もやもやネイルをマニキュアでするやり方を紹介&敏感肌の味方!化粧品のアレルギーテストって?? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

「もやもやネイル」を知っていますか?カラーの境界をぼかしてもやもやとさせたネイルのことで、インスタグラムではたくさんのネイル写真が投稿されています。このもやもやネイルは、やり方を覚えればマニキュアのセルフネイルでも簡単にできるのが魅力。もやもや具合やカラーを変えればさまざまなテイストが楽しめるので、今回は「もやもやネイル」のやり方をご紹介します。また、春になり暖かくなって、花粉が一気に飛散し始めましたね。去年までは気にならなかったのに、今年になって目がかゆい、くしゃみが出るなどの症状が表れたという人もいるかもしれません。クリニックで診察を受けると、アレルギーテストを行って自分がなんの花粉に反応するのかがわかります。化粧品のパッケージを見ると「アレルギーテスト済み」と書かれていることがありますが、このアレルギーテストがどのようなものかご存知でしょうか。アレルギーテスト済み化粧品についてもご説明します。

もやもやネイルって?

インスタグラムでも話題の「もやもやネイル」。これはグラデーションやマーブルのように色と色の境目をもやもやとぼかすデザインのことです。色の組み合わせを変えるだけで、ふわっと可愛らしい雰囲気にしたり、エレガントな印象にしたりと自由自在です。人気のピスタチオカラーとホワイト系カラーを使えば抹茶ラテのようなネイルに、ピンク系のくすみカラーやパステルカラーなら春らしい柔らかいネイルに仕上がります。もやもやネイルはジェルネイルでここ数年流行っているニュアンスネイルの中でもよく見かけます。マニキュアを使ったセルフネイルでは難しそうに見えますが、やり方がわかれば簡単にできます。今回はもやもやネイルのやり方と、ワンポイントアレンジや色の組み合わせ方についてご紹介します。

もやもやネイルのセルフでのやり方

マニキュアは乾いてしまうと上手くぼかすことができなくなるので、使うカラーのボトルはあらかじめ開けておきましょう。そうすることでスムーズにハケを使えます。

①ベースコートを塗る
まずはベースコートを塗ります。ベースコートが乾く前にカラーをのせることでぼかしやすくなるので、10本の指をまとめて塗らず、もやもやネイルにしたい指は1本ずつ仕上げましょう。ベースコートはクリアなものにすると、上に塗るカラーの邪魔をしません。ベースカラーに乳白色のネイルを塗っておくと、乳白色とカラーが混ざり合ってよりモヤモヤとした質感を出すことができます。

②好みのカラーをハケにたっぷりとって2ヶ所くらいに置く
1色でもやもやネイルにする場合は、先端だけに塗ったりぼかした時に斜めのラインが出るようにのせたりするのがおすすめです。単色でもぼかすことでグラデーションになり、全面塗りとはまた違った彩りを与えてくれます。

③別のカラーを1色目と少し重なるように1~2ヶ所に塗る
2色にする場合は片方の色の面積を多めにしたり交互に塗ったりすると混ぜやすいです。

④カラーが乾く前にたっぷりのトップコートで境界をぼかす
トップコートを多めにとったハケで、前までの工程で塗ったカラーの堺を混ぜてぼかしていきます。やりすぎると色同士が完全に混ざってしまい、もやもや感がなくなってしまうので気をつけましょう。好みのモヤモヤになったら、乾くまで少し時間をおいて、仕上げにトップコートをかければ「もやもやネイル」の完成です。

ワンポイントアレンジ

もやもやさせた後にできるワンポイントアレンジをご紹介します。

・ラメやグリッター入りのマニキュアをのせる
爪の先端や色と色の境界にラメ入りのマニキュアを少量重ねると華やかさがアップします。細かいラメならさりげない輝きを出せますし、大粒のラメやホログラムの入ったものを載せると存在感がありゴージャスになるので、パーティーやイベント事の時におすすめです。

・爪の根元にメタルパーツやストーンのシールを貼る
ゴールドのパーツなら女性らしくエレガントに、シルバーなら涼しげでクールな印象になります。また、パールやクリスタルのストーンシールをプラスすることで、上品な華やかさがアップします。ネイルシールは、バラエティショップや100円ショップでさまざまなシールが販売されているので好みのシールをチョイスしてくださいね。

・フラワーやリボンのシールを貼る
ピンク系のカラーを使ったもやもやネイルには、フラワーやリボンのシールを合わせるがおすすめ。ガーリーなファッションが好きな方や可愛い系のネイルにしたい時はぜひ試してみてください。ジェルネイルでは、ドライフラワーを使ったアートが流行っているのですが、ドライフラワーのような色やデザインのネイルシールもあるので、使ってみると今っぽい指先になれますよ。

ちなみに、5本のうち2本の指をもやもやネイルにする場合、おすすめの指の組み合わせは「親指と薬指」「人差し指と薬指」「中指と小指」の3パターン。親指と薬指にデザインを入れるのは、ネイルサロンのデザインサンプルでもよく見られる定番の配置で、中指にシールなどのワンポイントを入れてもお洒落です。人差し指と薬指は、その他の指をワンカラーにした場合、もやもやネイルの指とワンカラーが交互になりバランスが良いです。中指と小指は親指を除いた4本で交互になるので、やはりバランスの良い配置になります。小指は爪のサイズが小さいので、派手になり過ぎずさり気なくデザインを取り入れられます。

色の選び方

・同系色を使ったもやもやネイル
上記で紹介したのは色味の違う3色を使ったもやもやネイルでしたが、同系色を使ったもやもやネイルも統一感の中にちょっとしたアクセントになるのでおすすめです。濃いピンクと薄いピンク、淡いピンクとパール入りのパステルピンクなどは、ぐっと春らしくなるので迷ったらやってみてほしい組み合わせです。

・同トーンのイエロー、ピンク、グリーンのもやもやネイル
ベースコートの後に、乳白色や白をベースに塗ってから同トーンのイエロー、ピンク、グリーンなどを載せて、境をもやもやさせるとボタニカルやエスニック調のネイルにアレンジできます。カジュアルなファッションをよくする方は挑戦してみてください。

・ブラウンと乳白色でラテネイル
ダークブラウンとライトブラウンに乳白色を合わせるとラテのようなもやもやネイルに。また、トレンドのピスタチオカラーなら、抹茶ラテのような色合いが楽しめます。抹茶ドリンクやスイーツと一緒にネイルも抹茶カラーにしたらインスタ映えする写真が撮れそうですね!

他にもこんなやり方が

・1色のもやもやネイル
濃いカラーを爪の先端に塗ってトップコートでもやもやさせると、グラデーションになります。全面に塗るより柔らかい印象になるので、気になるけど派手かな……と思って挑戦できなかったカラーも使いやすくなります。透け感のある濃いカラーだとアンニュイな大人っぽい雰囲気を演出できます。

・塗りかけネイルの境目をもやもやさせる
ハケ跡をあえて残して爪の先端だけに色を塗る「塗りかけネイル」もまだまだ人気のデザイン。マニキュアでもやりやすいので、すでに試したことのあるセルフネイラーさんもいるかもしれません。2色使ってまず塗りかけネイルをして、その後にカラーの境界をぼかすと縦のグラデーションになります。アンニュイな雰囲気が出るので、優しげな印象にしたいときにやってみてください。

もやもやネイルで春ネイルを楽しもう

いかがでしたか。マニキュアでできるもやもやネイルのやり方をご紹介しました。

大まかな手順は以下の通りです。

・ベースコートを塗る
・好みのカラーを2ヶ所くらい塗る
・別のカラーを1色目と少し重なるように1~2ヶ所に塗る
・カラーが乾く前にトップコートで混ぜる
・トップコートでコーティング

いろいろな組み合わせで好みのもやもやネイルを見つけてくださいね。春のお出かけは、セルフネイルで指先のお洒落を楽しんでみましょう!







敏感肌の味方!アレルギーテスト・スティンギングテストって??

化粧品のパッケージに、「アレルギーテスト済み」や「スティンギングテスト済み」と記載されたものがあることをご存知ですか?実はこれ、肌への安全性や刺激性の有無を確認した製品である証拠なのです!では、これらのテストはどういったものなのか見ていきましょう。

化粧品の安全性を確認するテスト

私達が使っている市販の化粧品は、メーカーで安全性をきちんと確認したものばかり。化粧品の安全性を確認するテストの中には、製品を使っても肌にアレルギー性がないことを確認する「アレルギーテスト(ヒト皮膚感作性試験)」があります。アレルギーテストとは、ヒトが日常で化粧品を安全に使えることや敏感肌の人が使っても炎症を起こさないかどうかを評価するものです。アレルギーテスト済みの化粧品なら敏感肌の方でも安心ということになります。

アレルギーテストとは

アレルギーテストではどのようなお客さんが使っても安全性が確認できることを評価するため、多数の被験者の肌でチェックを行います。日常で化粧品を使い続けることを想定し、テストを何度も繰り返して厳しくチェックします。また、化粧品というのは目や口に入った時に事故があってはなりません。肌の使用以外に想定できる体への影響も考えて、体に刺激がないことも確認します。生物を使わない実験をするメーカーも増えてきています。アレルギーテストでは主にパッチテストが行われています。パッチテストというのは被験者の肌にパッチを貼るというテストを一定期間繰り返して行い、皮膚への刺激の強さやアレルギー反応がみられないことを確認するためのテストです。

スティンギングテスト済み化粧品

スティンギングテストというのは、「スティンギング=ピリピリした刺激」が起こらないことを確認するテストです。炎症が起こるかどうかをみるというよりは、化粧品をつけた直後の一時的な肌の反応の有無を調べるというのが目的です。メーカーのスティンギングテストでは、肌が敏感な人に被験者になってもらい、肌に化粧品をつけてスティンギングが起こるかどうかを確認します。このテストでスティンギングが起こらなければ敏感肌でも刺激を感じず、安心して使える化粧品ということになりますね。

敏感肌の人はアレルギーテスト済みの化粧品を

アレルギーテストやスティンギングテストは、化粧品業界に義務付けられているものではなく、メーカーの責任で行われるものです。敏感肌の方は、これらのテスト済み化粧品を選ぶことをオススメします。ただし、アレルギーテスト済みのものが必ずしもアレルギーを起こさないということではありません。公正競争規約によって、容器にアレルギーテスト済みが表記する場合には「全ての方にアレルギーが起こらないということではありません。」と併記することになっています。敏感肌の方は使用前に必ずパッチテストをして、自分の肌に合っているか確認するようにしましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント