ミドリムシとユーグレナの違いは?美しい爪やお肌、髪を保てる天然サプリ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

歳とともに敏感になるのが「健康」「美容」といった言葉です。健康食品・サプリメント市場でも、売り上げの70%を占めるのが50代以上の年代で、女性の場合20代の若い頃から健康や美容に気を使っている人が年々増えています。美容健康のためにと、何種類ものサプリメントを摂っている方も多いのではないでしょうか。しかしサプリメントを作るには、カプセルや錠剤にするため、中身の劣化を防ぐためなど、様々な添加物を必要とします。そのため、たくさんのサプリメントを長期間摂るのは、肝臓に負担をかけてかえって健康に悪いという意見もあるのです。そこでおすすめしたいのが、近年話題の「ユーグレナ」です。ユーグレナは59種類もの栄養素を含み、これ一つで美容健康を叶えるという、まさにオールインワンサプリ。今回は、話題の健康素材、ユーグレナに迫ります。ユーグレナに含まれる豊富な栄養、そして、「地球を救う」といわれるユーグレナの驚きの力と、摂取することで得られる健康・美容効果を、この記事でご紹介します。そしてユーグレナサプリで期待できる美爪効果も合わせてご紹介します。

ユーグレナとは

「ユーグレナ」は、理科の教科書にも出てくる、あの「ミドリムシ」の正式な学名です。ミドリムシは単細胞藻類の1種で、人類誕生より遥か昔の5億年以上前から、地球上に存在し続けている驚異の生命体なのです。ミドリムシは池や水田、水溜りなど、身近な淡水に広く生息しており、藻類でありながら「ムシ」と名づけられるように、植物か動物かの論争が今も続いています。

・細胞内に葉緑素を持ち、光合成を行う→植物である
・2本の鞭毛を使って移動できる→動物である

上記のように、現在ミドリムシは「植物でもあり動物でもある」、つまり「植物と動物の中間生物」という認識になっているのです。因みにユーグレナ(euglena:ラテン語)という名前は、体内に眼点と呼ばれる赤い点があることから、「美しい(eu)+眼(glena)」になったといわれています。

ユーグレナの栄養

ユーグレナは体長わずか0.05mmの微生物ですが、光合成によって59種類もの栄養素を作り、その小さな体に蓄えています。これらは、人間が生きるために必要な栄養をほとんど全てカバーできるといわれ、「奇跡の栄養素」として世界中の注目を集めているのです。その栄養素とは、以下の通りです。

・ビタミンCやビタミンB群、β-カロテンなど14種類のビタミン
・亜鉛、鉄、カルシウムなど9種類のミネラル
・必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸
・DHA、EPA、リノレン酸など14種類の不飽和脂肪酸
・クロロフィル
・ルテイン
・GABA

さらに、ユーグレナにしかない貴重な特有成分として、β-グルカンの1種である「パラミロン」という食物繊維成分が含まれています。パラミロンはユーグレナ全体の20~40%を占めており、ユーグレナ効果に大きな役割を果たしています。

現代人の健康増進に

現代は新型栄養失調が問題になっています。レトルト、インスタント、冷凍食品などは手軽に食事が取れて便利ですよね。しかしこれらばかりを利用していると、カロリーは摂れているのに肝心の栄養が不足し、様々な体調不良を引き起こすのです。そんな現代人に、ユーグレナの豊富な栄養は、健康増進の有力な素材として注目されています。ユーグレナは、一般の植物のような硬い細胞壁がないため、消化吸収されやすく、栄養素を無駄なく摂取できるのも強みです。その人気のほどは、健康食品、サプリメントはもちろん、身近な食べ物の多くにユーグレナが使われていることからも分かります。下記はユーグレナが使われている食べ物の一例です。

青汁(緑汁)、豆乳、ヨーグルト、プリン、クッキー、パン、ラーメン、パスタ、お好み焼き粉、調味料、お米

上記のような身近な食品はもちろん、近年はペットフードにまで含まれるほど、ユーグレナは様々な食べ物に活用されているのです。

地球と人類の救世主

「ユーグレナは地球を救う」とよく表現されます。それは以下のような理由のためです。

1. 未来の食料として
人口の爆発的増加や土壌の荒廃、温暖化が進む今、近い将来に到来するであろう、地球規模の食糧危機が懸念されています。ユーグレナは長年の研究開発の末に、環境に左右されずに「大量の人工培養が可能」となり、「食糧危機を救う」格好の食べ物として注目されています。

2. 環境浄化に
ユーグレナは、光合成によって空気中の二酸化炭素を削減し、「温暖化を抑制する」ことも注目されています。植物は、光合成をするために二酸化炭素を吸収し、酸素を放出しますが、ユーグレナは特に光合成能力が高く、高濃度の二酸化炭素を吸収することができるのです。さらにユーグレナは汚水の窒素やリンを除去し、「水質を浄化する」働きにも期待が寄せられています。水や空気は、地球や人類にとっての生命線です。ユーグレナが地球を救うというのは、決して大げさではないのです。

3. 次世代エネルギーとして
地球上の化石燃料は底をつくのも近いといわれ、代替エネルギーの必要性に迫られています。しかし何より化石燃料が問題なのは、二酸化炭素を大量に排出して温暖化を促進していることにあります。そこで登場したのが、トウモロコシやサトウキビなどの植物や、食用油を使ったバイオ燃料の生産です。中でもユーグレナは、バイオジェット燃料の材料に適していることから、次世代の航空機燃料として研究開発が進められています。植物は光合成に二酸化炭素が必要なわけですが、余りに高濃度の二酸化炭素の中では枯れてしまいます。しかしユーグレナが一般の植物と違うのは、二酸化炭素の濃度が高くなるほど、それを取り込んでどんどん増殖するという点です。増えたユーグレナで多くのバイオ燃料を作り、それを燃焼して生まれた二酸化炭素でまたユーグレナを大量培養する…という、理想的なサイクルが可能なのです。

食糧問題、環境問題、エネルギー問題の解決に、ユーグレナが主役となる時代は、すぐそこかもしれません。

ユーグレナの効果

人はユーグレナを摂取することで、今日からでもその健康効果を得ることができます。効果には主に以下のようなものがあります。







デトックス、免疫力アップ効果

ユーグレナは、豊富な栄養を補給するだけでなく、不要なものを排出する働きも併せ持っています。その成分がパラミロンで、表面にある無数の微小の孔に、コレステロールや中性脂肪、有害重金属を吸着し、排出してくれるのです。また、食物繊維成分であるパラミロンは、乳酸菌のエサとなって腸の働きを良くし、便秘解消や免疫力アップにも効果を発揮します。

美肌効果

ユーグレナには、肌の生まれ変わりを促進するビタミンやミネラルが豊富で、若々しい肌の維持に効果的です。さらに最近、ユーグレナのある抽出成分に、ターンオーバーの促進作用や、線維芽細胞の増殖作用があることが解明され、これを配合した基礎化粧品が人気になっています。

ストレスの軽減

ユーグレナに豊富なアミノ酸は、精神面でも良い効果をもたらします。

・トリプトファン
幸せホルモンのセロトニンの材料となり、気分を穏やかにしてストレスを緩和。

・グリシン
ストレスは睡眠を妨げる大きな要因ですが、そんな時に役立つのがグリシンです。

体は、深部の体温が低下すると眠くなる仕組みになっています。グリシンには血管拡張作用があり、体の放熱を促進して深部体温を下げ、寝つきを良くしてくれるのです。

その他の健康効果

ユーグレナはパラミロンやビタミンC、ビタミンE、β-カロテンなどを含み、抗酸化作用にも優れた食品です。また、近年アディポネクチンというホルモンの長寿効果が注目されていますが、ユーグレナは、1gの1ヶ月飲用でアディポネクチンの有意な増加が確認されており、さらなる健康長寿の効果が期待されます。

ユーグレナで美爪も目指せる

前述の通り、ユーグレナには美肌効果が期待できるビタミンが多く含まれています。ビタミンは爪をきれいで丈夫なものにするためにも需要な栄養素です。特にビタミンA、ビタミンB群、ビオチンは爪の成長を促し、健康で美しい爪が伸びるよう助けてくれます。ネイルオイルやハンドクリームで一生懸命保湿をしても、栄養が不足していたらきれいな爪は生えません。食事が偏っていて、栄養不足や爪が弱いのが気になるという人は、普段の食事にユーグリナをプラスするのがおすすめです。

まとめ

食糧危機やエネルギーの枯渇、地球温暖化の切り札として、大注目のユーグレナ。しかしユーグレナは、もっと身近には、私たちの健康と美容、老化に関する問題の切り札になります。必要な栄養を補い、不要・有害なものを除去すれば、細胞は元気になり、若々しい体を維持することができます。そのために最適なのが、ユーグレナの豊富な栄養素と貴重な特有成分なのです。ユーグレナを取り入れることで、美爪や美肌の効果が期待できます。あれこれサプリメントの数を増やすより、小さな緑色の生き物の驚異の力を、一度試してみてはいかがでしょうか。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント