爪が割れるのも更年期のせい?大人の女性は知っておきたい更年期とお肌の関係 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

女性の爪や肌は、加齢によって影響を受けることが多々あります。特に更年期には、女性ホルモンのバランスの変化によって爪が割れやすくなったり、肌質が変わったり、また肌トラブルが起こりやすくなってしまうことも少なくありません。では、更年期が爪や肌に与える影響とは一体どんなものなのでしょうか?今回は、更年期で爪が割れやすくなる原因や、肌トラブルの原因についてご紹介します。

更年期とは

更年期というのは、卵巣の機能が完全にストップする閉経までの前後10年間くらいのことを指します。日本人女性の多くは、45才から55才くらいの時期に更年期を迎えるといわれています。卵巣の働きが低下し始めると女性ホルモンが急激に減少し、自律神経のバランスが乱れて、心身にさまざまな不調を引き起こします。更年期に自律神経のバランスが乱れて起こる心身の不調を「更年期障害」といいます。更年期障害は多くの女性にみられますが、更年期障害がなくこの時期を明るく乗り越える人もいれば、症状が重いために辛い思いをする人もいるなど、個人差があります。閉経するとホルモンバランスが安定してくるので更年期障害は自然になくなります。

更年期の症状

更年期にはさまざまな症状がみられます。女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」が減ることで、血行不良や新陳代謝の低下が起こります。その影響で、肩こり、のぼせ、動悸、イライラ、不眠といった症状が起きることがあり、肌にも変化がみられるようになるのです。エストロゲンには肌の潤いを保つ作用があるため、エストロゲンが減る更年期には肌が乾燥しやすくなります。また新陳代謝が低下するため、肌のバリア機能も低下してしまいます。このような肌の乾燥やバリア機能の低下が、敏感肌の原因となります。そのため更年期になると、肌のカサつきやかぶれ、ヒリヒリなどの肌トラブルが起こりやすくなるのです。







爪が割れるのは更年期のせい?

爪が割れる一番の原因は乾燥です。更年期になると、女性ホルモンが低下することは上記でもお伝えしましたが、実は女性ホルモンには水分を保持する力があります。若い時は何もしなくても、肌の潤いをキープできているのはこのためです。更年期で女性ホルモンが減少し、自らの保湿力が衰えていくことで、爪や髪、肌など、あらゆるところが乾燥しやすくなっていきます。さらに更年期は爪に必要な栄養素である、ケラチンを保つ力も衰えていきます。そうして潤いと必要な成分が不足した爪は、ますます弱っていきます。また大人の爪の悩みとして多いのは、爪に筋が入ることです。爪が割れるまではいかなくても、筋が入っている場合も主な原因は、やはり乾燥や加齢によることがほとんどです。

割れてしまう大人の爪の対処法

元々健康だったはずの爪が割れてしまうのは、乾燥や加齢の他にも、爪をぶつけるなどの外的要因や栄養不足という場合も考えられます。気になる爪のトラブルを更年期だからと諦めず、適切なケアを行い改善していきましょう!以下で、割れやすい大人の爪の対処法をご紹介します。

基本は保湿ケア

爪に潤いがあれば、割れることはほとんどありません。つまり爪を乾燥させないことが、割れにくくする一番手っ取り早い対処法です。ポイントは、爪の生え際と爪表面にしっかりと保湿オイルを塗り込むことです。甘皮周りの乾燥は、生えてくる爪も乾燥させてしまいます。また、爪の表面ごと保湿オイルを塗ることで爪に油膜ができ、コーティングの役割を果たします。こまめにオイルを塗ることで、保湿と共に爪を保護できます。

マニキュアを塗る

外的要因で爪が割れたり欠けたりした場合は、そこから服や髪が引っ掛かりやすく危ないので、マニキュアで物理的にコーティングしてしまいます。角がある場合は危ないので、ヤスリで滑らかに削った後にマニキュアを塗りましょう。

気になる爪の筋は軽く削る

更年期に限らず、爪は乾燥したり栄養不足になると縦に筋が入ってしまいます。こうなると、保湿しても元に戻ることはありません。筋が深く、マニキュア塗っても凹凸が隠せない時は、スポンジバッファーを使い表面を軽く削ります。これで筋が消えることはありませんが、多少は目立たなくなります。この時、削り過ぎには十分注意しましょう。削った後は爪表面が荒れているので、爪にオイルを馴染ませて保護してください。

その他にも、タンパク質やケラチンを含む食材を意識して摂取することも大切です。爪のトラブルが起きても更年期だからと諦めず、上手に対処していきましょう!

更年期の肌対策

スキンケア対策

更年期の肌は乾燥しやすいので、しっかりと保湿することを心がけましょう。保湿力が高く、肌に低刺激な化粧品を選ぶようにしてください。また、バリア機能が低下している状態での紫外線は、お肌の天敵です!紫外線を浴びてしまうと、シワやたるみ、シミといった肌の老化を引き起こします。更年期に入ったら、より入念な紫外線ケアを心がけましょう。洗濯物を干したり、室内の窓際にいるだけでも紫外線を浴びてしまうので、日ごろから紫外線対策を怠らないように意識してください。

体の内側から対策

更年期は、体の内側から肌と体の調子を整えてあげることも大切です。規則正しい生活と、栄養バランスのとれた食事、十分な睡眠を心がけましょう。何かと悩みやストレスの多い世代ですが、ストレスを発散させる自分なりの方法を見つけることも、更年期障害を軽くします。また、血行を促進させるビタミンEや、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを意識して摂ると、肌の調子を整えるのに効果的です。

自分にはまだまだ先だと思っていても、更年期はいつかやってくるものです。意識して対策を取り、乗り越えていきましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント