セルフのジェルネイルの持ちはどのくらい?&髪の根元をリタッチするおすすめの頻度 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

セルフでジェルネイルをすると数日後にジェルが浮いてくることはありませんか?ここでいう浮きとは、爪に密着したはずのジェルネイルがポロッと取れてしまうことを指します。ジェルネイルは「持ちが良い」はずなのにすぐに取れてしまうと気分が下がってしまいます。セルフジェルネイルをしていると、ジェルと爪の密着が良くなるように、下処理としてケアをしたり、サンディングという軽く削ったりする工程を行いますが、この下処理のやり方が原因で、根元からジェルが浮いてしまうのかもしれません。今回の記事では、セルフのジェルネイルの持ちについてと、ジェルネイルが根元から浮くのはどんな原因があるのかをご紹介します。また根元にちなんで、髪の毛の根元をリタッチするおすすめの頻度についても合わせてご紹介します。

セルフでジェルネイルを塗ると持ちが悪い?

ジェルネイルの持ちはおおよそ2~4週間が平均です。セルフネイルの場合、利き手の爪に塗るのは意外と難しいので、慣れないうちは3週間ほど持てばOKと考えましょう。しかし数日、もしくは1週間ほどで一部が欠けたり剥がれたりしてしまうのは、ジェルを塗る前の下処理となる、ネイルケアのやり方やジェルの塗り方、そしてジェルの種類に問題があるかもしれません。

セルフネイルで根元が浮きにくくなるポイント

セルフネイルで根元が浮いてしまうときは、以下のようなポイントを見直してみましょう。

根元のネイルケアが行き届いていない

基本的にジェルネイルを塗る前にはネイルケアをしっかり行う必要があります。つい適当にケアを終わらせてしまう人は、これを機に根元が浮きにくいケア方法を知っておきましょう。

・ストーンプッシャーを使う
ストーンプッシャーとは、全て金属でできているメタルプッシャーとは異なる、甘皮を押し上げるためのネイル道具です。先端が軽石のようなセラミックでできていて、柄がプラスチックになっているものもあれば、全体がセラミックでできているものもあります。甘皮の押し上げにストーンプッシャーを使うと、石の部分が甘皮を押し上げながら、同時に根元を軽くやすることができます。甘皮処理とサンディングが1度にできる便利なアイテムです。ジェルネイル前にはメタルプッシャーではなく、ストーンプッシャーを使ってみましょう。

・キューティクルニッパーを使う

甘皮は押し上げるだけでもある程度処理できますが、もっと爪の根元をきれいにケアしたい場合はキューティクルニッパーを用意しましょう。キューティクルニッパーは押し上げてはみ出た甘皮をカットできるだけでなく、爪のサイドからちょっと飛び出した小爪や、ささくれなども除去することができます。刃物なので、扱いには十分気をつけてくださいね。

・サンディングは隅々まで、でもやりすぎない
サンディングとは、スポンジバッファーで爪の表面を軽く擦ってツヤを消すことです。例えばつるんとした表面にテープを貼るよりも、凹凸があってギザギザの表面にテープを貼るほうがくっつきやすいですよね。それと同じで、爪をサンディングして凹凸をつけることで、ジェルが爪表面に密着しやすくなるのです。スポンジファイル(バッファーとも言います)は100~180グリッドの粗さのものを、ネイルファイルは150~180グリッドの粗さのものを使いましょう。特に根元はサンディングしにくいので、しっかり狙いを定めてスポンジファイルやネイルファイルを当ててくださいね。しかしサンディングはやりすぎると爪が薄くなってしまうので、軽く爪表面に傷がつく程度にしましょう。削り過ぎを防ぐためにもネイルファイルよりもスポンジファイルを使うのがおすすめです。ちなみに爪が元々薄くて、サンディングをあまりしたくないという人は、サンディング不要のベースジェルを使ってみてください。

セルフネイルをする前はネイルオイル、ハンドクリームを使わない

保湿のために、こまめにネイルオイルやハンドクリームを塗っている人も多いのではないでしょうか?しかしオイルやクリームなどに含まれている油分はジェルの天敵です。油分が爪に付いているとその部分にジェルが定着しにくく、剥がれやすくなります。ジェルを塗る前はネイルオイルやハンドクリームを使わず、消毒用エタノール等で爪表面、先端、根元まで拭き取って、油分を除去しましょう。

ベースジェルやトップジェルを薄く2度塗りする

ベースジェルやトップジェルの厚みが薄すぎて、根元から浮きやすくなっているという可能性もあります。1度で厚塗りに仕上げようとすると爪全体のフォルムが歪みやすいので、薄く2度塗りしてみてくださいね。







オフ~サンディングまでの手順

ジェルオフからサンディングまでの手順を説明します。自分のやり方と照らし合わせて確認してみてくださいね。ネイルケアはジェルオフからの流れで甘皮ケアからになっていますが、先に長さを整えてもOKです。

ジェルオフ

①ジェルリムーバー(除光液では落ちません)
②ネイルファイル(150G)
③ウッドスティック(メタルプッシャーの方がより良い)
④コットン(爪より一回り大きいサイズに切っておく)
⑤アルミホイル(指を負ける大きさに切っておく)

・手順
①ネイルファイルでジェルの表面を削っていきます。ダストが落ちるのでキッチンペーパーやいらないチラシなどを下に敷いておくのがおすすめです。

②写真のようにトップジェル、カラージェルを削ってベースジェルだけが残っている状態まで削ります。

③アルミホイルの真ん中あたりに指を置いて、爪の上にコットンを置きます。コットンの上にリムーバーを垂らしてアルミホイルで指を巻きましょう。

④アルミホイルは写真のようにしっかり隙間なく巻きます。また、ジェルリムーバーは机に垂れると素材によっては傷つくおそれがあるので注意しましょう。

⑤数分置いてから1本アルミを外し、ウッドスティック(あればメタルプッシャー)でジェルをこそぎ落とします。取れにくい場合は無理やり取ろうとぜせず、少し削ってからもう1度アルミを巻いて後回しにしたほうがオフしやすいです。

⑥根元、サイド、爪先にジェルが残りやすいのできれいに落とします。残っていると表面の凹凸になったりジェルが取れやすくなったりするのでオフで表面に何も付いていない状態にすることは重要です。10本のオフが終わったらケアに入ります。

ネイルケア~サンディング

ネイルケア
①メタルプッシャー(ストーンプッシャーでもOK)
②キューティクルニッパー
③エメリーボード(180G)、スポンジバッファー(100G/180G)
④ネイルブラシ(なくてもOK)

サンディングと油分除去
・スポンジバッファー
・消毒用エタノールかネイルクリーナー
・ワイプ(キッチンペーパーでOK)

・手順

①メタルプッシャーで甘皮を押し上げていきます。ストーンプッシャーを使う場合は押し上げるというよりも根元のラインに沿って小刻みに動かしたり、くるくると円を描くように動かしたりしていくようなイメージです。

②押し上げられたら、キューティクルニッパーで爪周りのささくれや甘皮を除去していきます。刃の向きに注意して皮膚を傷つけないようにしてください。根元がきれいにカーブを描いていると塗りやすく見栄えも良いので丁寧にニッパーを動かしていきましょう。

③甘皮除去ができたらエメリーボードで自爪の長さと形を整えていきます。爪の長さは全体のバランスを見ながら左右で同じ長さになるように合わせてください。

④長さと形が整ったらスポンジバッファーで爪先端の裏に削りかす(バリ)をきれいに取り除きます。10本終わったら一旦ネイルブラシで手についたダストをしっかり払いましょう。

⑤サンディングします。スポンジバッファー(180G)で爪の表面を軽く擦ってツヤを消しましょう。根元やサイドから浮きやすいのでバッファーの角を使ってしっかりとサンディングしてください。

⑥もう1度ネイルブラシでダストを払って手に削りかすや甘皮が残っていない状態にします。

⑦ワイプに消毒用エタノールかネイルクリーナーを出して爪の表面を拭いて油分と水分の除去をします。油分除去しながら残っているダストなどがあれば拭き取ってください。10本の油分除去が済んだら終了です。ベースジェルを塗ってきましょう!

ポイント

・ジェルオフの際は、目の荒いファイルのほうがよく削れます。150Gで始めて、慣れたら100Gで削ると時短になります。くれぐれも自爪を削らないように注意してください。
・オフでも使うのでメタルプッシャーがあると便利です。100円ショップでも販売されていますし、ネット通販でも購入できます。
・サンディングは爪の表面全体をしっかり行いましょう。スポンジバッファーが当てにくい端の方はストーンプッシャーがあると便利です。

髪の根元をリタッチする頻度はどれくらいがいいの?

髪の毛の根元だけ染めることをリタッチと言います。今のヘアカラーを維持して、根元の黒髪部分だけ染めたいという人だけでなく、髪の毛の傷みが気になるという人にもリタッチはおすすめです。ヘアカラーはどんなに傷みにくい薬剤を使用しても、回数を重ねれば重ねるほど髪に負担がかかります。何度も髪全体を染めることで、毛先がパサパサになってしまうのです。そこで毛先の髪色と合わせるように根元だけ染めれば、負担がかかるのは毎回根元のみになります。リタッチのおすすめ頻度は1~2ヶ月です。髪の毛は個人差がありますが、1ヶ月で1~1.5センチほど伸びます。1センチ程度染めていない部分が伸びているのは他人から見てもほとんど気になりませんが、2センチ以上伸びてしまうとかなり目立ちます。そのため1~2ヶ月に1度はリタッチをしてきれいな髪色を維持しましょう。全体染めではなくリタッチにすることで時短もできますし、費用も抑えられます。雰囲気を変えたいという人には向いていませんが、髪の傷みが気になる、髪を長く伸ばしたいという人におすすめです。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント