ジェルネイルの筆を使い分けるには?セルフネイルに便利な形やお手入れ方法を紹介 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

最近はマニキュアのように蓋にハケがついている「ジェルポリッシュ」が数多く販売されていますが、基本的にジェルネイルを塗るには「筆」が必要です。ジェルネイルの液は、本来コンテナという容器に充鎮されており、筆がないと取り出して爪に塗ることができません。ハケ付きのポリッシュ型は手軽で便利ですが、プロのネイリストでもアートを描くには限界があります。また、セルフネイラーでも続けていくうちに、「もっとデザインやアートの幅を広げたい」「塗りやすいジェルや筆を探したい」と、いろんなアイテムを試してみたくなるはず。プロでもセルフネイラーでも、ジェルネイルを楽しむなら、筆は重要なアイテムの1つです。ジェルを塗りやすくするためにも、筆を数本用意し、用途ごとに使い分けてみましょう。今回は、ジェルネイルの筆の使い分けについて解説してまいります。また、ジェルネイルの筆先の形にはどんな種類があるのか、そして筆のお手入れ方法についても合わせてご紹介してまいります。

ジェルネイルの筆は何本使ってる?

コンテナ式のジェルを使う時は、ジェルネイル用の筆が必要です。油彩や水彩などの絵画に使う筆や、メイクブラシではなく、「ジェルネイル用として販売されている筆」を使うことが大切です。そもそもジェルネイルの液体は粘度が高く、とろみがあります。ジェルネイルの筆は、そんな液体が操作しやすいようなコシや、くり返し使える耐久性を備えているのです。用途の違う筆をジェルネイルに使うと、毛がすぐに消耗したり、そもそも爪に塗りにくく、扱いにくいということも考えられるので、必ずジェルネイル用の筆を購入してくださいね。

では、ネイリストやセルフネイラーは、ジェルネイルの筆を何本持っているのでしょうか。実は1本だけをずっと使っているという人はあまりいません。セルフネイルがメインで、使う頻度が低くても、2~3本を使い分けているという方が多いようです。また、プロのネイリストなら4~7本が平均ではないでしょうか。人によっては8本以上を細かく使い分けている人もいます。

ジェルネイルの筆は永久に使えるものではなく、消耗品です。1つの筆で頑張るには限界がありますし、使い分けることでよりスムーズに塗布ができ、アートの幅が広がります。自分が使いやすければ、筆は何本あっても良いのです。

ジェルネイル筆の基本の使い分け方

ジェルネイルを始めたばかりの人は、どのようにして筆を使い分ければいいのか迷いますよね。そこで以下では、基本の使い分け方についてご紹介してまいります。あくまで筆者が基準としている使い分け方なので、自分が使いやすくなるようにカスタマイズしてくださいね。

筆4本の使い分け方

筆者は4本の筆を使い分けています。別でアート用の細筆が2本ありますが、基本は4本だけでジェルネイルを完成させます。使い分け方は以下の通りです。

筆① ベースジェルやトップジェルなど、クリアジェルを塗る筆
筆② 白やベージュ、ペールトーンなど薄い色を塗る筆
筆③ 黒や赤、ネイビーなど濃い色を塗る筆
筆④ ラメやホログラム入のカラーを塗る筆

4本なら机の上に筆が増えすぎず、スムーズにジェルが塗れるのでおすすめです。

クリアジェル用に1本用意しよう

クリアジェルとは、その名の通りベースジェルやトップジェル、ビルダージェルやミキシングジェルなど、色味のないものを指します。これらのジェルは、1滴でもカラージェルが混ざると、濁って本来の透明感がなくなってしまうのです。ジェルの濁りを防ぐためにも、クリア用に筆を用意し、使い分けるようにしましょう。ちなみに、毎回筆をペーパーで拭くようにしていても、筆にクリアジェルを含ませてお手入れをしても、毛の根本には少量のジェルが溜まっていきます。筆を使い分けないと、毛の根元に溜まったジェルのせいで、いつの間にかクリアジェルのジャーにカラージェルが混じってしまったり、塗っている時に混ざってしまうこともあり得ます。やはりクリアジェル専用の筆を用意するのがおすすめです。

カラージェルは薄い色と濃い色で1本ずつ用意

クリアジェルと同様に、カラージェルも色が混ざらないように2本の筆を用意しましょう。具体的な使い分け方は、白、ベージュ、ピンク、ラベンダーやグレージュなどのペールトーンである薄い色用に1本、黒、赤、ネイビー、ブラウンなどダークトーンである濃い色用に1本です。
カラーによってさらに細かく使い分けている方もいますが、筆の数が多すぎると作業の邪魔になりますし、筆ごとにお手入れするのも大変です。カラージェル用に、軸部分の色が違う物を2本用意して、キャップをしていても用途がわかるようにしておくと便利ですよ。

古い筆をラメやホログラム入りのジェル用に使う

最近はうずらの卵のようなホロやフレークの入ったカラージェルや、マグネットパウダーやラメのたっぷりはいったカラージェルが人気です。しかし、ホロやラメは筆に入り込みやすく、ペーパーで拭いてもなかなか取れません。そこで、クリアやカラー用の使い古した筆を、ラメ・ホログラム用にしてみましょう。毛先がバラバラだったり、すり減っているような筆でもOKです。ラメやホログラムなら、多少異なる色味が混ざっても違和感はないので、神経質に筆をキレイにする必要もありません。さらに古い筆を再利用することで、よく使うクリア用やカラー用の筆を新調する機会にもなります。筆は消耗品なので、「使いにくいな」と思ったらホロやラメ用にして、新しい筆を購入しましょう。







筆先の形、種類をチェック

ジェルネイル用の筆は、筆先の形も種類豊富です。形によって使い分けることで、アートやデザインがより作りやすくなります。まずはどんな種類があるのか、以下でチェックしておきましょう。

平筆はクリアもカラーも使えるオールラウンダー

スクエア筆とも言われている平筆は、非常にオールラウンダーな筆です。クリアジェルやカラージェルを塗るのはもちろん、グラデーションを作ったり、フレンチを作ったりと、幅広く使用できます。筆者がネイルスクールに通っていた時、講師から「どんな時でも平筆が使いこなせれば、上手なネイリストになれる」と言われたことがあるほどです。平筆は角の使い方が大切で、キューティクルラインや爪先など、細かい部分も角でキレイに塗れます。セルフでジェルネイルをはじめる際に、どの筆を買うか迷ったら、まずは平筆を買ってみてはいかがでしょうか。ただし平筆の幅には注意が必要です。幅が大きいと細かな部分が塗りにくく、爪が小さい方はジェルがはみ出しやすくなってしまいます。筆を買う時は幅を確認して、地爪よりも少し小さな物を選びましょう。

ラウンド筆は塗りやすさ抜群

オーバル筆とも言われているラウンド筆は、毛先が半円のようにカットされています。キューティクルラインに沿って塗ることができるので、平筆と同じくクリアジェルやカラージェルを塗る時にぴったりです。多くのラウンド筆は毛先にかけて毛量が少なくなっているので、キューティクルラインを塗っても液溜まりがしにくく、根本がジェルで分厚くなる心配もありません。平筆でキューティクルラインが塗りにくい方は、ラウンド筆も試してみてはいかがでしょうか。ただし、ラウンド筆も、爪の幅より小さめの商品を購入しましょう。大きすぎると爪からはみ出しやすく、小さすぎると何回も塗らなくてはならないので、幅の確認は必須です。ちなみに、幅の狭いラウンド筆は、アートでフラワーの花びらを描く時に最適です。また、面に対して毛の当たり方が柔らかいので、ニュアンスネイルなどでぼかしを加えたい時にも使えます。

スピーディーにフレンチネイルが作れるフレンチ筆

毛先が斜めにカットされているフレンチ筆は、アンギュラー筆とも言います。独特な形ですが、その名の通りフレンチが作りやすい便利な筆です。フレンチネイルは、フレンチラインという曲線がぼやけてしまうと、あまりキレイに見えません。しかしフレンチ筆なら曲線や斜め線が描きやすいので、くっきりとしたライン取りができます。フレンチネイルは平筆を使って作る人や、ラウンド筆で拭ってフレンチラインを作る方もいますが、フレンチ筆を使いこなせればよりスピーディーに仕上げられます。さらに、フレンチ筆の半分にカラージェルを、もう半分にクリアジェルを付けて塗ることで、グラデーションネイルも簡単に作れます。ネイルデザインの幅を広げたい方は、持っていて損はありません。

細筆は長さや幅で用途が変わる

アートやライン、細かな部分の塗布に使えるのが細筆です。一口に細筆といっても、毛量や毛の長さが細かく異なり、それぞれで適した使い方があります。毛が短い物は操作がしやすく、手描きアートも描きやすいという特徴があります。反対に毛が長いものは、力の入れ方が難しいのですが、極細ラインやとても小さなアートも描くことができます。そして毛量が多い細筆は、ジェルを筆にしっかり取ることが出来るので、ドットや花びらが描きやすいです。毛量が少ない細筆はジェルを取る量も少なくなりますが、「ほんの少しだけここを描き足したい!」という時に最適です。どの細筆を買うか迷う方は、セット販売している細筆を購入し、「どれが使いやすいか」「どれをどんな時使うのが便利か」を比べてみると、ジェルネイルがもっと楽しくなりますよ。

ジェルネイルの筆はお手入れが大事

様々な形があり、使い分けのためにも複数本持つのがおすすめなジェルネイル用の筆ですが、ジェルという特殊な液体を扱うからこそ、こまめなお手入れが大切です。お手入れをしないと、すぐに筆が消耗し、使いにくくなってしまいます。以下では、ジェルネイル用の筆をお手入れする時のポイントをご紹介します。

①水洗いはぜったいにNG
ジェルにとって水は天敵です。水分があると持ちが悪くなったり、うまく固まらない原因になります。ジェルネイルの筆を水洗いするのは絶対にやめましょう。

②キャップをつけて保管しよう
ジェルネイルの筆は、どんなにペーパーで拭き取っても完全には拭き取れません。キャップをせずにそのまま保管すると、筆に付着したジェルが、家の電気や外からの日差しで固まってしまいます。また、筆先にダストが付く原因にもなります。筆が固まるのを防ぎ、清潔に保つためにも、キャップを付けて冷暗所に保管しましょう。筆用のキャップは単体で販売しているだけでなく、メーカーによっては筆とセットで売られているのでチェックしましょう。

③ジェルを塗り終わった筆は、ペーパーで拭き取る
「ベースジェルを塗り終わった」「カラージェルを塗り終わった」などのタイミングで、筆についているジェルをペーパーで優しく拭き取りましょう。こまめに拭き取ることで、ジャーの中に別のジェルが混ざりにくくなりますし、塗っている時に筆の中から別のカラージェルが出てきて、爪の上で色が混ざってしまった!なんてことも防げます。

④使い終わった筆はクリアジェルを付けて、筆全体になじませる
クリアジェル用や、薄いカラー用に使っている筆は、使い終えたら簡単なお手入れをして保管しましょう。まず、クリアジェルを筆に含ませて、ペーパーの上で筆を持ったら、毛の根元までジェルが馴染むように優しく左右に動かしましょう。その後ペーパーで筆についているジェルを拭き取り、毛先を揃えてからキャップをつければ終了です。毛先を揃えずにキャップを付けると、毛にキャップが巻き込まれて曲がってしまい、バサバサ毛先の使いにくい筆になってしまうので気をつけてくださいね。

⑤万能なブラシクリーナーを活用
濃いカラー用の筆や、ジェルを含みすぎて固く、扱いにくくなった筆は、「ブラシクリーナー」でキレイにするのがおすすめです。ブラシクリーナーとは、その名の通りジェルネイルの筆をキレイにするための液体です。エタノールやアセトンでも筆についたジェルは落とせますが、毛が傷みやすく、材質によっては筆が溶けてしまう可能性があるので、なるべくブラシクリーナーを使うようにしましょう。使い方は簡単で、小さな容器(ペットボトルの蓋のようなサイズでOK)にブラシクリーナーを少量入れて、毛全体を液体に浸すようにして、筆を細かく動かします。だんだんとクリーナーが濁ってくるので、筆がキレイになったことを確認したら、ペーパーで筆を拭き取りましょう。その後、筆にクリアジェルを含ませて、毛先を揃えて、キャップをつければお手入れ完了です。

筆者が使用しているのはこの「Ochimusha」というブラシクリーナーです。少量で筆がキレイになって、新品のようなサラサラの毛になるのでとても重宝しています。

ジェルネイルに欠かせない筆は用途によって使い分けて、毎回お手入れを欠かさないようにしましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント