ジェルネイルが取れにくいメーカーの選び方&お肌のタイプ別、基礎化粧品の選び方 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

「友達と同じサロンに通っているのに、自分だけジェルネイルがすぐ取れてしまい何度もお直ししている・・・。」特に爪にトラブル等が無い場合、それはもしかしたら爪とジェルの相性が良くないのかもしれません。自爪と相性の良いジェルネイルは取れにくく、次の付け替えのタイミングまできれいに付いている場合がほとんどです。ではどのようにして自分に合ったジェルを見極めれば良いのでしょうか。もちろん、ネイルの持ちの良し悪しは施術者の技術力が大きく関係するので、一概にジェルとの相性だけとは言えません。しかし爪がそれぞれ違うように、ジェルネイルも各メーカーによって違った特徴があります。自分の爪と相性の良いジェルを知り、そのジェルを取り扱っているサロンを選ぶことでネイルの持ちは格段に良くなります。今回は自分の爪と相性の良いメーカーの選び方についてご紹介します。また、敏感肌は、肌質により「脂性敏感肌」、「混合性敏感肌」、「乾燥性敏感肌」に分けられます。これらは、肌質がそれぞれ異なっていますが、どれも敏感肌に傾きやすい要素をもっています。今回はそれぞれの肌質の特徴とスキンケアの方法も一緒にご紹介します。

ベースジェルが選べるサロンが増えている理由

近年ネイルサロンは、複数のジェルメーカーを取り扱っている店舗が増えています。ジェルネイル普及当初はサロン側が用意したジェルを一方的に提供されていましたが、特にそれに対して疑問を持つこともなく客側は施術を受けていました。しかしジェルネイルが当たり前になったことで一般の人々のネイルに対する知識も深まっていき、使用しているジェルのメーカーを気にする人が増えてきたのです。ネイルはツヤツヤでかわいいだけでなく、持ちが良く、自爪への負担も少ないものが求められるようになりました。そのため使用ジェルが不明のサロンには、「どこのメーカーのジェルを使っているのか?」という問い合わせが増えました。今や、客側が取り扱いのジェルメーカーによってサロンを選ぶ時代になってきているのです。そこでネイルサロンは、お客様のニーズに答えるため自店で取り扱うジェルメーカーを増やし、対応できるようにしています。

相性の良いジェルメーカーの選び方

爪は人よって厚みや柔軟性などが違います。ジェルネイルも薄付きのものから粘度の高いものまで、各メーカーによってテクスチャーや特徴が違います。今回はネイルサロンで使用されることの多いジェルメーカーを参考に、爪のタイプによって相性が良いとされるジェルとその理由について簡単にわかりやすくお伝えします。

爪が薄い・柔らかいタイプ

おすすめのジェルメーカーは、カルジェルとパラジェルです。

・カルジェル
カルジェルは、薄付きで硬化後も柔軟性があるため薄い爪にピタッと馴染み、爪と一緒にしなることができます。リフト(浮き)の原因となる爪とジェルとの間で起きる反発が少ないです。

・パラジェル
パラジェルは、サンディングが不要なジェルなので爪が薄い人や弱い人に向いています。サラサラのテクスチャーで、どんな爪にもしっかりと密着します。

爪が硬いタイプ

おすすめのジェルメーカーは、バイオジェルです。

・バイオジェル
バイオジェルは、密着度が高く硬めで強度のある仕上がりです。健康な爪~硬い爪と相性がとても良いです。

カルジェル・パラジェル・バイオジェルの3メーカーを取り扱っているネイルサロンは多く、ほとんどの人はこのうちのどれかと相性が合うと思います!自分の爪のタイプに合わせてジェルから選び直してみてはいかがでしょうか。







脂性肌&混合肌タイプの敏感肌

脂性肌

脂性肌は、皮脂の分泌が活発なタイプの肌質です。顔全体がベタついたり、ニキビが出やすいなどの悩みがあります。

混合肌

混合肌というのはTゾーン(おでこ~鼻)など顔の一部分は皮脂の分泌が活発でベタベタするのに、それ以外の場所は乾燥してカサつくタイプです。

皮脂の分泌が多くても、肌の水分が不足していると角質層を十分にうるおいで満たすことができなくなり、肌のバリア機能が低下して敏感肌に傾いてしまいます。脂性肌や混合肌は、肌表面がベタついているために保湿ケアがおろそかになる場合も多いのです。さらに混合肌の場合、肌が乾燥している部分は肌が自ら皮脂を分泌してうるおそうとするため、水分は不足しているのに皮脂の分泌だけは過剰になってしまいます。そのため、皮脂が刺激となって炎症を引き起こすようにもなります。

脂性肌&混合肌タイプのスキンケア法

肌がベタついていると、ニキビや化粧崩れが起こりやすいので、洗顔をこまめにして皮脂を取り除きたくなりますよね。しかし洗顔のやり過ぎは皮脂を奪い過ぎて、逆に乾燥を引き起こすことになります。脂性肌、混合肌の場合は適度に丁寧な洗顔をして肌を清潔に保ち、十分に保湿をすることが重要です。混合肌の場合は、乾燥の気になる部分は化粧水を重ね付けするなどして、重点的に保湿を行いましょう。

乾燥肌タイプの敏感肌

乾燥肌は、肌の水分と油分が不足している肌質のことです。乾燥が進むと角質層を十分に満たすことができなくなり、隙間ができるようになります。その隙間から外的刺激が入り込み、炎症を起こしてしまうのが敏感肌です。多くの敏感肌にみられるのが、乾燥肌から進んだ「乾燥性敏感肌」です。また、敏感肌になると肌のバリア機能の低下により、肌内部の水分が蒸発しやすくなってしまうため、ますます乾燥が進みやすくなる悪循環に陥ります。

乾燥肌タイプのスキンケア法

肌の水分と油分が不足しているので、保湿化粧品で肌に水分と油分を十分に与えます。高い保湿効果をもつ、ヒアルロン酸やコラーゲン配合の化粧品がオススメです。また、肌のバリア機能を高めるためにはセラミドを補うのが効果的です。セラミドは、角質層の細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質の主成分。セラミドを十分に補うことで肌の水分の蒸発を防ぎ、外的刺激に負けない強い肌を生み出します。敏感肌専用化粧品には、セラミド配合のものが多く売られているので、それらの中から自分の肌に合ったものを探してみましょう!優しい洗顔や空気の乾燥などにも気を付け、肌が乾燥しないように工夫することも大切です。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント