産後のネイルはいつからOK?&産後のつらい敏感肌を乗り切るには | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ネイルはファッションのため、そして自分の手元を華やかにして、気分良く過ごすためにしている人が多いです。ネイル好きの方は、マニキュアよりも持ちがよくツヤのきれいなジェルネイルをしている人が多いのではないでしょうか。ですが妊娠中にネイルをすることは病院からNGを出されることがほとんどです。それは検査の時にネイルをしていると正確な数値が測れなくなってしまうからです。もしネイルが好きなら、産後はジェルネイルを再開したいと思いますよね。そこで今回の記事では、産後いつからネイルがOKなのか、する場合はどんなネイルがいいのかを解説します。そして産後は妊娠・出産は、女性にとって人生の中でも大きな仕事のひとつ。しかし、母親になる喜びを得ることができる反面、体には大きな負担がかかっています。特に、産後の間もない女性は、分娩の大きなストレスのほか、ホルモンバランスの変化、育児の忙しさから体調を崩しやすくなり、肌にトラブルが出やすい時期でもあります。今回は産後の敏感肌や肌トラブルを乗り越える対策についてもご紹介してまいります。

産後のネイルはいつからOKなの?

自分の視界に入りやすいパーツは、顔でも体でもなく手元です。ガサガサで手入れされていない手より、きれいなネイルで飾られている手のほうが、ふと視界に入った時に気分良く過ごせますよね。ですが妊娠中のネイルはなるべく控えて、特に臨月前にはなにもつけないようにしましょう。なぜかというと妊娠中の場合、指先で酸素飽和度を図るパルスオキシメーターを使ったり、健康状態をチェックするために爪の色を確認するといったことがあります。それらに支障が出ないように、病院によってはジェルネイルやマニキュアといったネイルはNGとされているのです。では出産後なら、ネイルをしてもOKなのでしょうか?

産後の状態が安定していれば再開してOK!

産後のネイルを開始する時期は、特に決まりなどはありません。つまり自分の健康状態が安定していて、日常生活をおくれるのであれば、ネイルを楽しんでもOKなのです。ただしお産のあとの体は、妊娠前の体から状態が大きく変わっています。無事出産を終えて、母子ともに健康体だったとしても、関節痛やむくみなどに悩まされているママは多いようです。そして赤ちゃんのおむつを変えて、ミルクをあげて、抱っこしながら寝かしつけて・・・など、赤ちゃん次第ではありますが、ママは自分の時間が取れないほど忙しくなります。体が変化している上に育児が開始するので、肉体と精神の疲れによってお肌や髪、爪なども荒れてしまうこともあるようです。そこへネイルのお手入れもするとなると更に疲れてしまうかもしれません。まずは自分の体を休めることを優先し、その上で余裕があればネイルをしてみましょう。

産後のネイルはここに気をつけて

赤ちゃんの肌はとてもデリケートです。ママの爪先が尖ってると、赤ちゃんの肌を傷つける原因になりやすいです。ネイルをするときや爪を切る時は、爪先を丸い形にして、皮膚にあたったとき怪我をしないよう短めにしましょう。短めネイルにすることで、爪と皮膚の間を清潔に保ちやすくなります。そしてストーンやパーツなど、凹凸のあるネイルはなるべく控えましょう。ネイルに慣れている方なら、パーツはジェルでしっかり固定して、ストーンの尖っている部分はコーティングしたから大丈夫と考えがちですが、ストーンやパーツは、いつ取れてしまうかわかりませんし、取れたものを赤ちゃんが誤飲してしまうかもしれません。そして尖った部分をジェルでコーティングしても、時間が経つほどコーティングの厚みは減っていきます。リスクを抱えないためにも、ストーンやパーツはできるだけ避けて、フラットアートやシンプルデザインを楽しみましょう。

産後で忙しく大変な日々を過ごすママだからこそ、気分転換をしたくなりますよね。自分の気持ちを上げるために、メイクや服だけなく、持ちの良いジェルネイルをしてみるのもおすすめと言えます。健康状態に気をつけながらおしゃれを楽しんでください!







産後はホルモンのバランスが急激に変化

産後の体調が崩れやすい大きな理由に、女性ホルモンのバランスの変化があります。妊娠中は、女性ホルモンなど妊娠・出産に作用するホルモンの分泌が増えます。そしてこれらのホルモン分泌量は妊娠後期~分娩時をピークに急増し、分娩が済むと一気に激減します。それぞれの女性ホルモンには女性の体や肌をすこやかに保つ作用があるので、産後にホルモン分泌量が急激に変化すると、体調や肌にさまざまな変化をもたらすのです。そのため産後に体調が崩れて辛い思いをする人も多いようです。ただしこれは誰にでも起こる自然な現象で、心配し過ぎる必要はありません。しばらくするとホルモンのバランスが元に戻って、体調や肌の調子も改善されるようになってきます。

産後の敏感肌の原因

産後の時期に、敏感肌に悩む女性は少なくありません。それまでトラブルを感じなかった女性が、産後に肌質が変わるという場合もあります。産後は、女性ホルモンのバランスが大きく崩れるため、肌のバリア機能が大幅に低下し、肌が乾燥したり過敏になって赤みやかゆみ、ブツブツなどの肌トラブルを起こしやすくなっています。また、産後は分娩の疲労が回復しないうちに育児が始まります。体が本調子でない上に休みなく赤ちゃんのお世話をしなければならず、心身の疲労が濃くなる時です。そのためストレスから体調や肌の機能が悪くなってしまいやすいようです。

産後の敏感肌の対策法

産後のホルモンバランスの変化は一時的なもので、数か月経つと平常時の状態に必ず戻ります。産後の不調はいつまでも続くものではないと前向きにとらえるようにしてくださいね。そして忙しい育児中では、なかなか時間が無いかもしれませんが、最低限のスキンケアは怠らないように心がけましょう。シンプルかつワンステップで済むようなオールインワン化粧品を選ぶと、時間がなくてもスキンケアができます。また産後の肌は敏感になっているので、肌にやさしい化粧品を選ぶようにしましょう。そして体調を整えることも大切です。育児は無理をし過ぎないでリラックスする時間も持ちましょう。肌の機能を高めるためにはビタミンA、B群、C、Eを意識して、バランスの良い食事を摂るように心がけましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント