順を守り、道具を用意して正しく使わないと「持ちが悪い」「剥がれやすい」「キレイに仕上がらない」といったことが起こりやすいです。マニキュアのように蓋にハケがついている「ジェルポリッシュ」や、ジェルネイル風の仕上がりが楽しめるマニキュアなど、手軽さを重視したアイテムもありますが、ネイルサロンに行ったかのような仕上がりのジェルネイルを楽しみたいなら、基本の道具を揃えておく必要があります。以下では、セルフジェルネイルを始めるための道具をご紹介します。







クリアジェル

その名の通り、色のついていないジェルネイル用の液体です。一口にクリアジェルといっても、地爪に直接塗る「ベースジェル」、最後のコーティングに使う「トップジェル」、長さ出しやパーツの固定に使う「ビルダージェル」など、様々な種類があります。

基本として必ず使うのが「ベースジェル」と「トップジェル」です。メーカーや商品のタイプによって、塗りやすさや扱いやすさ、固める時間、オフのしやすさが変わりますし、ベースにもトップにも使えるタイプも販売されています。さらに、ジェルには「ソフトジェル」というアセトンでオフができるものと、「ハードジェル」というアセトンでは落とせず、ジェルを全て削り落とす必要があるものがあります。「セミハード」という中間のクリアジェルもありますが、アセトンはそこまで浸透しません。ジェルネイル初心者なら、オフのしやすいソフトジェルを購入しましょう。

ベースジェルはサンディングが必要かチェック

近年は「ノンサンディングジェル」を使う方が増えています。これはジェルを塗る前の下準備である、地爪に少し凹凸をつけるためのやすりがけ=サンディングをする必要がないベースジェルです。そもそもジェルネイルの液は、つるんとした表面には密着しづらく、通常の爪にそのまま塗って、ライトで固めても、早いうちに取れてしまいます。そこで、プレパレーションとしてバッファーを使い、サンディングして爪表面に凹凸をつけると、ジェルが爪に定着しやすくなるのです。しかし、このサンディングは、地爪が薄く傷んでいる人にとっては、よりダメージを与えているのではないかと思われていました。そこで開発されたのが、サンディングをしなくてもジェルが地爪に密着する「ノンサンディングジェル」です。プレパレーションの短縮にも繋がるので、多くの人が利用しています。ベースジェルを買う時はメーカーの説明を見て、サンディングが必要なのか確認しておきましょう。

トップジェルはノンワイプかチェック

トップジェルには「ノンワイプジェル」という種類があります。これはジェルネイルを固めた後に出る「未硬化ジェル」が残らないクリアジェルです。ジェルネイルは、ベースジェルでもカラージェルでも、ライトで硬化するとベタベタとした未硬化ジェルが残ります。なぜベタベタが残るのかというと、ライトに当たったジェルは、空気に触れている部分だけ固まらないからです。未硬化ジェルは、消毒用エタノールやジェルクレンザーで拭き取ることで表面がつるつるになりますが、ベタベタしているせいで「ジェルが完全に固まっていない?」と勘違いしてしまう方も多いのです。ノンワイプジェルを使えば、未硬化ジェルが発生しないので、トップジェルを拭き取る必要がありません。ベタベタにならずつるんとした仕上がりがすぐに楽しめるので、ノンサンディングジェルと同じく使っている方が増えています。トップジェルも、購入時にノンワイプか否か商品名や説明書きをチェックしましょう。

カラージェル

どのメーカーも豊富なカラーバリエーションで販売されています。コンテナという蓋付きの容器に入っているものと、マニキュアのようにハケがついているボトルタイプがあるので、手軽さを求めるならボトルタイプ、収納のしやすさや、筆を数種類使う人はコンテナタイプを使いましょう。また、カラージェルにはラメやグリッター、マグネットパウダーなどが入った特殊な物もあります。ラメやパウダーが入るだけで印象がガラッと変わるので、様々なテイストのネイルが楽しみたい方におすすめです。

ネイル用ライト

ジェルネイルは可視光線という光で固まるので、ライトも必要です。UVライトとLEDライト、どちらも兼ね備えているハイブリッドライトがありますが、手持ちのジェルがどの種類のライトで固まるのか、事前に確認してから購入しましょう。ちなみに、近年販売されているジェルは、UVライトでもLEDライトでもどちらでも固まるように出来ています。しかし、LEDのほうが固まるのが早かったり、UVのほうが固まる時に温度が高くなる「硬化熱」が出にくいなど、ちょっとした特徴の違いがあるので、考慮した上でライトを選ぶのがおすすめです。







ジェルネイルブラシ(筆)

ジェルネイルを爪に塗るための筆で、コンテナタイプのジェルを使う時は、ジェルブラシが必須です。筆先の形は「スクエア」「オーバル」「フレンチ」「細筆」など様々な物がありますが、特にアートをしない場合は「スクエア」か「オーバル」のどちらかがあればOKです。ジェルネイル用の筆を用意しないと、キレイに塗れなかったり、筆がすぐだめになってしまうかもしれません。また、アートの用途に合わせてジェルブラシを用意すると、スムーズにネイルが完成しますよ。ジェルネイルブラシについては、ネイル女子の別記事でも解説しているので、ぜひ御覧ください。

⇒ジェルネイルの筆を使い分けるには?セルフネイルに便利な形やお手入れ方法を紹介

プレパレーション用の道具

事前ケア不要のジェルネイルもありますが、基本的にジェルネイルは塗る前にプレパレーションというネイルケアが必須です。ジェルネイルのプレパレーションに使う道具は以下のとおりです。

・エメリーボード(爪やすり)
・キューティクルプッシャー
・キューティクルリムーバー
・バッファー

プレパレーションのやり方を簡単にご紹介します。まず、エメリーボードで爪の形や長さを整えたあと、キューティクルプッシャーとキューティクルリムーバーを使って、甘皮をお仕上げ、ルースキューティクルを取り除きます。サンディングが必要なベースジェルを使う場合は、バッファーを使って表面を軽くやすりましょう。エメリーボードを使った時に、爪の切れ端である「バリ」があったら、バッファーでこするとキレイに取れますよ。

ジェルネイルオフのための道具

ジェルネイルは、つけっぱなしにすると段々と爪の根元が伸びてきて、爪先や根本からジェルが取れたり、欠けたりすることがあります。マニキュアよりも長期間持つジェルネイルですが、3~4週間経ったら、オフをして付け替えるようにしましょう。ソフトジェルのオフに必要な道具は以下の通りです。

・ジェルネイルリムーバー(アセトン)
・ファイル
・キューティクルプッシャー
・コットン
・アルミホイル

コットンは爪の大きさ程度に小さくカットしておきます。また、アルミホイルは指先が包み込めるくらいの大きさに切っておきましょう。オフのやり方はジェルメーカーによって少し異なるのですが、ここでは一般的なやり方をご紹介します。

まず、ジェルネイルの表面をファイルで軽く削っていきます。その後、ジェルネイルリムーバーを含ませたコットンを爪にのせて、アルミホイルで指先とぐるっと巻き、密閉状態にしましょう。ジェルネイルリムーバーは揮発性の高いアセトンが主成分なので、アルミホイルにスキマがあったり、コットンに含む量が少ないとすぐに乾いてしまいます。たっぷりとアセトンを含ませて、スキマからコットンが乾燥しないようにしっかりアルミホイルを巻きましょう。10分程度待ったら、アルミホイルとコットンを指から外します。ジェルがリムーバーによってやわらかく、ホロホロと崩れていることを確認したら、キューティクルプッシャーで除去していきましょう。この時、爪に密着しているジェルを無理やり剥がすのは絶対にNGです。自爪が傷つき、亀裂や欠けの原因になります。どうしても取れないジェルは、ファイルで少し削って、再度ジェルネイルリムーバーで浸して・・・を繰り返しましょう。爪にジェルが付いていないことが確認できたら、オフは完了です。

まとめ

セルフでジェルネイルをするには、一見たくさんの道具が必要そうに見えますよね。ベースジェルにも、塗らなくてはならない理由があるのです。ジェルネイル用の道具はセルフで使うならすぐに消耗することはありませんし、安価なアイテムで揃えてもOKという手軽さがあります。そして、セルフネイルを続けるうちに、クリアジェルや筆も自分のこだわりがわかってくるので、きっと使いやすいアイテムを探したくなるはずですよ。道具を揃えて、手順を守って、楽しいセルフネイルにトライしてみましょう。


おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント