ネイルチップはジェルを使って付けると良いはウソ?ホント? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

ネイルチップの付け方を調べていると「ネイルチップはジェルネイルを使って貼り付けると良い」と目にすることがあります。

果たしてジェルを使ってネイルチップを付けることは本当におすすめなのでしょうか?

今回は、ネイルチップの付け方はジェルを使うのが正解なのかという疑問についてお答えします!

ネイルチップはジェルで付けてもいいの?

普段ネイルをしていなくても、お休みの日や特別な日にはネイルチップを使ってネイルを楽しみたい時がありますよね。

でもいざチップを装着すると、何だか取れてしまいそうで不安になったことがある人も多いのではないでしょうか。

そして、最近話題なのが「ジェルネイルでチップを付けると良い」という噂があることです。

確かに、ジェルはライトに当てればカチカチに固まりますし、持ちも良いという特徴があります。
ジェルでチップを付ければ、かなり取れにくくなりそうですよね。

では噂通り「ジェルネイルでチップを付けると良い」は本当なのでしょうか?

結論から言えば答えは「NO」です!

ネイルチップの接着剤としてジェルを使用するのは、ネイリストの観点からもおすすめできません。

ジェルを使うのはNGな理由

バツ印の札を持つ女性

ジェルで付ければ、ネイルチップが取れにくくなりそうなのに、なぜ使ってはいけないのでしょうか?

それは「ライトの光が当たりにくいから」、そして「チップを外すオフが難しくなるから」です。







ライトを当てても固まらない!?

ジェルネイル硬化用のライトに手を入れる写真

ネイルチップは全面にカラーが塗ってあったり、グラデーションなどのデザインや可愛いアートが施されていますよね。

しかし、カラーやデザインが施されていると、その部分がライトの光を遮ってしまい、しっかりジェルを硬化することができません。

つまりジェルを接着剤代わりに塗って、爪にチップを貼り付けても、カラーやデザインがあるかぎりライトの光がジェルまで届かないので、爪にくっつかないのです。

せっかく可愛いデザインのネイルチップでも、爪に付けられないなら意味がないですよね。

ちなみに、上記の理論なら「カラーやデザインが何もない、クリアのネイルチップならジェルで付けられそう」と思う方もいるのではないでしょうか?

確かに、クリアのネイルチップならライトの光を遮る要素がないので、チップと爪を接着することは可能です。
それでもジェルを使ってチップを付けるのはおすすめできません。
これには別の理由があるのです。

チップを外す時が大変!

オフに失敗して爪がボロボロになってしまった手元のアップ

ジェルでチップを付けてしまうと、チップを外したいときのオフが格段に難しくなってしまいます!

そもそもジェルネイルは簡単にオフできないというのはご存知の方も多いはず。
基本はネイルファイルで削って、アセトンやジェルリムーバーに浸すという作業が必要ですよね。

つまりジェルを使ったら、チップの下にあるジェルをオフしない限りチップは外せません。
チップと爪の隙間からジェルだけオフするのは現実的ではないので、チップをたくさん削ってアセトンで溶かす、を繰り返さなくては外せないのです。

削ってしまったらネイルチップは二度と使えませんし、チップは厚みがあるので削るのが大変です。
オフに慣れていない人なら、うまく落とせなくて自爪まで傷つけてしまうことも・・・。

このように、ネイルチップをジェルで付けるのはかなりハイリスクなのです。
ネイルチップと自爪のためにも、ジェルを接着剤代わりにするのはやめておきましょう。

ネイルチップは専用の接着剤を使おう!

ネイルチップを付けた晴れ着姿の女性の手元のアップ

ネイルチップは、ネイルサロンはもちろん、インターネットでも自分好みのチップをフルオーダーすることができます。

フルオーダーならそれぞれの爪のサイズに合わせて作成されるので、付け爪独特の浮くような感じは出ず、自然な仕上がりに見えるのです。

しかし、ネイルチップを自然に見せるには接着剤や付け方が大切になってきます。
ネイルチップのクオリティがどんなに上がっても、使用当日、実際に取り付けるのは自分自身だからです。

では、チップの接着剤は何を使うのがベストなのでしょうか?
ネイリストとしては、以下のように選ぶことをおすすめします!

Q.チップが絶対に外れたくない時は?

A.ネイルグルーを使うのがおすすめ!

ネイルグルーは、チップ用の接着剤で最も長持ちが叶うアイテムです。
チップを付け直す時間がなかったり、大切な日だから絶対に外れたくない!というときにぴったり。

ただし、ネイルグルーを使ったチップは再利用できません。
外す時は除光液を使う必要があり、除光液はチップも溶かしてしまうということを覚えておきましょう。

Q.チップと爪に隙間ができやすい時は?

A.粘着グミがおすすめ!

粘着グミはぷにっとしたグミ状の接着剤です。
チップと自爪に隙間があるときに使うと、粘着グミの厚みが隙間を埋めてくれます。

ただし、ネイルグルーと比べると持ちは少し弱めなので注意。
ですが粘着グミは外しやすく、チップの再利用も可能なので、ネイルチップ初挑戦という方でもトライしやすいのではないでしょうか。

Q.手軽でプチプラなものはあるの?

A.ネイル用両面テープがおすすめ!

ネイル用の両面テープは、大容量でプチプラの商品が数多く売られています。
100円ショップで取り扱っていることもあるので、お試しで付けたい時にもぴったりです。

ただし、両面テープの接着力はグルーやグミよりも弱いので要注意。
両面テープで付けた時は、チップや指先に負荷をかけないように気をつけて過ごしましょう。

ちなみに、
チップ用接着剤の正しい使い方は、以下の記事で詳しく解説しているので是非チェックしてください♪

正しいネイルチップの付け方をネイリストが解説|おすすめチップも紹介
https://www.nailjoshi.com/80870/

ネイルチップはジェルではなく専用の接着剤を使って、爪にもチップにも優しく楽しんでくださいね♪







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント