ささくれが親不孝と言われるのはなぜ?痛い時のためのハンドケア | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

寒くなるにつれ日々乾燥してきますね。ふと何気なく手を見たら、自分の指先がささくれだらけでビックリ!そして気になってつい引っ張るとかえって傷が深くなって血が出てきた・・・なんてことも。地味に痛いですよね。そんな経験を一度はしたことがあるのではないでしょうか。そうなるとなかなか治らない上に見た目もあまり美しくないので、女子力半減でテンションも下がります。さらに、何処からともなく聞こえてきた「ささくれができると親不幸」という謎の説はご存じでしょうか?「夜に爪を切ると親の死に目に会えない」といったものと同じ分類だとは思いますが、ささくれが親不孝と言われるのは何故なのでしょうか?痛いだけではなく、そんな言い伝えまであるなんて、ささくれなんてできないに越したことないですね。ではどうしてささくれができるのか、できてしまった時や、ささくれを予防するためのハンドケア方法をこの記事でご紹介してまいります。

ささくれがあると親不孝って何??

ささくれを見た誰かが「親不孝だね」と言っているのを聞いたことはありませんか?日本には昔から『夜に爪を切ると親の死に目に会えない』『茶柱が立つと良い事がある』など、言い伝えられている迷信が沢山ありますね。こういったものは、科学的根拠はないにしても、昔の人々が日々生活の中での気付きを伝えていこうとしたものが、今日まで迷信として残っています。『ささくれがあると親不孝』ですが、これもまさに語り継がれている迷信の一つです。ささくれがあるだけでも気になるのに、さらに親不孝だなんてショックですよね。しかし、そう言われるには理由があります。諸説ありますが、一つ目は、昔は家事や農作業を手伝うのが当たり前の中ささくれができてしまうと痛くて手伝えないことから「家の手伝いが出来ない子=親不幸」という説、もう一つは、ささくれが栄養不足や睡眠不足などによる不摂生な生活からくる症状だと考え、親を心配させることから「親を心配させる=親不幸」という説。後の説の方が現代の私たちにはしっくりきますね。子供の健康を気遣った親の気持ちを伝えているものだと知ると、「ささくれができるのは親不孝」と言われてもショックを受けるのではなく、素直に「ごめんね」と思える気がしますね。

ささくれができる理由

そもそもささくれとはどんなものかと言うと、主に爪回りの皮膚の表面が勝手にむけてしまった状態のことです。さかむけと言う人もいますが症状としては同じものです。爪の周りの皮膚は実はとても弱く、簡単にむけやすくなっています。指先が物にぶつかるなどして小さな傷ができると、皮膚がむけてしまい、放置しておくとどんどんささくれが増えます。また、固くなったささくれを洋服に引っ掛け、傷が深くなり流血してしまうこともあります。このささくれができる主な原因は乾燥です。寒くなってくると空気も乾燥してきますから、冬は最もささくれができやすい季節になります。日々の手洗いや水仕事の多い方、また普段からネイルをしている方は特に要注意です。原因としては以下のようなものがあります。







手洗いや水仕事で乾燥する原因

ほとんどのハンドソープや洗剤類には界面活性剤が入っているため、使用するとその都度皮脂も一緒に流れ落ちてしまいます。界面活性剤とは、水と油など通常であれば分離してしまうような成分同士を混ぜ合わせる効果のある優れものです。おかげで洗剤は油分を水で洗い流すことができます。悪者にされがちな界面活性剤ですが、食品用ではマヨネーズやドレッシングなどに使われています。また他にも化粧品や医薬品などにも多く使用されます。生活におい必要不可欠な存在です。

ネイルで乾燥する原因

ネイル自体は乾燥させるものではないのですが、問題はマニキュアやジェルを取る時に使う徐光液やオフ剤です。この二つにはアセトンというものが入っており、マニキュアやジェルを取り除くことができます。
ただ、取り除く時にアセトンが手の油も一緒に奪ってしまうので、ネイルをしている人は特に乾燥しやすくなります。そこで、ネイルサロンでは施術が終わると必ずキューティクルオイルを塗るのですが、それはサービス精神からではなく、施術中にオフや甘皮のケアをしたことで過剰に乾燥させた爪周りに油分を戻すためです。アセトンを含むものを触った後は早めに洗い流しましょう。

その他の原因としては栄養不足です。健康なお肌を保つためにはタンパク質・ビタミン・ミネラルが必須ですが、それら栄養素の不足によってもささくれはできやすくなります。

ささくれができたらどうしたら良い?

もしささくれを見つけてしまったら、手を清潔にして爪切りやキューティクルニッパーで必ず根元からしっかりカットします。少しでもささくれを残すと、またそこからすぐに乾燥して固くなっていきます。固くなると痛みも出ますし、引っ掛けてさらに深い傷になってしまいます。ささくれが全てカットできたら、再度手を清潔にしてすぐに保湿します。すでに炎症や血が滲んでいるような傷のようであれば、痛くても同じように根元からしっかりカットし、消毒をして絆創膏でなどで傷をカバーしましょう。できるだけ乾燥させずに傷を治していくと傷跡が残りにくくなります。

ささくれを作らないための効果的なケア方法

ささくれのないしっとりと潤った手でいるための普段からできる効果的な方法をご紹介していきます。

いつもやってほしい!おすすめケアアイテムとケア時のポイント

・ハンドクリーム…保湿をしたい時にハンドクリームを塗りますが、実は乾燥した肌にいきなりクリームを塗っても奥まで保湿成分は入っていません。表面に油膜ができることで潤った感じになるだけで、またすぐに乾燥します。ここでポイントです!ハンドクリームを使う前に、とにかく一度手を湿らせて下さい。手を洗う、化粧水をなじませるなど、砂漠状態の手に一度水分を与えて肌を柔らかくしてあげましょう。クリームの成分が表面だけでなく内側まで浸透していきます。

・キューティクルオイル…キューティクルオイルもクリームと同様、湿らせた指に馴染ませていきます。クリームが保湿なら、オイルは栄養を与えるものだと思って下さい。水分で柔らかくした指先にたっぷりの栄養を入れてあげましょう。

普段からのこの肌を湿らすという一手間が、ハンドクリームの保湿成分やオイルに含まれる栄養素がしっかり手の奥まで入り、くすみのないキメの整った明るい手元を導いてくれます。

スペシャルケア

時間のある時にぜひやって欲しいケア方法です。

・スクラブケア&簡単パック…スクラブには角質を取り除く効果があります。まずはたっぷりと濡らした手にスクラブを取り、爪先まで優しく馴染ませます。乾燥して固くくすんだ肌を一度リセットしましょう。しっかりと洗い流したら、まずはキューティクルオイルで指先をしっかりマッサージし流れをよくします。次にハンドクリームで手全体をマッサージしたら、その後すぐに手袋をします。手袋をすることで自分の体温を使いパック効果が得られます。もし乾燥やささくれがひどい方は、クリームの保湿成分をよりキープするためにさらにワセリンを塗り、肌に油膜を作ってから手袋をしましょう。多少ベタベタしますが保護効果は抜群なのでお試し下さい。

今ではソルトやシュガー、ナチュラルシードなど色々なスクラブがありますが、手に使用するのであれば種類はお好きなもので大丈夫です。ただ、ささくれがあるとソルトスクラブは沁みるので避けた方が良いですね。

せっかくかわいいネイルでオシャレをしていても、乾燥してささくれだらけの手では台無しです。これからの寒い季節は特にカサカサなお肌になりやすので、意識して保湿していきましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント