ネイルサロンでジェル以外のメニューは?きれいな手で新年を迎えましょう | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.ネイル女子 – Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

もうすっかり寒くなり、何もしていなくても日々手の乾燥は増すばかりです。それに加え12月は年末に近づくにつれ掃除や料理などで手を酷使する機会が増えていきます。普段から美容院で髪はキレイにしても、ネイルサロンはネイルをしている方以外はほとんど行かないと思います。実際、現在のネイルサロンはジェルネイルが主流になっていますが、ジェルネイルに抵抗がある方は、店舗によってマニキュアを施術してくれるところがあるというのはご存知でしょうか?またジェルもマニキュアも必要ないという方には、爪だけでなく、ハンドケアのメニューが充実しているお店などもたくさんあります。そして年末に近づくにつれ、初めてジェルをする方や付け替えをする方の他に、完全にジェルをオフする(取る)方が増えます。オフする理由は、今年も一年間ジェルネイルをし続けているので、年末年始は自爪を休憩させたいと思う方が多いようです。普段ジェルをしている方はジェルをオフした後、ハンドケアのメニューをサロンで受ければ素の爪にもたっぷり栄養を与えることができますね。他にも元々自爪が薄く不安がある方には、強化剤の効果があるマニキュアを塗ってくれることもあります。ネイルサロンにはジェル以外にも多くのメニューが存在し、ご存じの方々はそれを上手に利用しています。今回はネイルサロンに行くことのメリットと実際に通っている方々がジェル以外にどんなことをしているのかをご紹介していきます。

ネイルサロンに興味はあるけどなんだか行きづらい

どんな場所でも初めて行くところはなんだか不安ですよね。例えば同じ初めてでも、レストランは『食事をする場所』、映画館は『映画を観る場所』など目的が明確です。しかしネイルサロンはどうでしょうか?『ネイルをキレイにする場所』に違いないのですが、ネイルをキレイにするってなんだか漠然としていますよね。キレイになることには興味があるけど、何となくネイルサロンには行きづらいという声は後を絶ちません。いったいなぜなのでしょうか?以下で、行きづらい理由とネイルサロンでできることをお伝えしていきたいと思います。

ネイルサロンでみんながやっていること

行きづらい理由として一番多いのは「ジェルをやらないから」という意見です。ネイルサロンには実際にジェル専門店が多く、ネイルサロン=ジェルネイルをする場所だと思っている方がほとんどです。しかし、ネイルサロンにはジェル以外にもたくさんのメニューがあります。例えば、爪に亀裂が入った、欠けてしまった!なんて時には爪を形成するメニューがあります。そして甘皮の処理や爪の長さの調整といったネイルケアメニューだけを受けることもできます。サロンによってはメニュー表になくても、マニキュアのメニューを取り扱っているお店もたくさんあります。マニキュアは乾くまでに時間がかかるのですが、やはりプロに塗ってもらうと持ちもツヤも抜群に良いです。ですから今でもサロンでマニキュアをオーダーする方はたくさんいます。次にネイルサロンに行きづらい理由でよく耳にするのは、いまさら人に手を見せるのが恥ずかしいということです。爪が小さい、形が悪い、手がガサガサ・・など、気になる所をあげればきりがないですよね。でもそれは余計な心配です!ネイリストはあらゆる手と向き合っている、手と爪を美しくするプロです。手に自信がない方もサロンに行って気になることを相談すれば、世界が広がるかもしれません。ジェルをしなくてもハンドケアや爪の形を整えるだけで、手は見違えるほどキレイになります。







ケアってどんなことするの?

ネイルサロンでのケアには色々な種類があり、お店によって取り扱っているメニューが違います。そこで基本のケアの種類をお伝えします。ケアの種類を知っていれば、困ることなくお店に問い合わせすることができますね。

ケアの種類

・ドライケア…乾いた状態の爪に行う、ジェルを爪にしっかりと定着させるための簡易的なケア方法です。セラミックプッシャーという道具を使い、甘皮の押し上げ・爪にへばり付いた角質(これをルースキューティクルといいます)の除去をしていきます。そしてジェルをより定着させるには、爪の表面に傷をつける工程(サンディング)が必要ですが、このセラミックプッシャーを使えば、同時に爪の際の細かい所までサンディングができます。

・ウォーターケア…お湯に指をつけ指先の皮膚や角質を軟らかくしてから行う、本格的なケア方法です。軟らかくなった甘皮を押し上げ、ガーゼとニッパーを使い余分な甘皮やルースキューティクルをキレイに除去していきます。ネイルサロンで行うケアと聞いてイメージするのは、このウォーターケアではないでしょうか。ウォーターケアはジェルをつける前のケアとしてはもちろん、ネイルケアだけをしたい人にもおすすめです。もし予約をするときはウォーターケアの取り扱いがあるかをお店に確認しましょう。

・ファイリング…爪を短くしたり形を整えたりすることです。ファイリングにより爪の形が整うと、手に清潔感がでて印象がとても良くなります。注意して欲しいのは、オフをしたあとの自爪が延びていて短くして欲しいと思っても、ファイリングは別オーダーになるお店が多いということです。そのためせっかくなら爪の形も整えたい!と思う方は、選んだメニューの中にファイリングが含まれているのかを事前に確認しておくと安心ですね。

・その他のスペシャルケア…ネイルサロンでは上記以外にもケアメニューを用意しています。ハンドマッサージやスクラブケア、ハンドパックや爪磨きなど種類は様々です。ケアメニューを取り扱っているサロンでは、爪や手のメンテナンスメニューだけでも喜んで施術してくれるので、ジェルをしない方も気にせずお願いしてみましょう。

このようにメニューは色々とありますがためしにネイルケアをしてみたい方は、まずはウォーターケアをお願いしてみて下さい!



まとめ

ネイルと聞くとつい爪のことをイメージしてしまいますが、ネイルサロンは爪だけでなく爪先~手全体をキレイにするところです。それがわかればジェルをするしないは関係なく気軽に行くことができますね。ぜひ一年頑張ったご自身の手にご褒美を!キレイな手でお正月を迎えられてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント