塗りにくいマニキュアを塗りやすくする方法&糖化でお肌が変化する? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

しばらく使っていなかったマニキュアは、いざ塗ろうとすると質が変化していて、塗りにくくなってしまうことがあります。マニキュアは同じ色をずっと使っているという人もいますが、基本的に何色か持っていて、気分で使う色を変えるという方が多いですよね。そして蓋を開けたら分離していたり、固まっていたり・・・さっと塗れるところがマニキュアの便利なところなのになんだか不便です。そこで今回は、塗りにくいマニキュアを塗りやすくする方法についてご紹介します。そしてここ数年、「糖化」という言葉をよく目にするようになりましたが、糖化とは一体どういった肌の状態なのでしょうか?敏感肌やデリケート肌との関係は?気になる糖化の正体に迫ってみました!

塗りにくい、品質が変化したマニキュアを塗りやすくするには?

マニキュアを塗ろうと思って蓋を開けたら、液がドロドロしていたり、分離しているなんてことはありませんか?古くなってしまったマニキュアは、新品の時と比べて品質が変化していることがほとんどです。そもそもマニキュア液は揮発性の物質が混ざっており、空気に触れると徐々に固まるようにできています。マニキュアの蓋がしっかり閉まっていないまま放置していると、ドロドロの塗りにくい液になってしまうのです。また昔買ったまま、しばらく使っていないマニキュアは、分離して色素が沈殿します。最近はトルエンなどの有害物質を使わない、人と自然に優しいマニキュアが流行していますが、保存料などが少ない分劣化しやすいこともあるので、マニキュアは開封後、早めに使い切るのがおすすめです。

塗りにくいマニキュアを塗りやすくする方法

マニキュア液が分離していて塗りにくくなっている場合は、蓋をしっかりと閉めて、瓶を手のひらでコロコロと転がしましょう。これだけでも、マニキュア液がしっかり混ざります。上下に振ってしまうと気泡が入ってしまうので、ゆっくり転がすだけにしましょう。そしてマニキュア液が固まってドロドロになっている場合ですが、「マニキュア薄め液」を使って復活させるのがおすすめです。マニキュア薄め液はドラッグストアやコスメショップだけでなく、100円ショップでも売られています。使っているマニキュアとなるべく同じメーカーで揃えるようにしましょう。ちなみに薄め液の場合、一度に使う量は数滴なので、セルフで使う範囲であれば容量の大きなものを買わなくてOKです。除光液や目薬といった裏技のようなものを使うと、マニキュア液の品質が変わってしまうので、必ず薄め液を使ってくださいね。

マニキュアの品質を変えずに保管するには

マニキュアは、保管場所に気をつければ、開封後でも品質が変わりにくくなります。基本として、直射日光が当たる場所や、温度が高くなる所に置かないようにしましょう。特に窓際などに、インテリアとしても飾っている人は、カバーで覆うなど注意が必要です。ちなみに冷蔵庫で冷やすと、マニキュアを塗ったときに乾きが早くなるという裏技がありますが、マニキュアは温度変化が激しい状態が続くと、液の劣化が進みます。早く乾かしたいという気持ちはわかりますが、マニキュア自体は温度の変わりにくい場所で保管し、塗って乾かす時には、ドライヤーの送風機能などで早めるのがよいでしょう。

肌の糖化とは?

糖化というのは、体内のたんぱく質に糖が結びつき、糖化生成物(AGEs)という物質に変化してしまうことです。AGEsは分解されにくいため、一度体内に発生すると蓄積してしまい、体を老化させたりさまざまな病気を引き起こします。糖化が肌に起こると、真皮内のコラーゲンにAGEsが蓄積して肌の弾力が失われ、老化につながってしまいます。体内で起こる糖化は、パンが焦げるとキツネ色になったり、炊き立ての白いご飯が時間の経過で黄ばんでしまう現象に例えられます。たんぱく質と糖を含むパンやごはんと同じように、肌も糖化が起こると褐色に変化してくすんで見えるようになってしまうのです。







糖化の原因

では、一体なぜ糖化が起こるのでしょうか?それは通常なら分解されてエネルギーとして消費されていくはずのたんぱく質や糖質が、血液中に糖質が増えすぎる状態が続くと、たんぱく質に糖が結びつきやすくなってしまうのです。特に以下のような生活をしている方は、糖質が増えやすくなっているので注意が必要です。

血液中に糖質が増える原因

・早食い
・甘い物の食べ過ぎ
・炭水化物の食べ過ぎ
・運動不足

糖化と敏感肌の関係

健康な肌と比べて敏感肌は、糖化が進んでいることが分かっています。敏感肌は、肌のバリア機能が低下しているために炎症が起こりやすく、炎症から発生した活性酸素がAGEsを増やしてしまうことが原因に考えられます。肌に糖化が起こると、コラーゲンが劣化してしまいます。コラーゲンには保湿効果があるため、コラーゲンが劣化すると肌が乾燥しやすくなり、敏感肌が進む原因につながってしまいます。そのため、敏感肌の方は糖化を防いで肌を守るように心がけたいですね。

糖化を予防するには

糖化の予防には、食生活が深く関係しています。糖化は、血糖値の急上昇で起こりやすいので、血糖をコントロールするような食生活を意識しましょう!

・白砂糖、白米、小麦粉といった血糖値の上昇しやすい食品を控える
・そば、玄米ご飯、野菜、さつまいも、果物といった血糖値の上昇しにくい食品を食べる
・疲れた時やお腹が空いた時に甘い物が欲しくなっても食べ過ぎないようにする
・適度な運動をして血液中の糖を燃焼させる

糖化が進みやすい敏感肌の方は、コラーゲンの生成を助けるビタミンCを意識して摂取して肌の乾燥を防ぎましょう。特に柑橘類やピーマン、キウイフルーツに多く含まれます。糖質とたんぱく質を食べないようにすることが糖化の予防につながるわけではないので、バランスの取れた食事をきちんと食べ、糖化から肌を守りましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント