ネイルした後ケアしてる?ケアをした方が良い理由&お風呂の後のうる肌ボディケア♪ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ネイルをする前には、甘皮などのケアは欠かせません。では、ネイルをした後のケアはどうしていますか?ネイルが仕上がったことが嬉しくて、ついついネイル後のケアは怠りがちな人が多いです。皆さんの中にも、心当たりのある人がいるのではないでしょうか?実はネイル終了後の指先は、施術の際にエタノールなどの薬品を使用しているため、ネイルをする前よりも過度に乾燥しています。ここでしっかりとケアをして、手肌の状態をリセットしておけば、指先の乾燥を軽減することができます。今回は、ネイルした後のケアについてご紹介します。また入浴後、「顔の保湿はしっかり行っていても、ボディケアまではしていない・・・」という人も多いのではないでしょうか?体も顔と同じで、入浴後は乾燥しやすくなっています。特に敏感肌の人は肌がデリケートで、元々乾燥しがちです。そのため、入浴後の保湿ケアはとても大切です。今回は、お風呂の後のボディケアについても一緒にご紹介します。

ネイルした後にケアした方が良い理由

ネイルサロンでジェルネイルをしてもらうと、最後にキューティクルオイルを塗ってくれるお店が多いと思います。サロンでオイルを塗る理由は、施術で乾燥した指先の保湿はもちろんですが、主にネイルの仕上がりを美しく見せるためや、サービスの一貫だったりします。そのためセルフでネイルをした時は、サロンのように最後にオイルを塗らなくても、案外乾燥は気にならない人が多いです。しかし本来は、ネイルの後こそしっかりとケアして欲しいのです。その理由は、

・ネイルをする時に薬品を使う
・肌が敏感になっている
・細かいダストが付いている

ということです。ネイルをする時に使用するエタノールやリムーバーは、肌に強い刺激を与え、乾燥させます。また、爪を削った時に出るダストは細かくわかりにくいだけで、手肌に付着していることがほとんどです。つまりネイルをした後の手は、想像以上に敏感になっているのです。ネイルした後に必要なケアは、手を良く洗い、しっかりと薬品やダストを落とし、オイルやクリームで敏感肌になっている肌を保護することです。

これはネイルサロンに行った後も同様です。施術が終わった後は、帰りに洗面所を借りるなどして、できるだけ早く手肌のストレスになるものはキレイに洗い流し、保湿ケアをするようにしましょう!

入浴後の肌はとても乾燥している

浴室は湿度が高いので、肌は乾燥しないと思われがちですが、そんなことはありません。たしかに湯船に浸かることで一時的に肌はうるおいます。しかし、湯船から出て頭や体を洗っている時には、すでに肌の水分が奪われ始めています。さらにお風呂からあがってタオルで体を拭き始めると、急速に体の乾燥が進んでいきます。そして入浴後20~30分後には肌の乾燥がピークになり、入浴前より肌の水分量が少なくなることもあります。







なぜ入浴で乾燥が起こるの?

入浴で乾燥が起こるのは、お湯によって肌がふやけるからです。水分を吸ってふやけた角質層から、セラミドなどの天然保湿因子が流れ出るため、肌の乾燥が進んでいきます。さらに、ふやけた角質は通常よりも柔らかく、剥がれやすい状態になっています。そのため体を洗うことで、角質や天然保湿因子がどんどん洗い流されてしまうのです。

入浴後のボディケアで乾燥を防ぐ

入浴後にはしっかりとボディケアを行い、乾燥から肌を守る必要があります。ボディケアのポイントは以下の2点です。

・肌のバリア機能を壊さない
入浴後でデリケートになっている角質層をごしごし擦るのは禁物です。身体を拭く時は、角質をはがさないよう、肌の水分はバスタオルで押さえるようにし、やさしく吸い取りましょう。バスタオルは柔らかく肌触りの良い物がおすすめです。

・すぐに保湿する
肌は時間の経過と共に乾燥が進むので、一刻も早い保湿ケアが必要です。肌の水分が蒸散する、できれば10分以内にはフェイスケアとボディケアを行いましょう。特に冬は乾燥しやすいので、入念にボディケアを行ってください。

ボディケア用品の種類

ボディケア用品には様々な種類のものがあります。

・ボディローション
さらっとしているけど保湿効果もあり、のびが良い。

・ボディクリーム
こくがあって保湿効果が高い。

・ボディミルク
乳液状で保湿効果が高い。

・オイル
皮脂に近くのびが良い。

・ワセリン
処方せんにも使われる鉱物油由来の保湿剤でアレルギーの心配がない。ピンポイントでのケアに効果的。

などがあります。それぞれの肌状態に合わせたり、好みの使用感のものを色々と試してみましょう。

敏感肌におすすめの成分とケア法

敏感肌におすすめの成分

・保湿成分
セラミド、ヒアルロン酸、ビタミンE、ホホバオイル

・抗炎症成分
グリチルリチン酸ジカリウム

などが配合されたボディケアアイテムがおすすめです。

保湿効果を高めるケア法

より保湿効果を高めるなら、お風呂から出たら肌の水滴をふき取る前に、天然の植物性オイルを塗りましょう!また、かゆみがある場合には薬用の化粧品を選んで下さい。そして、ひざやひじのような、特に乾燥の気になる部分にはオイルやクリーム、ワセリンなどの高保湿タイプのアイテムを使用すると効果的です。

お風呂で身体をあたためて全身をリラックスさせた後は、お肌の水分が逃げてしまう前に素早く保湿しケアしていきましょう!








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント