パラフィンパックはネイルサロンでできる?ハンドやフェイシャルのエステでしっとりお肌に | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

パラフィンパックという美容法はご存知ですか?ネイルサロンに行く方や、エステに通っている方だと知っている人が多いようです。しかし実際にパラフィンパックをしたことがある人は少なく、名前だけではどんなものでどんな効果が得られるのか、ちょっとわかりにくいですよね。今回の記事では、ネイルサロンやエステサロンで体験できるパラフィンパックとは一体どんなものなのかをご紹介します。そして豊富な知識とプロの技術で、肌本来の美しさを引き出してくれるエステサロンでは、専用の器具や化粧品を使い、家庭ではできないスペシャルな施術を受けることができます。また高い美容効果だけでなく、おもてなしを受けているような、精神的な満足感が得られるのもメリットのひとつですよね。そんな、お肌も心もリラックスさせてくれるエステサロンですが、敏感肌さんでも問題なく施術は受けられるのでしょうか?今回は敏感肌さんのエステサロンの選び方についても合わせてご紹介します。

パラフィンパックって何?

ネイルサロンのメニュー表に載っていることが多いパラフィンパック。実際に体験したことがある人は意外と少ないのではないでしょうか。パラフィンとはろう(蝋)のことを言います。つまりろうを使ったハンドパックということです。パラフィンパックのやり方はとてもシンプルなので以下でご紹介します。

パラフィンパックのやり方

まずは手を清潔にし、化粧水やクリームなどの保湿剤を塗ります。その後は専用のスチーマーで温め、サラサラの液体になったろうに、手をゆっくりと入れます。指は広げたまま入れましょう。数秒待って静かに引き上げると、手全体にろうの膜がはります。ろうの上からビニール手袋をつけ、さらにミトンで保温して、しばらくそのまま待ちます。10分くらい時間をおいたら、ろうをポロポロと剥がしていきます。仕上げにクリームを塗ったら完了です。

パラフィンパックの効果

パラフィンパックをすると、以下のような効果が期待できます。

・しっとりとした手肌を実感できる
・毛穴の広がりが抑えられる
・血行促進でリラックス
・角質をやわらかくする
・手に汗をかいてデトックス

上記のような効果はもちろん、パラフィンパック自体に美容成分や癒やされる香料などを含んでいるものが多いので、パックをしている間はリラックスタイムになるはずです。ネイルがついていてもできるので、ぜひネイルサロンで体験してみてください。

敏感肌でもエステは受けられる?

敏感肌だからといって、エステでのスキンケアはNG、というわけではありません。全ての施術内容ではありませんが、敏感肌でもエステを受けることはできます!むしろ、エステによって敏感肌を改善できることもあります。近年、敏感肌やアレルギーなどの肌トラブルを抱える方が急増してきた為、肌が弱い方向けのコースを用意しているエステサロンも増えているので、エステに挑戦しやすくなっているのではないでしょうか。







エステサロンを探す時のポイントは?

どんな肌質の方でも、普段と違う美容法をエステで行えばトラブルの起こる可能性があります。特に敏感肌は肌トラブルを起こしやすいため、サロン選びの段階から気をつけましょう。

エステサロンの選び方

・信頼できるサロンか?
施術の写真がサイトに載っていたり、施術内容がわかりやすく説明されていると安心ですね。

・敏感肌専用のコースがあるか?
敏感肌が気になる、という方は、まずは専用コースからトライしましょう。その後はお肌の調子に合わせて、コースを変えてみるのも良いかもしれません。

・カウンセリングが丁寧か?
口コミなどを見て、カウンセリングの満足度が高いか、勧誘や押し売りばかりされないかなどもチェックしておくのがおすすめです。

また上記の他に、医療機関の監修のもとに運営されている「メディカルサロン」を選ぶのもおすすめです。ニキビやアトピー性皮膚炎の療法を行っているサロンもあるようですよ。敏感肌三がエステを探す時には、まずサロンに問い合わせをして、適した施術を行っているかどうかを確認したほうが確実です。

敏感肌が施術の際に気を付けること

エステには、目的に合わせて色々な施術メニューが用意されています。敏感肌さんは、健康肌の方と違い、少しの刺激でも肌にトラブルを起こしがち・・・。施術内容によって、気を付けたい点も異なってくるので注意が必要です。

・フェイシャル
ピーリングやゴマージュなどの刺激性の高いメニューは控えましょう。リンパドレナージュなどの過度なマッサージも、肌への負担となるので注意が必要です。

・痩身
脂肪やセルライトを強いマッサージで揉みほぐすリンパマッサージは、肌への刺激が強い場合があります。お試しで受けるときには、エスティシャンに敏感肌だということを説明し、力加減を優しくしてもらいましょう。

・脱毛
エステ脱毛は医療脱毛と異なり、脱毛機器の出力が弱い傾向にあります。しかし敏感肌さんは優しい脱毛機器を使っても、施術時や施術後に赤みやほてりが出ることがあります。冷たく絞った濡れタオルで冷やすことで軽減されるので試してみてください。

・アロマテラピー
施術時に使用する精油は、エステサロンによって使うものが異なります。これまで精油をつかっていても平気だったのに、急に肌トラブルを起こすことも。エステティシャンに敏感肌であることを説明し、事前にパッチテストを実施してもらいましょう。

・ブライダル
シェービングの際、カミソリ負けすることがあるので、アフターケアをきちんとしてくれるサロンでの施術がオススメ。不安な場合は事前にアフターケアはどのようなことをしているか問い合わせましょう。

どんな施術内容でも、カウンセリングを受け、敏感肌であることをきちんとサロン側に伝えておく必要があります。エステティシャンの方と肌の様子をみて相談し、クリームやオイル、ジェルを使う時はパッチテストを実施してもらえるようなら安心です。

しっかりカウンセリングを

敏感肌でも受けられる優しい施術内容でも、残念ながら人によっては肌に合わない場合もあるので、施術する際は必ず事前カウンセリングを受けてください。またカウンセリングの際は、自分が敏感肌であると告げ、どんなことが気になっているか相談しましょう。トラブルを防ぐためにも、気になる疑問点があればどんどん質問して、納得してからエステを受けるようにしてくださいね。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント