セルフネイルでジェルが剥がれる理由&お肌に優しいセルフマッサージのコツ | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

セルフネイルでジェルを始めたとき、悩みのタネになるのが「持ちの悪さ」です。「セルフだと2週間持たない」「下手したら1週間しないで剥がれる」という方もいるのではないでしょうか。ジェルネイルを始めたてでは仕方がないことではありますが、せっかくのジェルだからこそ、長期間剥がれずに持ってほしいですよね。そこで今回は、セルフネイルでジェルが剥がれる理由と、対策についてご紹介します。そして顔のマッサージはとても気持ちが良く、嫌いだという方はあまりいませんよね。人の手でしてもらうマッサージも良いのですが、自分で行うマッサージはいつでも手軽に実践できるのがメリットです。もちろん敏感肌さんでも、注意点さえきちんと守ればセルフマッサージをすることができます!今回の記事で、敏感肌さんがセルフマッサージを行う効果や注意点を確認してみましょう。

セルフネイルでジェルが剥がれる理由は?対策と一緒に紹介

ジェルネイルの道具はネットだけでなく、コスメショップやバラエティショップでも購入できますよね。気軽に始められて、上手に塗ればプロ級に見えるところもジェルネイルの良さと言えます。しかしセルフジェルネイルは、持ちが悪いと考えている人も多いようです。ジェルネイルは基本的に3週間~4週間ほど持つものがほとんどですが、セルフでつけると1~2週間で剥がれてしまうこともあります。それは以下のような理由が原因かもしれません。持ちをよくするための対策と一緒にご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。

塗る前のケアがしっかりできていない

ジェルを塗る前のケアは行っていますか?ケアとは主に「爪の長さ整え」「甘皮ケア」「サンディング(爪の表面整え)」を指します。まず爪の長さを整える時は、エメリーボードで長さや形を整えたら、スポンジファイルでバリを取り除きましょう。バリや削りカスが残っていると、そこから隙間ができて剥がれやすくなります。そして甘皮も爪とジェルの間に隙間ができる原因です。セラミックプッシャーなどを使って、しっかり甘皮を押し上げて、ルースキューティクルは爪表面に残らないようにしましょう。最後にサンディングですが、最近はノンサンディングのベースジェルが主流になっているので、爪の表面はケアしないこともあります。しかし爪に大きな凸凹がある場合は、爪を薄くしないように表面をなだらかにしましょう。持ちに加えて仕上がりもよくなりますよ。

ジェルが根本や爪のサイドにはみ出している

根本やサイドのキワのキワまで塗ろうとすると、ジェルがはみ出しやすくなります。またゆるいテイクスチャーのジェルは1度に塗る量が多いと、爪の端へ流れやすくなります。そのまま硬化してしまうと、隙間ができて空気や水分が入り剥がれる原因となります。まずは硬化する前に、爪全体と爪周りの皮膚を確認し、余計なところにジェルがついていないか確認しましょう。もしジェルが付いていたら、ウッドスティック等でそっと取り除いてください。

爪の先端や根本がきちんと塗れていない

ジェルネイルは「爪の先端」か「爪の根元」のどちらかから剥がれることがほとんどです。もし爪の先端からジェルが剥がれている場合は、爪先までジェルが覆われていない可能性が高いです。爪先にジェル筆を当て、軽い力でジェルを爪の先端に塗布しましょう。筆を強く当てるとジェルを拭ってしまうので気をつけてくださいね。そして根本からジェルが剥がれる場合は、ケア不足の他に根元にジェル溜まりができたまま硬化していることが多いです。根元に凹凸ができないように、軽い力でジェルを塗っていきましょう。

ベースジェルが合わない

爪とジェルには相性があります。もしかしたら、使っているジェルが爪に合わないのかもしれません。ジェルを爪に密着させるためのベースジェルは、1つのメーカーでも複数の種類を販売していることがあるので、他のメーカーを含めてベースの種類を変えてみましょう。

ジェルの性質やケアの重要性を理解すれば、扱い方や塗り方も自然とわかってきます。ジェルに慣れることを優先し、練習していけば持ちもクオリティーも良くなるはずなので、引き続きセルフネイルを楽しんでいきましょう!

セルフマッサージの効果

セルフマッサージをすると、肌の血行が促進されるので、クマやくすみが解消されて肌が明るくなります。また、新陳代謝が活発になって老廃物が排出されやすくなり、肌がすこやかに導かれます。血液の流れとともにリンパの流れもスムーズになるので、顔のむくみやたるみ解消にも効果的です!







敏感肌のセルフマッサージについて

自分の手を使ったマッサージは、肌に優しい美容法なので敏感肌の方にもオススメです。ただし、マッサージには手と肌の間に摩擦が起こりやすい問題点があることを忘れてはいけません。敏感肌の場合は、摩擦によって肌を傷めたり、赤みやヒリヒリ感が起こる可能性もあります。優しいタッチで肌を傷めないようにマッサージを行いましょう。

セルフマッサージをする時のポイント

手でマッサージをする時は、指先でマッサージするのではなく、手の平を肌に密着させてリンパや筋肉をほぐすイメージでゆっくり行います。そして、顔の内側から外側に向かってマッサージするようにして耳の下から首、鎖骨に向かって撫で、リンパを流すようにすると効果的です。

敏感肌におすすめのマッサージオイル

乾いた肌にマッサージをするのは絶対にやめましょう!必ずオイルやクリームを手と顔に塗って、すべりを良くしてから行いましょう。マッサージオイルを使うと効果が高まりますが、敏感肌は種類によって肌に合わないものもあるので、パッチテストをして肌に問題のないことを確認しましょう。敏感肌におすすめのマッサージオイルは、植物から油出した100%天然のキャリアオイル。伸びが良くさらっとしているので、スムーズにマッサージをすることができます。中でも、ビタミンEを豊富に含むスイートアーモンドオイルや、肌になじみやすいホホバオイルなどがぴったりです。

セルフマッサージの注意点

マッサージは、1回1分間くらいを目安にしましょう。長時間行うと肌を傷める原因になります。また、敏感肌の方は、頻繁なマッサージは避け、多くても2~3日に1回くらいにしておくほうがいいですね。マッサージオイルは、時間の経過と共に酸化してしまうので、冷暗所に保管して早めに使い切るようにし、においや色が変わったら使うのを中止してください。酸化したオイルは肌に刺激を与え、炎症を起こす原因になるので、オイルの管理には十分に気を配るようにしましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント