マニキュアは日焼け止めで溶ける?ノンケミカルの無添加日焼け止めを上手に使おう | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

手軽にネイルが楽しめるマニキュアは、セルフネイルを始めるのにぴったりです。例えば子供の時に、お母さんやお姉ちゃんのマニキュアを借りて、自分の爪に塗ったことがある人も多いのではないでしょうか?マニキュアはそれほど手軽に使えるアイテムです。さらにコツを掴んできれいに塗れるようになると、なんだかワクワクしますよね。価格もプチプラで購入できるものから、デパコスで高級なものまで、さまざまな商品が販売されています。しかしマニキュアは剥がれやすかったり、乾ききっておらずよれてしまうなど、ジェルネイルに比べて脆い傾向にあります。さらに日焼け止めを塗っていたら、もともと爪に塗られていたマニキュアがくすんでしまった、または溶けてしまったなんてこともあるようです。今回の記事では、マニキュアで日焼け止めが溶ける現象について解説してまいります。そして近頃、ドラッグストアや化粧品カウンターなどに行くと、たくさんの種類のUVケア製品が売られています。敏感肌さんにとって紫外線は大敵なので、日焼け対策は必ず必要なのですが、あんなにたくさんあるとどれを選べばいいのか分からない・・なんていう方も多いのでは?ここでは、肌の弱い敏感肌さんに最適なUVケア製品の選び方をご紹介します!

マニキュアは日焼け止めがつくと溶ける!?

セルフネイルで大活躍するマニキュアですが、塗って数日立つと爪先から剥がれていたり、乾いたと思ったら服やお布団の跡がついていたりしますよね。手軽に塗れる分、ジェルネイルやスカルプ(アクリルネイル)と比べると、持ちはそこまで良いものではありません。さらにマニキュアを塗った爪で日焼け止めを使うと、マニキュアがくすんで変色してしまったり、ツヤ感がなくなったり、溶けてしまうこともあるようです。通常、マニキュアを落としたり溶かしたりするには、除光液のような強い溶剤を使わなくてはなりません。しかし日常で使っている日焼け止めや乳液のような化粧品がついてしまうだけでも、マニキュアが乳化して溶けてしまうことがあるのです。これは使っているマニキュアや日焼け止めの成分が反応して起こる現象なので、商品によっては全く溶けないこともあります。さらにマニキュアだけでなく、やわらかめのジェルネイルでも表面が溶けてしまうことがあるので、取り扱いには注意が必要です。

日焼け止めの種類を変えるのがおすすめ

マニキュアが日焼け止めで溶けないようにするには、まず溶けてしまう原因物質を特定することが最も確実です。ですが特定するには、様々なマニキュアと日焼け止めの相性を調べなくてはいけません。そこまでの研究はさすがにできないので、まずは日焼け止めを変えてみるのがおすすめです。近年日焼け止めはより肌に優しく、刺激の少ない商品が続々と発売されています。「無添加」「赤ちゃんにも使える」といったコピーがついているものは、サラッとしていてマイルドな使い心地のものが多いようです。肌荒れを防ぎ、日焼けも防ぎ、マニキュアにも影響しないと良い事が多いので、ぜひ無添加日焼け止めを試してみてくださいね。

日焼け止めの種類

紫外線は、太陽光に含まれる目に見えない光線なので、私達は知らない間に肌に浴びてしまいがち。しかし、紫外線は他の太陽光よりもエネルギーが強く、浴び過ぎると肌だけではなく、健康にも害を及ぼすので注意が必要です。紫外線から肌を守るために欠かせないアイテムが日焼け止め(サンスクリーン)です。日焼け止めには、紫外線を吸収するタイプと紫外線をはね返すタイプの2種類があります。

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤

紫外線を吸収するタイプには「紫外線吸収剤」が、紫外線をはね返すタイプには「紫外線散乱剤」という成分が使用されています。どちらも肌に紫外線が届くのを防ぐ目的のものですが、それぞれメカニズムが違っています。

・紫外線吸収剤
肌の上でいったん紫外線を吸収し熱エネルギーに変換して放出する

・紫外線散乱剤
紫外線をはね返し肌に触れないようにする







敏感肌は避けたい紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は、SPF(UV-B派の防止効果を示す指数)やPA(UV-A派の防止効果を示す指数)の数値が高いのがメリットですが、肌への刺激が強く、紫外線吸収剤を使った日焼け止めを使うと、肌荒れや乾燥を起こす人も少なくありません。そのため敏感肌の人に紫外線吸収剤の日焼け止めはおすすめできません。また、紫外線吸収剤の中でも、オキシベンゾンやサリチル酸フェニル、シノキサートなどは、アレルギー性皮膚炎を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

敏感肌にはノンケミカルの日焼け止めを

紫外線散乱剤を使用した日焼け止めは「ノンケミカル」とも呼ばれ、酸化亜鉛、酸化チタンなどの天然成分が使われています。これらの成分は、人体に害がなく刺激がほとんどない成分なので、肌荒れや乾燥を起こす心配がなく、敏感肌の方でも安心して使えます。さらに、ノンケミカルの日焼け止めの中には、ノンシリコンでさらに石鹸で落とせる水性タイプのものもあり、そのようなタイプも敏感肌さんにはオススメです。

ノンケミカルの日焼け止めを上手に使うには?

ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線吸収剤を使ったものよりSPFやPAの数値が低い傾向にあります。しかし、日常生活においてはSPFがそれほど高くなくても問題ないので肌に優しいノンケミカルを選ぶことを優先しましょう。夏の炎天下のような強烈な紫外線を浴びる時は、なるべくPAの高いノンケミカルの日焼け止めを使い、帽子や日傘で日差しを避けるようにします。また、日焼け止めは時間が経つと汗やメイク崩れで落ちてしまい、効果が薄れてきます。ムラなくたっぷり塗り、日焼けしやすい部分は重ね塗りをして、2~3時間おきに塗り直すと効果が持続します。

日焼け止めは、一日の終わりにしっかり落とすことも重要です。ノンケミカルの日焼け止めでも、肌に残さないようにしっかりと洗い落とし、洗顔後は肌を十分に保湿しておくようにしましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント