ネイルのアレルギーを予防するには?&今日からできる花粉症対策! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

人が外部からの刺激によって発症するアレルギーは、ネイルが原因となっている物もあります。ネイルに使われている化学物質は、爪にのせるだけなら影響はないものの、吸い込んでしまい体に蓄積されてしまうと悪影響を及ぼす可能性もあるのです。かわいくておしゃれなネイルを楽しんでいたのに、体が拒否反応を起こし、ネイルができなくなってしまったらつらいですよね。今回の記事では、ネイルに関するアレルギーについてご紹介します。しっかり対策をすれば、アレルギー症状が出ず末永くネイルを楽しむのも夢ではありません。セルフネイルやサロンでのネイルを続けるためにも知識を取り入れておきましょう。そしてアレルギーにちなんで、今日からできる花粉症対策についても合わせてご紹介してまいります。国民全体の4割が罹っているという花粉症は、命に関わらないものの、そのつらさや苦しさは、なった人にしか分からないものです。つらい花粉症は、取り入れる食べ物やサプリによって緩和できるかもしれません。今回は特に注目したい栄養素を2つご紹介します。

ネイルでアレルギーが起こる?

ジェルネイルをオフしていたり、皮膚にジェルネイルの液が触れると、肌や目、鼻が痒くなったり、鼻水やくしゃみが止まらない、または湿疹ができてしまう・・・。こういった症状はネイルアレルギーを起こしているからかもしれません。人の体は、体に悪影響を及ぼそうとする物質から守るために「免疫反応」というものがあります。体に異物を取り込んだ時にかゆみや湿疹などの症状が出ることをアレルギー反応といい、アレルギー反応が出る原因をアレルゲンといいます。花粉症などもアレルギー反応の一種で、花粉がアレルゲンです。人体は花粉を吸い込んでも、基本的には免疫がアレルゲンから守ってくれますが、体が受け付けずアレルギー反応が出てしまうこともあります。そのため花粉症の症状がひどい人と、そうでない人がいるのです。花粉症がある日突然発症するように、ネイルのアレルギーもある日突然発症します。主な原因はジェルネイルをオフするときに発生するダストや、ジェルやマニキュアをオフする溶剤(アセトンなど)、ジェルネイルの液自体が皮膚に触れること等です。ネイルをしている歴が長いネイリストがアレルギーを発症しやすい傾向にありますが、まれにネイルサロンのお客さんやセルフネイルをしている人もなってしまうようです。

ネイルアレルギーを防ぐには?

ネイルアレルギーが発症してしまった場合、原因を特定するのは難しいです。またネイルアレルギーになってしまった場合は、症状を薬で抑えるといった対処療法しかありません。ネイルアレルギーにならないためにも、予防しながらネイルをしていきましょう。

①ネイルをする時はマスクをつける
ネイリストは基本的に施術中マスクをつけています。これはネイルをオフするときや、爪を削る時に出るダストを吸い込まないよう防ぐためです。ネイリストだけでなく、お客さんとしてネイルサロンに行く時や、セルフネイルをするときもマスクをつけるようにしましょう。

②皮膚にジェルやマニキュアが付いたらすぐ拭う
指先や手元にジェル液やマニキュア液がついたまま放置してしまうのはアレルギーを発症する原因になるかもしれません。皮膚についてしまったら、すぐにエタノールやアセトンでしっかり拭き取りましょう。

③はがせるジェルネイルやマニキュアを使う
ジェルネイルやマニキュアをオフするためのアセトンがアレルギーの原因になることもあります。そこでピールオフタイプというジェルやマニキュアを使ってみましょう。ピールオフタイプなら、ペリッと剥がして簡単にオフができます。通常のジェルやマニキュアよりも持ちが悪い傾向にありますが、ジェルやマニキュアと爪の相性がいいか悪いかもあるので、いろいろなメーカーの物を試してみましょう。

ネイリストのおすすめポイント:手軽にネイルを楽しみたい人はピールオフのマニキュアがおすすめです。お湯や水に浸すことで剥がれやすくなります。

ネイリストのおすすめポイント:ベースジェルとして使うことで、オフしたいときはペリッと剥がして簡単にオフできます。

花粉症改善は食べ物から

花粉症になってしまうと、なかなか根治は難しいです。症状を少しでも和らげたいという人は、花粉症の症状が緩和できるかもしれない栄養素を取り入れてみましょう。







食物繊維

花粉症の症状が重度な人は、クロストリジウム菌という腸内の細菌が減っているという研究結果が出ています。クロストリジウム菌は、Tレグというアレルギー反応を抑える細胞を作り出してくれる菌です。クロストリジウム菌とTレグの関係は、今、世界中で大注目され、研究が進められています。そして薬に頼らず、Tレグを自分で増やせるかもしれません。それは食物繊維を摂取することです。

・食物繊維でクロストリジウム菌を増やす
食物繊維は、便秘を改善してくれるだけはありません。食物繊維をたっぷり摂ると、それを食べてクロストリジウム菌が増え、Tレグが増えやすくなるのです。マウス実験では、食物繊維が豊富なエサを与えたマウスは、食物繊維の少ないマウスに比べて、腸内のTレグが2倍になることが確認されています。ところが、肝心の食物繊維が足りていないのが現代の日本人です。

・食物繊維不足の現代人
日本人は、古くから食物繊維の多い食生活に馴染んでいます。そのため、本来の日本人の腸内細菌は、酪酸を作り出す能力が世界の中でも飛び抜けて高いといわれています。しかし、戦後になって日本人の食事は欧米型に変化しました。すると食物繊維の摂取量が激減し、1950年は1日当り27gだったものが、現在は12gと、半分以下に減少しています。食物繊維の不足は、排便量を見ても分かります。日本人の便の量は、戦前は1日当り約400gだったそうですが、現代人は150~200gと、これも半分に減っているのです。便の内容は80%の水分を除くと、残りは食べ物の残りカスや剥がれた腸粘膜、腸内細菌(生菌と死骸)です。食物繊維はエサとなって腸内細菌を増やし、消化吸収されずそのまま便の内容物となります。排便量が少なくなった原因は、明らかに食物繊維の摂取不足なのです。こうして食物繊維が不足してクロストリジウム菌が減少し、それと共に免疫異常が増加しました。花粉症が急増した原因には、花粉そのものの増加や環境汚染、ストレス、抗生物質の多用などが挙げられていますが、最大の理由はやはり食生活にありそうです。

ビタミンD

もう一つ、花粉症を改善することで注目されているのが、「ビタミンD」です。ビタミンDは骨を作る以外に、ホルモンのような多くの有益な働きがあることで、近年注目のビタミンです。免疫系に対しても、免疫細胞を活性化すると共に、過剰反応を抑制する作用が確認されています。作用の仕組みの全貌はまだ解明されていませんが、ビタミンDが不足すると、免疫細胞の活動と抑制のバランスが崩れ、免疫異常を生じると考えられるのです。

・日本女性はビタミンD不足?
ビタミンDは紫外線によって体内で合成されるので、通常は不足の心配はないのですが、日本女性は世界一紫外線対策が進んでいることから、ビタミンD不足が懸念されます。1回5~30分、週2回ほどで十分なので、時にはしっかり太陽光を浴び、ビタミンD不足にならないようにしましょう。

・サプリメントでビタミンD補給
ビタミンDは脂溶性ビタミンという、体内の脂肪に蓄積される栄養素です。必要に応じて蓄積されたものから消費されます。ビタミンDが欠乏状態の場合は、必要量を毎日摂取しても、体内に十分量が備蓄されるまでは3ヶ月ほどかかります。花粉症の実験でも、ビタミンDは摂取後、短時間で症状の軽減が見られますが、摂取をやめるとすぐぶり返すそうです。ビタミンDはイクラやしらす干し、イワシ、塩サケ、干しシイタケなどの食品からも摂れますが、十分量をコンスタントに摂取するには、サプリメントが便利です。

まとめ

花粉症だけでなく、ジェルネイルやマニキュアでもアレルギーになる可能性があります。ネイルアレルギーにならないためにも、ネイルをするときはマスクをつけたりして予防をしましょう。そして花粉症は、それまで全く症状がなかったのに、ある日突然発症する人がいる一方、花粉症歴20年、30年という人も少なくありません。ご紹介した2つの栄養素を摂取して、今年こそ、長年の花粉症との訣別に真剣に取り組んでみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント