ハロウィンネイルはいつからがおすすめなの?日本のハロウィンの始まりやポイントを解説 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ここ数年でかなりの盛り上がりを見せる日本のハロウィンですが、2020年はコスプレをしてパレードや街に集まるといったことは難しそうです。調べた所、ハロウィンの日に多くの人で混雑する渋谷は、ハロウィンによる来街を自粛してほしいと渋谷区長が呼び掛けをしています。いくら屋外とはいえ、たくさんの人が集まってしまうと新型コロナウイルスの感染が拡大してしまう可能性は否めません。そのような状況を作らないためにも、オンラインで自宅から参加できるハロウィンイベントの開催を予定しているそうです。ステイホームを守って、自宅でハロウィンを楽しむのがトレンドになるかもしれません。ハロウィンはイベントも人気ですが、ネイルでも人気なモチーフです。毎年ハロウィン前になるとハロウィンをモチーフにしたかわいいネイルをしている人が増えます。筆者もネイリストとして働いていたときは、ハロウィンシーズンになるとハロウィンがモチーフのネイルをよく施術していました。個人的にはクリスマスと同じくらいモチーフとして人気という印象があります。今回の記事では、ハロウィンネイルはいつからするのがおすすめかをご紹介します。またかわいいハロウィンネイルのデザインや、セルフネイルで取り入れる方法も合わせてご紹介します。2020年はハロウィンイベントへの参加は難しくても、ネイルで盛り上がることはできるので、かわいいネイルデザインで楽しみましょう!

ハロウィンはなぜ注目されているの?

ハロウィンは毎年10月31日に行われる、秋の収穫を祝うお祭りです。アメリカではかぼちゃをくり抜いたジャック・オー・ランタンを飾ったり、子どもたちが仮装をして近所を周り、「トリック・オア・トリート(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言ってお菓子をもらう風習があります。アメリカではとてもポピュラーなお祭りで、多くの大人や子供がおばけやモンスターなどの仮装をして楽しんでいます。

日本のハロウィン

日本のハロウィンはアメリカと異なり、まだまだ国民的なイベントではありません。好きな人だけが仮装をして、地域のパレードやイベントに参加するといった風潮があります。日本でハロウィンが一般的になったのはディズニーランドで行われる「ディズニーハロウィン」というイベントがきっかけで、初めて行われたのは1997年と最近です。それまではテーマパークやイベント会社、お菓子会社でもハロウィンを取り扱う動きはほとんどありませんでした。2000年代になるとハロウィンモチーフのお菓子が発売されるようになり、ハロウィン市場が少しずつ拡大していきます。そして2010年代にはSNSが一般的に普及し、スマホで写真を撮って、SNSにアップするという機会が格段に増えます。そういったライフスタイルの変化もあってか、子供や大人がおばけやモンスターなどに留まらず様々な仮装をしてイベントを楽しむ、そしてSNSにアップするという日本独自のハロウィンが行われるようになりました。本来の子供がお菓子をもらう風習などは踏襲されていません。多くの人が好き好きに仮装をして街に繰り出すという姿は外国人にとって珍しいようで、その時期を狙って来日する人もいるほど、日本のハロウィンは有名になっています。

ハロウィンネイルはいつから始めるのがいいの?時期とポイントを紹介

ハロウィン当日までにかわいいネイルの準備をしておきたいですよね。そこでマニキュアとジェルネイルでは何日前からハロウィンネイルを始めたほうが良いのか、以下でご紹介します。







マニキュアでハロウィンネイルをする場合

マニキュアの場合は、剥がれやすい人だと2~3日しか持たず、長持ちする人でも1週間前後の持ちが平均です。そのため、ハロウィンの2~3日前に塗るのがおすすめです。マニキュアは完全に乾くために必要な時間が24時間以上と言われており、表面が乾いているように見えても、内部は乾いていないということが多いです。そのためハロウィン前日の夜にマニキュアを塗ってしまうと、ハロウィン当日はまだマニキュアが完全に乾いておらず、ヨレたり傷がついてしまう可能性があります。触れても傷がつかないように、余裕を持って2~3日前にマニキュアを塗っておいたほうがよいでしょう。

ベースコート、トップコートが大事

最近はオールインワンタイプで、ベースコートやトップコートのいらないマニキュアが販売されていますが、そうでないものはベースコート、トップコートをしっかり塗っておきましょう。ベースコートには上に塗るマニキュアの発色を良くし、さらに爪に定着しやすくなる効果があります。そしてトップコートにはコーティングで剥がれにくくする効果があり、仕上げに塗ることで光沢がプラスされて見栄えが良くなります。さらにマニキュアが剥がれにくくするには爪表面だけでなく爪先端の曲線にも塗るようにしてみてください。

ジェルネイルでハロウィンネイルをする場合

ジェルネイルはマニキュアに比べると非常に持ちがよく、平均で3~4週間ほど爪にジェルがついた状態を保てます。そのためハロウィン当日の3~4週間前にハロウィンネイルをしてもOKです。しかし爪は少しずつ伸びていくので、かなり前にジェルをつけてしまうと、ハロウィン当日は爪が伸びた状態のジェルネイルになってしまいます。ハロウィン当日の仮装のクオリティアップのためや、イベントのためにジェルネイルをするなら、2日~1週間前がおすすめです。



ちなみにハロウィンの日程とはあまり関係なく、ハロウィンシーズンにハロウィンモチーフのネイルがしたいという場合は、9月頃からネイルをしてもOKです!お店で様々なハロウィングッズが売り出されるのはだいたい9月頃からなので、その時期なら違和感なくハロウィンネイルが楽しめます。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント