ネイルって年齢制限あるの?ネイルと年齢の疑問&敏感肌になりやすい年齢がある? | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

子供のときに、お母さんの化粧品からマニキュアを取り出して、爪に塗ったことがあるという方は多いのではないでしょうか。またお店では子供用の水溶性マニキュアや、キッズ用のネイルシールなどが販売されているので、大人はもちろん、子供にとってもネイルは身近なものと言えます。では、ネイルサロンへお客さんとして行く時に年齢制限はあるのでしょうか?今回の記事では、ネイルの年齢制限についてご紹介します。そして私達の身体は、年齢を重ねることによって様々な機能が低下していきます。老化は生きていく上で自然な現象なので、誰もが避けて通れません。そして残念ながら、加齢によって肌トラブルは増えることがあるようです。若い時は何ともなかったのに、年齢を重ねてから肌が敏感になった、という方も少なくありません。肌の老化にさまざまな要因が加わることで、敏感肌に偏りやすくなってしまうのです。今回は敏感肌になりやすい年齢についても合わせてご紹介します。

ネイルサロンへ行く時に年齢制限はあるの?

日々のおしゃれとして、またイベントや大切な日に向けてネイルサロンへ行くという方は多いです。特にジェルネイルの場合、道具がたくさん必要だったり、キレイに仕上げるには技術が大切なので、「マニキュアは自分で塗るけど、ジェルネイルはサロンに行く」という人もいます。ではネイルサロンは、年齢に関わらず利用できるのでしょうか。例えば中学生や高校生が、長期休暇の間だけネイルサロンでネイルを楽しむといったこともできるのでしょうか?

年齢制限を設けているネイルサロンが多い

ネイルサロンは20代、30代の方はもちろん、80歳以上の方も利用しています。実際に筆者が働いていたサロンでは、様々な年代のお客さんに施術をしました。しかし、18歳以下の場合は利用をお断りしていたり、親権者の同意書や同行が必要なサロンがほとんどです。特に15歳以下は、親権者の同意があってもお断りされるのではないでしょうか。理由としては、人間は男女問わず18歳頃まで体が成長し続けるという点が関わっています。成長といっても身長や体重だけではなく、大人になるにつれて指や爪の形の変化していくのも、成長の一種です。成長しきっていない子供の爪は、大人の爪よりも柔らかく脆い傾向にあります。そんな爪に、ジェルネイルやスカルプなど、密着して固まるものをつけるのは、想像するだけでもなんだか良くない気がしますよね。またネイルをすることで、指や爪の成長に悪影響を及ぼすかもしれません。

ネイルは法律で年齢制限がされているものではなく、正しい施術をすれば爪や体に害はありません。しかし体の一部につけるという性質上、かぶれやかゆみ、水疱ができるといったアレルギーが起きることも。おしゃれに年齢制限があるのは悲しいことですが、成長中に爪の健康を保つことで、将来的に長くネイルが楽しめるはずです。まずは付け外しがしやすいマニキュアやネイルチップなどで、おしゃれをしてみてはいかがでしょうか。

年齢肌はターンオーバーの遅れ、乾燥が原因

肌は周期的に生まれ変わっており、これをターンオーバーといいます。20代の健康な肌は28日周期でターンオーバーが行われていますが、加齢によって周期は40日、60日とどんどん長くなっていきます。肌は表面の古い角質層からはがれ落ちて生まれ変わっていくものですが、ターンオーバーが遅れてくると、はがれ落ちない角質層が表面に溜まるようになり、バリア機能の低下を招きます。バリア機能が低下すると、外部からの刺激をブロックできなくなるために、ちょっとした刺激にも敏感に反応し、肌が炎症を起こすようになってしまいます。また、加齢と共に皮脂の分泌量が減少し、肌が乾燥しやすくなることも敏感肌を引き起こしやすい要因になっています。







ストレスも肌に良くない

30代、40代に入ると、様々なストレスも増えくるのではないでしょうか。私達の身体は、ストレスを感じると自律神経の反応によって不調が起こりやすくなりますが、肌も同じです。ストレスによって新陳代謝が低下し、肌にトラブルが起こりやすくなってしまいます。また、ストレスはホルモンバランスを乱す原因にもなります。ホルモンバランスの乱れは、皮脂の分泌量を増やし、大人ニキビや吹き出物を発生させることがあります。

加齢による敏感肌を改善するには

敏感肌に偏ると、肌荒れ、かゆみ、痛みなどの炎症に悩まされるようになり、それが余計にまたストレスとなってしまうという肌の悪循環が起こります。加齢で低下した肌の機能を、スキンケアによって補うことで、敏感肌を改善していきましょう。

化粧品選びのポイント

敏感肌を改善するには、以下のポイントを押さえて化粧品を選びましょう。

・保湿効果の高いもの
・年齢肌に合った目的のもの
・セラミドが配合されており肌のバリア機能を高める効果があるもの
・肌に刺激のない化粧品(無添加化粧品・敏感肌用など)
・洗浄力がマイルドなクレンジング剤や洗顔料

洗顔で過剰に皮脂を奪うと乾燥を招くので、洗顔のやり過ぎに注意し、洗顔後は化粧水で十分に保湿します。その後、乳液やクリームなどで肌をしっかりと保護しましょう。また、規則正しい生活と共に質の良い睡眠を得ることを心がけることも大切です。夜22時~2時の間は、成長ホルモンの分泌が活発になり肌のターンオーバーが活性化する時間帯です。加齢によって肌の機能が低下している方は、この時間帯にしっかり睡眠をとることがおすすめです。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント