二枚爪の原因や手の爪が欠けやすいのはなぜ?&乾燥肌から敏感肌になってしまう原因 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

せっかくかわいいネイルをしたのに爪が二枚爪になってしまい、ジェルネイルが爪の表面と一緒に剥がれてしまったことはありませんか?こうなってしまっては、ジェルの持ちの良し悪しに関係なく諦めるしかありません。というのも、二枚爪によるネイルの剥がれは、たとえネイルを付けたてだったとしても、ネイルサロンでは「お直し」の対象にはなりません。お気に入りのネイルを長く楽しむためにも、できれば二枚爪になるのは避けたいですよね!今回は二枚爪になる原因や手の爪が欠けやすい理由など、その対処法についてご紹介します。また敏感肌というのは、生まれつき肌が弱い人にも起こります。しかし、ほとんどの場合、肌の乾燥が原因で起こっています。肌の乾燥を感じている人は多いと思いますが、そのまま放置しておくと、敏感肌に傾いてトラブルを起こしやすくなります。今回は、乾燥肌が敏感肌に進むメカニズムについても一緒にご紹介します。

二枚爪や爪割れのイメージ

せっかくオシャレをしても、ボロボロの爪を見るとテンションが下がりますよね。また指先は自分が思っている以上に人から見られており、自身のイメージも大きく左右します。ボロボロの爪は生活感が出たり、実年齢より老けて見られるなど、マイナスのイメージが強く女性としては気になるところです。しかし厄介なことに、爪は年齢を重ねるごとに弱くなり、割れやすくなっていくのです。特にトラブルとして多くなるのが「二枚爪」です。爪は3層でできているのですが、二枚爪とは、爪先端の層の表面が剥がれて欠けてしまった状態を言います。層の剥がれた爪は薄くなり、回復することはありません。そして、そこからさらに割れたり欠けたりして、爪がボロボロになってしまうのです。

二枚爪の原因と対処法

二枚爪になる原因

なぜ二枚爪になってしまうのでしょうか?原因はいくつかあります。まず一番に考えられるのは、爪の乾燥です。生活の中で頻繁に手を洗ったり、水仕事をすることで、手肌や爪はとても乾燥します。日常的にこれを積み重ねることで乾燥した状態が続き、二枚爪になることがあります。次に考えられるのは、爪先に何かしらの衝撃を受けた場合です。例えば、何かにぶつけたり挟んだりして爪にダメージが加わることで、二枚爪になったりします。また、ジェルネイルをしている人も二枚爪になりやすいです。油分を取った状態の爪に、合成樹脂を密着させたのがジェルネイルです。ほとんどのジェルの中には、エタノールやアセトンなどの、揮発性や脱脂性のある有機溶剤が含まれています。そのため、場合によってはジェルネイルをすることで爪が乾燥します。さらに元々爪が弱っている人は、ジェルの硬さに爪が絶えられず、爪に負担がかかり二枚爪なることがあるので、自分の爪に合ったジェルを選ぶことが大切です。

対処法

二枚爪にならないようにするには、以下のような対処法が効果的です。

・手を洗ったら保湿する
・爪切りを使わずに、ヤスリで爪は短くする
・指先の血行を良くするため、こまめにマッサージする

二枚爪や爪の欠けは、日々の生活の中で起こります。毎日対処法を意識して続けることが、健康な爪への近道となります。







乾燥肌が敏感肌に進むメカニズム

なぜ肌が乾燥していると敏感肌に傾きやすくなるのでしょうか?これは、肌の乾燥が角質層のバリア機能を低下させてしまうからです。肌の表面にある角質層は薄い角層が何層にも重なって構成されていて、肌のバリア機能を果たしています。このバリア機能によって、外部からの刺激(紫外線、細菌、ほこりなど)をブロックしています。肌の水分と油分が十分に足りている場合、角質層の内部が皮脂や水分で満たされて、しっかりとしたバリアの役目を果たします。しかし肌の水分や油分が不足してしまうと、角質層をしっかりと満たすことができず、バリア機能が低下します。そして外部からの刺激をブロックできなくなるため、肌内部に刺激が侵入して炎症が起こってしまうのです。

敏感肌が乾燥を進めることにも

敏感肌は肌が乾燥しやすい状態です。乾燥が進んでバリア機能がさらに低下するという悪循環に陥りやすいので、十分に気をつけましょう!角質層は肌の表面をコーティングして、内側の水分を閉じ込める保湿の役割もあります。しかし敏感肌の角質層は、水分と油分が不足してはがれ落ちやすくなっています。そして肌のキメが荒れた状態となり、そのすき間から肌内部の水分が蒸発しやすくなってしまいます。

乾燥肌の原因は?

乾燥肌の原因の多くは、適切なスキンケアが行われていないために肌の乾燥が進んでいることが考えられます。

・化粧水などでの保湿が足りてない
・さっぱりし過ぎた化粧品を使っている
・洗顔のし過ぎで余分な皮脂を洗い流している
・ストレスなどによるホルモンバランスの影響
・冬の乾燥や夏のクーラーなどの外的環境
・季節の変わり目

などがあげられます。乾燥性敏感肌を改善するには乾燥を防ぐことが何よりも重要です。

乾燥性敏感肌の改善方法

乾燥性敏感肌を改善するには、肌を十分に保湿することが重要です。保湿力の高い化粧品を選んでスキンケアを行いましょう!また、角質層に含まれるセラミドやNMF(天然保湿因子)が不足することで、バリア機能の低下を引き起こします。そのため、これらの成分を配合した化粧品を選ぶのが効果的です。乾燥性敏感肌は、改善しても繰り返し起こりやすいので意識してケアすることが必要です。

肌が乾燥しやすくなったら早目に保湿を意識したスキンケアを行い、敏感肌に進むのを防ぐようにしましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント