ジェルネイルのベタベタはアルコールで落とせる?取り方は? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

ジェルネイルをしていると、ライトで硬化したのになんだかベタベタする・・・なんて思ったことはありませんか?

なぜ、ジェルネイルは表面がベタベタしてしまうことがあるのでしょうか?

今回はジェルネイルをのベタベタの落とし方と、セルフネイルでもできるベタベタの対処法をご紹介します。

なぜベタベタするの?

手元が気になる女性

ジェルネイルをライトで硬化したのにベタベタが残る・・・
固まってないのかと思って、ライトが故障したのかと勘違いしますよね。

実はベタベタの正体は「未硬化ジェル」というライトで硬化しきれないジェルで、未硬化ジェルが残るのは正常です!

まずはこの「未硬化ジェル」についてご説明します。

未硬化ジェルとは?

ジェルネイルは専用のUVライトやLEDライトの光に当てると、光重合という化学反応が起こり、硬化します。

しかしジェルネイルの表面は完全に固まりきることができません。これは表面が空気に触れていることが原因です。
ライトを当てても空気に触れていて固まりきらなかったジェルを「未硬化ジェル」と言うのです。

ジェルはマニキュアのように時間が経てば乾くものではないので、完成後に未硬化ジェルが残ったら拭き取らなくてはなりません。

未硬化ジェルをそのままにしておくと?

完成後に未硬化ジェルを拭き取らずそのままにしておくと、未硬化ジェルが皮膚についてジェルネイルアレルギーを引き起こす可能性があります。

また、ホコリやゴミが付着したり、表面が曇ってツヤが損なわれるなど、実はリスクが多いのです。
完成後は必ず未硬化ジェルをきれいに拭き取り、ベタベタを残さないようにしましょう。

ベタベタが残る原因は他にも・・・

顔に手を当てて驚く女性

ジェルネイルにベタベタが残ってしまう原因は未硬化ジェルだけではありません。

  • ライトとジェルの相性が悪い
  • UVライトのランプ切れ
  • 硬化時間が短い
  • ライトが当たっていない箇所がある
  • マットなカラーを厚塗りしている

上記のような環境だと「硬化不良」を起こし、ジェルが完全に固まらないのです。

硬化不良は未硬化ジェルと違い、正しい環境であれば固まるはずのジェルが固まりきらない現象を指します。
硬化不良になってしまったら、ライトを変える、薄塗りにする、一本ずつ固めるなど、原因ごとに対処しなくては解決しないので要注意です。

消毒用アルコールで拭き取りましょう

完成後のジェルネイルが未硬化ジェルでベタベタしている時は、消毒用アルコールを使って拭き取ればOKです!

ネイルサロンでは、トップジェルの硬化後に「表面のベタつきを拭き取ります」と言って液体を染み込ませたコットンなどで爪の表面を拭き取っています。
この液体はジェルメーカー専用品を使っていることもあれば、消毒用アルコールを使っていることもあるのです。

つまり、セルフジェルネイルやネイルサロン帰りでベタベタが残っていたとしても、消毒用アルコールを含ませたコットンやペーパーで拭き取れば問題ありません。

ちなみに、ネイルサロンでは未硬化ジェルが残らないように丁寧に拭き取り、お客様に対しても「気になるところはございませんか」などと伺うことで拭き残しがないように気をつけています。

しかし、それでも爪の裏側や爪と皮膚の境目に未硬化ジェルが残ってしまうことも・・・

そのため、ネイルサロンでは完成時のジェルネイルを自分の指先で触ってみて、ベタベタがないかチェックすることをおすすめします!

拭き取りの注意点

未硬化ジェルのベタベタを拭き取るために、ジェルネイルリムーバーや除光液を使うのはNGです!

ジェルネイルリムーバーや除光液は「アセトン」という成分が入っています。
これらは未硬化ジェルどころか固まったジェルも溶かしてしまうので使わないでくださいね。

そして、拭き取りをしたのにベタベタがずっと残ったり、表面が曇ってしまうのは、ライトやジェルのせいで硬化不良が起きているかもしれません。

ネイルサロンにお直しできるか問い合わせてみましょう。







セルフジェルネイルでのベタベタ対策

近年は未硬化ジェルのでないノンワイプタイプのトップジェルがたくさん売られています。

ノンワイプなら拭き取りの作業が必要ないので時短になりますし、ネイルサロンでも高確率で使われています。
セルフネイルを始める人は、パッケージや商品説明に「拭き取り不要」「ノンワイプ」と書かれているトップジェルを使ってみてくださいね。

ちなみに、ベタベタが残らないノンワイプトップジェルも扱いには注意が必要です。

ノンワイプトップジェルはライトで固めるときの硬化熱が出やすいという特徴があります。
爪が薄かったり厚く塗ったりしていると、ライトに入れたときに熱くて痛い!と思うかもしれません。

硬化中に熱いと感じたら一旦ライトから手を離し、熱が収まるまで待ちましょう。
熱が収まったら、もう一度ライトに入れてしっかり硬化させてくださいね。







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「女子力」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント