アスリートネイルとは?爪を補強コートする意味&健康なお肌と運動の関係性 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

「アスリートネイル」を知っていますか?最近はネイルサロンでも取り扱いが増えているので、耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか。一般的にネイルといえば、髪をカラーリングしたりするのと同じようにファッション感覚で美意識を高めるためにするものというイメージだと思います。しかし最近注目されているアスリートネイルは、お洒落目的ではなく「爪の保護・補強」を目的としたネイルなのです。アスリートネイルは運動やスポーツなどを本格的に行う人々の間では以前から取り入れられていましたが、最近ではネイルサロンで提供する店舗が増えているのです。では、なぜ「爪をキレイに装飾するのではなく保護するためのネイル」を扱うサロンが増えているのでしょうか?今回は、今注目のアスリートネイルについて詳しくご紹介します。また、食事の内容に気を配ったりスキンケアをがんばったりと、美肌を目指し努力をしている人はたくさんいると思います。しかし健康な肌作りのためには運動は欠かせません。今回は運動が生む美肌効果について、そして生活の中に無理のない適度な運動を取り入れる方法も一緒にご紹介します。

アスリートネイルとは?

爪は生活する上でとても重要な役割を果たしています。手足の指には末端まで骨が行き届いていないので、爪がなければ指先にグッと力を入れることができず、物を掴むこともできません。また身体を支えながら地面を蹴って普通に歩くこともできなくなります。もしスポーツをする際、爪にトラブルがあれば、走る・投げる・掴むなど運動に欠かせない動きはとたんにやりにくくなりますよね。爪のトラブルをそのまま放置すれば違和感や痛みは強くなり、それ以上のパフォーマンスを発揮するのは難しくなります。しかし本格的に運動をしているアスリート達は、日々の過酷なトレーニングにより一般の人とは比較にならないほど手足の爪に負担をかけています。運動の勢いで爪を剥がしてしまったり、深爪や巻き爪などで悩み、爪の不調が原因で身体のバランスを崩したりすることも多いのです。アスリートネイルとは、このようなアスリート達の爪を守るために考えられた、爪の保護・補強のためのネイルです。

手足の爪の役割

手の爪は指先に力を入れる時に必要不可欠で、コントロールをするには爪が重要です。足の爪は、人間が身体を支えて歩くために必要なパーツです。つま先で力を入れて踏ん張るような当たり前の動作は、爪があるからできているのです。

アスリートネイルが注目されている理由

ハードな運動から爪を守るためにアスリート達の間で取り入れられているアスリートネイルですが、最近は普通のネイルサロンでも取り扱う店舗が増えています。本物のアスリートに施術をするには各分野における専門的な知識が必要不可欠ですが、ネイルサロンでは「育爪ケア」のメニューとしてアスリートネイルに使われている商材が注目されています。

・爪が割れやすい
・爪が乾燥しやすい
・剥離や亀裂が生じやすい

など、弱く伸ばすことのできなかった爪を補強し、爪のコンプレックスの原因でもっとも多い「チビ爪・深爪」の改善を目的とし、アスリートネイル用のマニキュアが取り入れられています。







アスリートネイルのやり方

ATHLETE NAILアリートネイル/爪補強コート2

・やり方
①爪表面の油分をエタノールでしっかりと除去する。
②爪補強コートを爪全体に薄く塗り乾かす。速乾タイプなので1分程度で乾きます。
③もう一度塗り、乾いたら完成。
落とす時はマニキュアの除光液で取り除くことができます。

「爪補強コート2」は乾くとツヤがなくなり自然な仕上がりになるタイプです。学校や職場などのネイルがNGな場所でも使用できます。また男性にもおすすめです!

ネイルサロンで本格的なケアとセットでアスリートネイルをしてもらえばより育爪効果が得られます。また爪が割れやすく悩んでいるなら、まずはセルフで試してみるのもおすすめです。

スポーツとネイルの意外な関係

私達の体は筋肉や骨が支えています。しかし、指は先端まで骨が到達していません。では指先は何が支えているのかというと、爪なのです。爪があることによって、指先で硬いものがつまめたり、ボタンを押したり、物を握ったりすることができるのです。そして爪は日常生活だけでなく、スポーツ中も重要な役割を担っています。例えば野球のピッチャーは、手のひらだけでなく指先も使ってボールの回転をコントロールします。このとき爪とボールが強くこすれて、爪が割れたり、欠けてしまうことがあるようです。また陸上競技で走る選手たちの足は、足の爪が支えています。足の爪には、踏み出す時の力を安定させる役割があるのです。足の爪が割れたり、巻爪になってしまうと、うまく力が入らず良い結果が出せないかもしれません。

スポーツ選手を支える「アスリートネイル」という資格

スポーツ選手の体のメンテナンスとして、丈夫できれいな爪を保つことは大切です。そこで一般社団法人アスリートネイル協会は、アスリートネイルという文化を発信しています。ネイルトレーナーという資格を設け、スポーツ選手に適したネイルケア方法だけでなく、皮膚科学や食、医療の観点も含めた講習を行っているのです。爪のメンテナンスを続けることで、より快適にスポーツを楽しめますし、結果につながるといった効果も期待できます。東京オリンピックに出場予定の選手の爪も、ネイルトレーナーがケアしているかもしれません。スポーツとネイルはあまり関わりがなさそうに見えますが、楽しく快適にスポーツを続けるためにも、爪は重要な役割を果たしているのです。気になる方はぜひアスリートネイルで詳細を検索してみてくださいね。

自分でできるネイルケア

補強や育爪をセルフでやるのは難しいですが、ネイルケアはセルフでもできます。ここではセルフネイルケアで必要なものをご紹介します。
こちらの記事でネイルケアのやり方は詳しく解説しています。
⇒ハンドケアやネイルケアをセルフで!ケアの必要性とおすすめのプレゼント

・エメリーボード

爪の長さと形を整える時に使う爪やすりです。爪切りでパチンパチンと切ってしまうと実は爪には負担がかかっています。二枚爪や爪が割れる原因になることもあるので爪やすりで削るようにしましょう。

・メタルプッシャー

甘皮をケアする時に使います。メタルプッシャーで爪の根元にある甘皮を押し上げて、キューティクルニッパーで除去しやすいようにしましょう。補強コートなどを塗布する時に綺麗に塗ることができるようになります。

・キューティクルニッパー

甘皮や爪周りの角質を除去する時に使います。固い角質になっている部分は指先をお湯に付けてふやかしてからやりましょう。

運動不足が招く様々な肌トラブル

パソコンを使う仕事が主流となり、一日の大半を座りっぱなしで過ごす人が増えています。そのため頭痛や腰痛、肩こりなど、運動不足や同じ姿勢を長く続けることによる体の不調を抱える人も多いです。さらに身体を動かさずに頭だけを使っているので、質のよい深い睡眠を得られないこともあります。こういった運動不足による悪影響は、肌トラブルの原因にもなります。運動不足が続くと血行不良になってクマができたり、むくみやセルライトができやすくなります。また、身体の代謝が下がって肌のハリが失われたり、シミができやすくなる可能性もあります。良質な睡眠が得られないとバリア機能の低下を招き、敏感肌症状が悪化したり、お化粧のノリが悪くなったりします。







血行促進と成長ホルモンで肌質アップ

運動で体を動かすと新陳代謝が活発になり、血行を促進することができます。また筋肉量が増加すると血液の循環が更によくなり、新しい細胞を作るのに欠かせない酸素と栄養が体のすみずみまで充分に行き渡ります。その結果、ターンオーバーが促進されツヤとハリのある健康的な肌が生成されるのです。またお肌の再生に欠かせない成長ホルモンは、睡眠時だけでなく運動後にも分泌されます。少しハードな運動で筋肉に負荷をかけると、それを修復しようとして大量の成長ホルモンが分泌されるのです。ダメージに弱い肌は、成長ホルモンの低下が原因のひとつと考えられます。運動習慣を身につけることで成長ホルモンの分泌を促しましょう!

サラサラの汗は天然の美容液

運動をすると汗をかきますが、汗には皮膚に水分を補給する役目があります。汗をかくことで角質層に水分を供給し、肌のバリア機能を高める効果もあるのです。さらに、汗と一緒に分泌される皮脂も健康な肌状態を保つためにはとても大切です。皮脂と汗が組み合わさることで肌を保護する皮脂膜が形成されるのです。皮脂膜は、紫外線を始めとする様々な刺激から肌を守り、肌の保湿機能を高め、肌にうるおいを与えてくれます。しかし敏感肌の人は皮脂の分泌が少ないため、この皮脂膜が薄くなっているのです。運動をしてサラサラした汗をかくことで、薄くなった皮脂膜を補い、バリア機能が強化され、敏感肌の改善へとつながります。

生活の中で無理なく運動を取り入れよう

日焼け止めクリームや帽子などの紫外線対策をしっかりした上で、まずは20分程度のウォーキングを週に2日ほどしてみましょう。たったこれだけのことですが、運動不足だった人なら大きな効果が期待できます。続けることで敏感肌が美肌へ変化していくのを実感できるはずです。

適度な運動を意識して取り入れ、健康で美しい肌を目指しましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント