ジェルネイルの浮きを応急処置!持ち良くネイルを楽しむには? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ネイルサロンでも、セルフネイルでも気軽に楽しめるジェルネイルは、日にちが経つと浮いてきてしまうことがあります。「ジェルネイルが浮く」とは、つけているジェルネイルと爪に隙間ができることを指し、隙間があることでジェルが剥がれてしまうだけでなく、爪が欠けてしまったり、髪の毛や服が引っかかるなど、普段の生活に支障を来すこともあります。しかし、忙しい現代人ですから、爪から浮いたジェルをすぐにオフして、塗り直すのは難しい場合もありますよね。今回の記事では、ジェルネイルが浮いてきたらどのような応急処置があるのか、おすすめの方法をご紹介します。そしてせっかくつけたジェルネイルが浮きやすいという方のために、ジェルネイルを長持ちさせる方法も合わせてご紹介してまいります。

ジェルネイルが浮く・持ちが悪いのはなぜ?

ジェルネイルはマニキュアと比べて丈夫な素材でできています。ジェルネイルの液を爪に塗って、ライトに入れると、プラスチックのように固まり、爪に密着しますよね。この性質のおかげでジェルネイルは長持ちするのです。ちなみに持ちは基本的に2~4週間で、これ以上の期間つけっぱなしでいるのはおすすめできません。とはいえ、マニキュアは数日~1週間の持ちが基本なので、かなり持ちがよいということがわかります。では、そんな持ちの良いジェルネイルが付け替え期間を待たずに浮いてしまうのは、一体なぜなのでしょうか。主に以下のような理由が考えられます。

ジェルをつける前のプレパレーション不足

ジェルネイルをつける前のネイルケアを「プレパレーション」と言います。セルフネイルの場合、このプレパレーションが足りないままつけているせいで、ジェルが浮いてしまうことが多々あります。ジェルネイルを塗る前のプレパレーションには、「爪の長さや形を整える」「甘皮を押し上げて、ルースキューティクルを除去する」「爪の油分・水分除去」の3つがあります。例えば、しっかりと爪の長さや形を整えていても、爪先に削りカスやバリがついていると、先端からジェルネイルが剥がれてしまいます。また、甘皮の押し上げ不足や、ルースキューティクルが取り除けていないと、爪の根元からジェルが浮きやすいです。そして忘れがちなのが「油分・水分除去」です。爪の表面や先端に油分や水分が残っていると、しっかりジェルを塗っても弾いてしまいます。ジェルが縮む原因にもなるので、プレパレーションはしっかり行うよう心がけましょう。

爪先や指先を雑に扱っている

意外と浮く原因になりやすいのが、爪先や指先の扱い方です。ジェルネイルは丈夫な素材でできていますが、日常生活で少しずつ摩耗します。例えば爪先でシールやフィルムを剥がしたり、缶のプルタブを開けたり、スマホの操作、パソコンのキーボードを打つ時など、普段の生活で爪先や指先を使うことはとても多いです。ジェルネイルがついていることを気にせずに爪先や指先をたくさん使うと、残念ながら剥がれやすくなります。また、ハンドメイド・手作りで雑貨やアクセサリーを作っている人や、細かい作業を要されるお仕事をしている人も、ジェルネイルが浮きやすい・剥がれやすい傾向にあります。

自爪が薄い・ダメージがある

元々自爪が薄い人や、爪にダメージがあると、ジェルが浮きやすい傾向にあります。爪が薄くなっていると、爪先に強い力がかかった時に、爪とジェルがぐにゃっと曲がってしまうことがあります。爪が曲がってしまうと爪とジェルに隙間ができやすいので、ジェルの浮きに繋がります。

温泉・プール・サウナ・ホットヨガが好きな場合も要注意

ジェルネイルはある程度の水分に耐えられますが、爪は長時間水やお湯に浸かっているとふやけてしまいます。ふやけた結果、爪の形状が乾いている時に比べて少し変わるので、ジェルが浮きやすくなります。長風呂や温泉が好きな方はもちろん、プールやホットヨガに通っている方、サウナや岩盤浴が好きな方は、ジェルネイルが浮きやすくなるので要注意です。

ジェルネイルが浮いてきた時の応急処置

もしジェルネイルが浮いてきたら、すぐにオフして付け替えることをおすすめします。しかしネイルサロンに通っている人や、セルフネイルをしている人でも、なかなかすぐに付け替えられないですよね。そんなときは、以下のような応急処置を施しましょう。







①ジェルが浮いている爪だけでもオフする
30分~1時間ほど時間が取れる方は、ジェルが浮いている爪だけオフしてしまってもよいかもしれません。10本全ての指についているジェルをオフするのは時間がかかりますが、1~2本ならゆっくり進めても30分ほどでオフできるのではないでしょうか。普段ネイルサロンに通っている人でも、緊急時のためにオフする方法を覚えておくのはおすすめです。オフするための道具は「ジェルネイルリムーバー(アセトン)」「ファイル」「コットン」「アルミホイル」「ウッドスティック」の5つがあればOKなので、是非この機会にトライしてみてくださいね。ちなみに、道具を購入するならネットショップはもちろん、ドラッグストア・薬局でも購入できるので、こちらの記事をご覧ください
→ジェルネイルのオフは薬局で道具が買える?しばらくネイルサロンに行けない場合はどうする?

ネイリストのおすすめポイント:多くのドラッグストアでも取り扱いのある、ディーアップのリムーバーです。容量も多く、購入しやすい価格が人気のポイントです。

ネイリストのおすすめポイント:ジェルネイルオフに必要なリムーバー、ファイル、ウッドスティック、ワイプ、くり返し使えるオフ用のクリップも入っているセット品です。これ一つでジェルネイルのオフができちゃいます。

ネイリストのおすすめポイント:ジェルネイルの表面をやするファイルは、目の粗さが150グリッドの商品がおすすめです。粗すぎず、細かすぎないファイルなので削りやすいですよ。

②浮いているジェルだけカットする
浮いている部分が大きく、布や髪が引っかかってしまう場合は、ネイルニッパーでカットしてしまうのがよいでしょう。細かい作業がしやすいネイルニッパーを使うのがおすすめですが、持っていない方は爪切りでもOKです。カットしたあとは、尖った部分が残らないようにファイルやバッファーで少しやすっておくと安心です。

ネイリストのおすすめポイント:細かい部分や小さな爪もカットしやすいネイルニッパーです。ステンレス製は錆びにくいので、長く使えるのも嬉しいポイントですね。

ネイリストのおすすめポイント:ファイルよりも優しい削り心地のバッファーは、ジェルネイルはもちろんネイルケアにも使用できます。1本あると便利なアイテムです。

③ネイル用グルーで隙間を埋める
ネイルチップの装着や、自爪の割れをリペアするのに使えるネイルグルーを利用しましょう。ネイルグルーはその名の通り自爪に使える接着剤です。使い方は簡単で、ジェルネイルが浮いている部分にネイルグルーを入れて、爪とジェルが密着するようにくっつけます。量が多いと爪や甘皮、皮膚にはみ出してしまうので、ちょっとずつ使うようにしてくださいね。ちなみに、ネイルグルーは自爪に使ってもよい接着剤ですが、文具用や工具用の接着剤は人体に使うことを想定していない材料で作られています。使ってしまうと自爪や皮膚に悪影響どころか、ジェルがなかなかオフできないなんてこともあるので、必ずネイルグルーを使いましょう。

ネイリストのおすすめポイント:ビューティーネイラーのネイルグルーは、強度が高くネイルグルーの中でも人気の一品です。爪の割れ補修にも使えますよ。

ネイリストのおすすめポイント:ネイル用品・ジェルネイルメーカーとして人気が高いプリジェルが販売しているネイルグルーです。ハケタイプなので、初心者でも扱いやすくなっています。

④クリアジェルでコーティングする
ジェルネイルが少しだけ浮いている、欠けている場合は、クリアジェルを使ってコーティングするのも一つの手です。まず、浮いている部分はネイルニッパーでカットしたり、ファイルで削ります。その後はファイルやバッファーを使って、段差ができないよう全体を軽くやすりましょう。削った後はダストを拭き取って、トップジェルなどのクリアジェルで全体を覆い、ライトで固めます。ノンワイプジェルを使うと拭き取りの手間が省けますよ。

ネイリストのおすすめポイント:ノンワイプジェルで特にネイリストから支持されているのがキャンジェルシリーズです。キレイなツヤ感と、硬化熱を削減した作りが人気のポイントです。

ネイリストのおすすめポイント:ココイストというジェルメーカーはツヤ感を重視したノンワイプトップジェルを販売しています。使いやすい量でネイリストはもちろん、セルフネイラーにもおすすめです。

上記でご紹介した4つの方法は、あくまで応急処置です。応急処置したジェルネイルはそのまま放置せず、なるべく早めにネイルサロンで付け替えるか、セルフネイルでオフして付け直すようにしましょう。放置していると、ジェルと爪の間に緑膿菌が増えて、グリーンネイルになってしまうかも・・・。ジェルネイルは正しい期間で付け替えることと、浮いてしまったら放置せずオフor付け替えることを心がけてくださいね。

ジェルネイルの持ちが良くなる過ごし方

ジェルネイルはつける時の自爪の状態や、ジェルと爪の相性によって持ちが左右されます。しかし、ジェルが浮いてしまう原因はそれだけではありません。下記のように、ジェルの持ちを考えながら生活すると、よりジェルが長持ちしますよ。

水に長時間触れないようにする

例えば、お風呂に入るときはネイルをしている指先だけお湯から引き上げておく、洗い物などをするときはゴム手袋をつけるなど、ジェルネイルが水やお湯に長時間触れないように工夫しましょう。ジェルが浮きやすい方は、長風呂を避けることも効果的なようです。

爪先は使わず、指の腹を使う

キーボードを打つ時やシールを剥がす時など、普段の生活でも爪先はついつい負担をかけがち。そこで意識して爪先を使わず、指の腹を使うよう心がけましょう。また、缶のプルタブを開けるときは、コインを使うようにしてみてください。爪先に負荷がかかってジェルや爪が割れるのを防げます。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント