爪を割れにくくする方法を紹介&正しいスキンケアで自称敏感肌を卒業しよう | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

あなたがジェルネイルを続ける理由はなんですか?おしゃれが好き、身だしなみのひとつ、自分へのご褒美など人によってさまざまだと思います。ネイルサロンに勤務していた頃、初めて来店されたお客様にカウンセリングを行っていると「自爪だと割れたり折れたりしやすいから」という方が多くいらっしゃいました。最近は手洗いやアルコール消毒する機会が増え、手や指先の乾燥に困っているという声もよく耳にします。ネイルサロンでケアができるのは良いですが、仕事の都合や定期的に通えないなどの事情ですべての女性がネイルサロンに行けるわけではありませんよね。今回はきれいなネイルを保ちたい人が日々の生活で簡単にできる爪を割れにくくする方法をご紹介します。そのためにまずは自爪が割れやすくなる原因について考えてみましょう。また、昨今は外出時にマスクをつけることが当たり前になり、ムレやこすれで肌荒れを起こしやすかったり治りにくかったりするなどのお悩みを抱える方は多いですよね。このような症状から自分の肌をなんとなく「敏感肌」だと思い込んでいませんか。冬特有のネイルやお肌の悩みを少しでも改善して楽しい毎日を過ごせるように、自称敏感肌の改善方法も一緒にご紹介します。

どうして爪が割れやすくなってしまうの?

では、なぜ爪が割れやすくなってしまうのでしょうか。爪が割れたり欠けたりしやすくなる原因として考えられるのは、大きく分けて「乾燥」「爪の長さの整え方」「栄養不足」などが挙げられます。

爪が割れやすくなる原因

①乾燥
爪が割れやすくなる最大の原因は乾燥です。新型コロナウイルス感染拡大対策のため、帰宅時や食事前だけでなく、飲食店や美容サロンの入店時、公共交通機関の利用後など、さまざまなシーンで手洗いや消毒をする機会が増えました。ハンドソープや石鹸を使った手洗いをすると、汚れとともにうるおい成分や肌のうるおいを守る皮脂膜も洗い流してしまうことがあります。また、アルコール消毒も手や爪の油分や水分を奪い、乾燥させてしまいます。もともと冬は肌が乾燥しやすい季節のため、爪が割れやすくなったり手荒れしたりする一因になります。

②爪の長さの整え方

自宅で爪を切るとき、何を使っていますか。ドラッグストアや100円ショップで売られている爪切りは簡単に爪をカットできますが、爪の端に力がかかりすぎてしまうので自爪にダメージを与えてしまうことがあります。爪は1枚のように見えますが、実際には爪の表面からトッププレート(背爪)、ミドルプレート(中爪)、アンダープレート(腹爪)という3層構造です。爪切りでパチンと切ったときに「トッププレートとミドルプレート」の間で剥がれてしまったり「ミドルプレートとアンダープレート」で割れたりすることが二枚爪の原因になる可能性があります。

③栄養不足
爪の主成分はケラチンと呼ばれるタンパク質です。普段の食生活で摂取する栄養が偏っていたり不足していたりすると、二枚爪やささくれなどのトラブルが起こりやすくなります。

以上、爪が割れやすくなる原因についてご紹介しました。毎日の生活で心当たりがある方は、これらを回避するだけでも効果的なので意識してみてください。

爪を割れにくくする方法

さて、ここからは具体的な爪を割れにくくする方法をお伝えします。

①保湿

爪を割れにくくするには何といっても保湿することが大切です。保湿のためにハンドクリームを利用している方は多いと思いますが、爪自体の保湿にはオイルをおすすめします。ネイル用のオイルは、「ネイルオイル」や「キューティクルオイル」という名前でドラックストアやネイル用品を取り扱うショップで購入できます。自宅で使うならスポイトタイプやマニキュアのようにハケで塗るタイプ、持ち運びにはチューブやペンタイプがおすすめです。香り付きのものが多いので、好みの香りを選べば気分転換にもなりますね。また、入浴や水仕事後は、タオルやペーパーで水分をよく拭き取って、オイルやハンドクリームですぐに保湿しましょう。食器洗いなどで強い洗剤を利用する際は、できるだけゴム手袋を使用すると乾燥や手荒れを予防できます。

②ネイルニッパーやエメリーボード(やすり)で爪を整える

爪を切るときは爪切り用のニッパー(ネイルニッパー)で指先のカーブを意識して少しずつカットするか、爪やすり(エメリーボード)で削るのがおすすめです。エメリーボードはドラッグストアや100円ショップで販売されています。ネイルニッパーはマニキュアやセルフネイル用品コーナーで売られており、爪切りより少し高価ですが、爪の構造層を崩さずにカットすることができるので、割れにくい状態を保つことができますよ。

③栄養をしっかりとる

タンパク質が豊富に含まれている肉類・魚類・大豆などをしっかり食べることや、爪や皮膚の乾燥を防ぐ栄養素であるビタミンAを意識して摂取することも大切です。健康的な爪が生え、爪が乾燥しにくくなれば、爪が割れたり欠けたりすることが起こりにくくなります。

しっかりと栄養バランスのよい食事をすることは、爪の健康だけでなく肌の調子を整えることの手助けにもなるので重要ですね!

自称敏感肌の正体とは!?間違ったスキンケアをしないで!

自分の肌を、なんとなく敏感肌だと感じている方は多いようです。敏感肌といっても、普通肌との違いがはっきりしておらず、敏感肌に診断基準も特にありません。「赤みやヒリヒリといった症状がみられたら敏感肌」というように“自称敏感肌”を名乗る人が増えています。







敏感肌と自称敏感肌は違うの?

敏感肌と自称敏感肌はなにが違うのでしょうか?自称敏感肌には、2つのタイプがあると考えます。

①自分で敏感肌だと思い込んでいるタイプ
②自分自身で敏感肌にしてしまっているタイプ
自称敏感肌の方の中には、実は敏感肌ではない人も混ざっているのです。

①自分で敏感肌だと思い込んでいるタイプ
本当は敏感肌とはいえない健やかな肌なのに、自分の肌質を敏感肌だと勘違いしているのが、「思い込み敏感肌」といえます。カサカサする、痒い、化粧水がしみるなど、一時的に軽い肌荒れ症状が起こった時に、敏感肌だと思い込む方が多いです。しかし、誰でも一時的に肌の調子が悪くなることはあるので、問題ない場合もあります。また、乾燥肌を敏感肌と間違えることもあります。自分の肌は人よりデリケートなのだと思い、敏感肌用の化粧品で肌をいたわろうとする人もいますが、肌自体に問題はないのでそこまで神経質にならず普通の化粧品を使っても大丈夫なことがほとんどです。

②自分自身で敏感肌にしてしまっているタイプ
間違ったスキンケアのせいで、健康な肌のバリア機能を傷つけ、自ら敏感肌にしてしまっているタイプの自称敏感肌。スキンケアで保湿が足りていない、洗顔をしすぎる、顔をゴシゴシ洗う、マッサージのしすぎなど、肌へ過度な負担を与え続けると、角質層を傷つけてしまいます。角質層が乱れると、肌のバリア機能が著しく低下し、肌トラブルを自ら引き起こしてしまいます。なかには、美肌のために良かれと思って積極的にスキンケアを行っている人もいるかもしれませんが、肌に刺激を与えてしまうスキンケアは逆効果になってしまうので注意しましょう!

自称敏感肌の改善方法

肌のことを考えていたわろうとするのは、とても良いことです。ただし、自分の肌質を把握していなかったり、間違ったスキンケアを続けたりしていると、かえって肌の機能を低下させてしまうことになります。肌をむやみに保護するのではなく、肌の様子をこまめにチェックしながら肌に合わせたスキンケアを選んでいくことが大切です。もし敏感肌になっているのなら、原因となる刺激を軽減して、敏感肌用のスキンケアに切り替えましょう。気をつけたいのは、敏感肌ではないのに自己判断で肌荒れの外用薬などを塗ってしまい、炎症を起こしてしまうといったトラブルです。薬を使う場合は慎重に、また肌のトラブルが気になる場合には、皮膚科などの専門医を受診することをおすすめします。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント