爪が巻いてくるくせ=巻き爪に注意&くせ毛を直すにはドライヤーの使い方が重要! | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

髪の毛は人の印象を変える大事なパーツです。ロングへアの人がいきなりショートにするとガラッと雰囲気が変わりますよね。またロングの人がおろしてストレートヘアにするか、パーマをかけたり巻いたりするか、結んでまとめ髪にするかでも印象が異なります。そのため、髪型や髪色にこだわっていて、毎日ヘアアレンジを楽しんでいる、髪色を変えるのが好きという人も多いのではないでしょうか。ですが朝起きてお仕事や学校、おでかけ前のスタイリングに時間はあまりかけたくないですよね。特にくせ毛でうねりや生え癖などが強く出てしまう人は、くせを抑えるだけでも一苦労です。今回はくせ毛の直し方や、くせが出にくいケアの仕方についてご紹介します。また、爪が巻いて生えてくる、つらい巻き爪についても合わせてご紹介します。

どうしてくせ毛になるの?

お風呂上がりにドライヤーを使って乾かし終わった髪は、サラサラでまっすぐになりやすいですよね。しかし時間が経つとだんだんうねりが出たり、広がったりするのが気になるという人は多いのではないでしょうか。朝しっかりブローして、ヘアアイロンでストレートにしたり巻いたりしても、夕方には巻きが取れてしまったり、雨の日はくせが強く出てしてしまったり・・・。くせ毛のせいで、なかなか髪型が決まらないとなんだか落ち込んでしまいますよね。ではそもそもなぜ髪の毛にくせが出てしまうのでしょうか。髪の毛は主にタンパク質が集まってできています。爪や肌、筋肉などもタンパク質でできていますが、髪の毛も同じで、なんと約90%がタンパク質なのです。そしてこのタンパク質が髪内部でどのように結びついているかで(結合と言います)、くせ毛になるか真っ直ぐな毛になるかが決まります。ストレートな髪の毛は、S-S結合という結びつきがまっすぐなのですが、それに対し何かしらくせのある毛は結びつきがゆがんでいます。そのためうねったり、チリチリ、ごわごわの髪の毛になってしまうのです。

毛穴が原因になることも

髪の毛の内部によってくせ毛になるだけでなく、髪の根元にある毛穴が原因となることもあります。毛穴は頭皮の外側に向かって真っ直ぐなものと、歪んでいるものがあります。真っ直ぐ垂直な毛穴は、そこから生えてくる髪の毛も真っ直ぐに伸びていきます。しかし毛穴が歪んで横方向になっていると、生えてくる髪の毛も歪んでしまい、くせの強い状態になってしまいます。ちなみに毛穴の形は遺伝しやすく、両親や祖父母がくせ毛の場合、子供や孫にも遺伝してくせ毛になる可能性が高まります。天然パーマが遺伝するという話は、毛穴が大きく関係しているかもしれません。

その他にも思春期や産後にホルモンバランスが変わって、髪の毛のくせが強くなることもあります。

くせ毛を直す方法ってあるの?

くせ毛を元から直してストレートな毛にする方法は残念ながらありません。ですがくせを抑えて扱いやすくする方法はあるので、自分の毛質に合った方法を試してみてくださいね。







家でできるくせ毛を直す方法

おうちでくせ毛を直すには、ドライヤーでの乾かし方と、乾かすときに使う洗い流さないトリートメントの種類がポイントです。以下で詳しくご紹介します。

①くせ毛を抑えるドライヤーでの乾かし方
まず髪を洗い終わったら、タオルでしっかりと髪の水分を取りましょう。ゴシゴシと荒く拭かずに、水分を優しく拭き取る感覚でタオルを使うのが重要です。その後、髪の根元を避けて洗い流さないトリートメントを塗ったら、クセが出やすい部分から順番に乾かします。前髪がハネやすい人は前髪から、サイドがうねりやすい人はサイドからというように、順番に乾かしていきましょう。ここで気をつけたいのが「乾かしすぎない」という点です。実は髪の毛から完全に乾かしてしまうのは熱ダメージが蓄積しやすく、傷みの原因となります。全体の80%くらい乾かすように心がけてくださいね。

②洗い流さないトリートメントが重要
毛質が固く、ボリュームを抑えたいという人はオイルタイプを、毛質が柔らかく、サラッとさせたいという人はエマルジョンタイプを使うのがおすすめです。合わないものを使ってしまうと髪が油っぽくなったり、ぺったりとしてサラサラ感がなくなってしまうので注意してください。洗い流さないトリートメントは髪の長さによって適量が異なるので、パッケージ等を見て確認してから使いましょう。

縮毛矯正とストレートパーマ、どっちがいいの?

くせ毛を美容室で抑える施術に、縮毛矯正とストレートパーマがあります。どちらも髪の毛をストレートにする方法ですが、縮毛矯正のほうが髪を真っ直ぐにする力が強いです。そのぶんストレートパーマよりも髪ダメージを与えやすいですが、もちが良いので縮毛矯正を欠けた部分はほぼずっと真っ直ぐです。一方でストレートパーマのもちは3ヶ月程度ですが、自然なボリュームダウンや、くせが弱め、またはくせを少し抑えつつも生かしたいという人におすすめです。どのようなヘアスタイルにしたいかも合わせて美容師さんに相談してみましょう。

爪が巻いて生えるくせ=巻き爪に注意

ヒールが高い靴や、サイズの合わない靴を履いていると、歩いているうちに足全体がつま先方向へ動いてしまい、足の爪に負担がかかります。その結果巻き爪になって、足の爪に靴や物がふれるたび激痛が走るといった症状が出てしまうかもしれません。巻き爪は一度なってしまうと自分で直すことは困難です。まずは先の詰まった靴を履かないようにして、痛みが強くなる前に皮膚科や整形外科を受診しましょう。皮膚科や整形外科では主にワイヤーを爪に通して力を加える矯正方法や、重度の場合は切開などをして治療していきます。治療方法によっては保険が適応できるので、受診時に医師に相談するのがおすすめです。また近年は医療行為をせず、強い力を加えるクリップなどを使って徐々に直していく、巻き爪ケア専門店やネイルサロンが増えています。強く曲がっている爪をすぐに直すのは難しいですが、痛みからは早い段階で開放されるため「もっと早く直せばよかった」と安心した人も多いようですよ。気になる方はお店に直接問い合わせてみてくださいね。



まとめ

くせ毛を根本から直すことは難しいですが、髪の毛の乾かし方や、洗い流さないトリートメントによってクセを抑え、扱いやすい髪にすることは可能です。毎日しっかりケアすることで翌朝スタイリングしやすい髪に変わりますよ。どうしてもくせ毛が気になる場合は、縮毛矯正やストレートパーマをするのもおすすめです。そして爪が巻いて生えてくるくせ=巻き爪に悩まされている方も多いのではないでしょうか。ネイルサロンでも巻き爪ケアメニューを取り扱っているところが増えているので、ぜひネイリストに相談してみてください。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント