パラフィンパックの効果が持続しない?手荒れのカサカサなんとかしたい! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

「パラフィンパックってなんだろう…?」なんとなく気になったことはありませんか?手荒れやカサカサがなかなか良くならずに悩んでいる人は多いと思います。手の場合、肌荒れが少し良くなってきても、またすぐに水仕事などで手を使ってしまうのでとても厄介です。手のカサカサが気になった時、最初に思いつくハンドケアの方法はとりあえずハンドクリームを塗ることですよね。世の中には数え切れないほど様々なハンドクリームが売られています。そのため色々と試してみては効果が得られず…、を繰り返してきているのではないでしょうか。ハンドクリームを塗ることはとても大切で、乾燥した手肌に潤いを与えしっとりとした手にすることができます。しかしほとんどの場合、ハンドクリームでは肌の表面を保護して滑らかにすることはできても根本的な肌荒れを改善しているわけではなく、しばらく経つと手はまたカサカサになってしまいます。では、ケアサロンやネイルサロンのようなハンドケアに特化した場所でプロにケアを頼んだ場合、本当に効果はあるのでしょうか?特に近年サロンのケアメニューで目にすることが増えている「パラフィンパック」はどうでしょう。パラフィンパックは「聞いたことはある・気になったことがある、でもやったことはない」そんな人が多いケアでもあります。パックをすることでの効果や、はたして自分に必要なケアなのか?など、いまいちどんなものか良くわからないため、そのまま試すことなく過ぎてしまいがちです。またパラフィンパックをしてその時はキレイな手肌になってもその効果がある程度持続しなければ、なんだか損した気分になり、あまり意味がなかったと思ってしまいますよね。しかし、どんなにサロンでハンドケアをしても、手はその後すぐに使うことになるパーツです。パラフィンパックで得たケア効果を持続させ、少しでも長く維持するには、そのまま満足して終わらせるのではなく、効果を維持させるために意識することが大切です。今回は、気になるパラフィンパックについて詳しくご紹介します。

手荒れの原因

一度荒れてしまうとハンドクリームを塗ってもなかなか良くならないカサカサな手…。手はどうしてこんなに荒れやすいのでしょうか。特に女性は男性と比べて肌の油分が少なく皮膚も薄ため、より手荒れしやすいと言われています。そもそも手荒れとは、皮膚の内部が乾燥してしまっている状態で、その原因は角質層の損傷によるものです。どうして角質層が損傷すると肌が乾燥するのでしょうか?角質層とは肌の見た目を左右する表皮にあたる部分で、健康な状態であれば水分を10%~15%程含む吸水性と保湿性があります。普段私達が化粧水で潤いを与えているのが角質層です。そして角質層の細胞同士を結び付ける役割を果たしているのが脂質です。この細胞同士をくっつけていた脂質がなくなることで角質層が乱れ、本来の保湿力が弱まることで肌が乾燥し肌荒れの原因となります。

手を乾燥させる原因

では、手荒れを引き起こす「手の乾燥」は一体どのようなことが原因で起こるのでしょうか。

・食器を洗う時にお湯を使う
食器の油汚れをスッキリ落としたいと思ったら水で洗うよりもお湯の方がよく落ちるので、ほとんどの人はお湯と食器洗剤を使います。単純に考えてみてください。油汚れが落ちやすいお湯は、当然手肌の油分も奪っていき、さらに食器洗剤を使うことで油分を完全に除去してしまうのです。

・手先を使う仕事をしている
アパレル関係のお仕事で常に衣類に触れている人やコピー紙やダンボール等の紙類を頻繁に触る人は、その都度手の油分や水分が奪われています。乾燥した手で衣類を触れば荒れた指先がザラザラと引っ掛かります。また書類を整理したくても、乾燥した指では紙を上手くつまむことができません。しかし仕事上、売り物の洋服や書類に油分をつけるわけにはいきません。手が乾燥していることがわかっていてもハンドクリームをつけるわけにはいかずにより肌荒れしやすくなります。

・石鹸やアルコールをよく使う
飲食関係や医療関係の人は、人一倍手を清潔にしています。このように石鹸を使って手を洗う回数がとても多い人やアルコール消毒をする回数の多い人は、皮膚の脂質が常にない状態に等しく、肌荒れしやすいです。

肌荒れする共通の要因は…

・食器を洗う時にお湯を使う
・手先を使う仕事をしている
・石鹸やアルコールをよく使う
このように、全ての作業に共通しているのは皮膚の脂質が奪われる行動です。

肌荒れしてカサカサな手がなかなか治らない人は、油分がスッキリとしそうな何気ない行為は「そのまま手の油分も奪う!」と覚えておきましょう。そしてゴム手袋をするなどして、油分を奪いそうなものにはできるだけ直接触れないように意識するよう心掛けて下さい。

パラフィンパックって何?

できるだけ手荒れしないように意識して生活していても、身体一の働き者「手」を乾燥させないようにするのは不可能に近いですよね。特に家事をする人は、自分でハンドクリームを塗ってケアするだけではケアが追いつかない場合がほとんどではないでしょうか。「パラフィンパック」はネイルサロンやエステサロンでは以前からあるパック法で、決して新しいケア方法ではありません。しかし近年の「自爪育成ブーム」により、ハンドケアの需要が高まっています。ネイルサロンでもネイルをしないで「ハンドケア」や「自爪ケア」に特化したスペシャルなケアメニューを用意する店舗が多くなり、以前からあったパラフィンパックの取り扱いをここにきてはじめるサロンが増えています。では、パラフィンパックには一体どのような効果があるのでしょうか。

・パラフィンパックとは
パラフィンパックとは、パラフィンつまり「蝋(ロウ)」を使ったパックのことです。パラフィンを専用の保温機で40~50度に温め、溶けたところに手や足を浸けていきます。パラフィンパックに使われるロウには、ビタミンやホホバオイルなど保湿美容成分が豊富に含まれていて、それらの成分を肌に浸透させるためのパック美容法です。







パラフィンパックの効果

パラフィンパックの効果で最も期待できるのは「優れた保湿効果」です。美容成分をたっぷりと含み温められたパラフィンは、お肌の血行を良くしていきながら肌の奥までじわじわと浸透していきます。肌の乾燥を内側から改善していくので、カサカサだった手は、キメが整いもっちりとしたツヤとハリのある手肌へと導いてくれます。また硬くなった角質を柔らかくする効果もあるので、パック後はいつものハンドクリームの浸透が良くなりセルフケアの効果が上がります。自爪の人は爪の保湿効果もあるので、乾燥で白くなってしまった爪や、できてしまった縦筋にも効果的です。そしてパラフィンパックは香りの良いものが多いので美容効果だけでなく、アロマによるリラックス効果も期待できます。

パラフィンパックの主な効果は…

・血行促進
・美容成分を肌の奥まで浸透
・保湿効果
・角質を柔らかくする
・自爪に潤いと栄養を与える
・リラックス効果

様々なハンドケア法がありますが、特にパラフィンパックは乾燥による肌荒れにお悩みの方におすすめの美容法です。

パラフィンパックの効果を持続させるには?

溶かしたパラフィンに手を浸けるだけの簡単美容のパラフィンパックですが、サロンで人気の理由は効果がすぐにわかる即効性にあります。ビフォー・アフターの変化が目に見えてわかるのでお客様の満足度が非常に高いのです。しかし残念ながら、その効果は持続しにくいです。そのため定期的にケアすることが理想です。しかし、サロンで定期的にパラフィンパックをするとなると費用がかかりますし時間も必要です。そのため一度やったパラフィンパックの効果をできるだけ維持できるようにしたいですよね。まず必要なのは、サロンでケアが終わった後の手の状態はとても良いので、嬉しくてそのままにしがちですが、ここで大切なのがその後のセルフケアです。帰宅したら手を洗うと思いますが、その時に必ずハンドクリームをたっぷりと塗り、手袋をしましょう。パラフィンパックで浸透させた美容成分は即効性がある分保持力も弱いので、できるだけ閉じ込めるようにします。また、パックをしたことでキメが整い角質が柔らかくなっているので、乾燥で皮膚が硬くなってしまう前に保湿し、柔らかい状態をキープしましょう。パラフィンパックの美容効果がなくなったら、継続して自分のハンドクリームの美容成分や保湿成分を肌に入れ込んでいくイメージです。
パック後、できるだけ時間を空けずにセルフケアに取り掛かりましょう。

おすすめのセルフハンドケア

ハンドケアの効果をより上げるには、手とクリームをよく温めることで浸透が良くなります。お気に入りハンドクリームを小さな容器に一回分出し、湯煎又は電子レンジで5秒~10秒程温めます。温めたクリームが準備できたら、熱めのお湯で手を洗いましょう。水分を軽く拭き取り、温めておいたクリームを手の平でしっかりと馴染ませます。クリームを馴染ませた状態でもう一度お湯で手を洗いましょう。クリームの油分で水分を弾きますが、あまり気にせず温水で流水温パックをしているつもりで、手を流していきましょう。もう一度タオルで水分を拭ってみてください。この段階で、まるでパラフィンパックした後のように、肌は油分と水分で満たされ、血行の良いしっとりとした手肌になっているはずです。乾燥や肌荒れがひどい人は、この工程を何度か繰り返してみてください。満足のいくしっとり感になったら、最後の仕上げにハンドクリームを塗ります。可能であればしばらくの間は手袋をして過ごしましょう!乾燥している肌に直接クリームを塗っても、肌が油分を弾いてしまい浸透しません。水分を与え温めながら少しずつ浸透させることで、肌に潤いを取り戻すことができますよ。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント