海外旅行ではネイルしない?日本と海外のネイルの違いや、気をつけたいポイントを紹介 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

待ちに待った海外旅行、せっかく行くならおしゃれしたいですよね。旅行前は美容院に行って長さを整えたり、カラーをリタッチしたり、フルカラーで染めたりする人が多いです。そして髪だけでなくネイルサロンでネイルをしたり、セルフネイルをして爪をきれいにする人もいます。旅行時のネイルは持っていく服に合わせたカラーにする人や、どんなシーンにも合うきれいめのナチュラルネイルにする人が多い印象です。筆者もネイルサロンで働いていた時に「明日から旅行に行くからネイルをかわいくしたい!」というお客さんを接客したことがあります。そのお客さんは海に行くとのことで、海に似合うようなシェルを使った爽やかなネイルにされました。しかし海外旅行では、派手なネイルをしているのはNGという噂もあります。今回は海外旅行に行くときのネイルはOKなのか、ネイルをしたい場合どんなカラーやデザインがいいのかをご紹介します!また海外旅行中に気をつけたいポイントも合わせてご紹介しますね。

日本と海外のネイルの違い

まず、日本のようにジェルネイルがこんなにもベーシックで、アートやストーン、パーツできらびやかにしている国は少ないというのはご存知ですか?そもそもネイルの基本であるマニキュアの発祥はアメリカです。それが世界中に広まり、ネイルをする人が増え、ジェルネイルなどの新しい技術も生まれました。そして世界各国の中でも日本人は凝り性で美意識も高い国民性を持っています。ベーシックなネイルデザインのワンカラーやフレンチネイルだけでなく、アートをプラスしたり、グラデーションやニュアンスネイルなどを施すようになりました。日本のネイル文化は独自の発展を遂げ、今では日本のネイルを真似する国が出てきているほどです。一方でアメリカやイギリス、フランスなどの国では、シンプルかつすぐに色を変えることができるマニキュアのワンカラーが最もポピュラーです。海外にもネイルサロンがあり、ケアやマニキュアのカラーリングなどが気軽に、かつ短時間でできるようになっています。海外の女性は日本の女性のように凝ったネイルアートをすることはほとんどありませんが、ナチュラルなケアだけのネイルやワンカラーなどシンプルなネイルを好むようです。最大2週間ほどでネイルの色を変えたくなる人が多いようで、持ちの良いジェルネイルはあまり流行っていません。

海外旅行ではネイルしないほうがいい?

華やかなネイルアートをして海外旅行に行くのはあまりおすすめできません。なぜなら、旅行先の現地の人からは観光客ということがすぐわかってしまうからです。観光客として見られるだけなら問題がないのでは?と考える人もいるかもしれませんが、日本のように治安が良い国ならともかく、治安が悪い国では観光客とわかりやすい場合は危険な目に合う可能性が高くなってしまいます。現地に詳しくない人だとぱっと見てわかりやすくなるので、スリや置き引きを狙う人が近づいたり、詐欺や犯罪に巻き込まれやすくなるかもしれません。







どうしてもネイルがしたいときは?

「せっかく海外旅行に行くからには、どうしてもおしゃれがしたい!」という人は、ワンカラーやフレンチネイルなど、シンプルなネイルデザインにしましょう。カラーも王道の赤や、ネイビーやモスグリーンなどのダークトーン、ナチュラルなベージュ、ピンクがおすすめです。これらのカラーは海外でも人気のネイルカラーなので、現地でも浮かずにおしゃれに決まります。

ネイルケアでナチュラルな手元に

海外旅行では爪に色を塗らずに、形を整えて表面を磨くネイルケアだけをするのもおすすめです。特にセルフでマニキュアを塗る場合、数日で剥がれてしまうことが多いですよね。ネイルケアだけなら、マニキュアの剥がれを心配する必要はありません。爪みがきで表面をツヤツヤに磨けば、ナチュラルで美しい手元に仕上がりますよ。

海外旅行ではちょっとしたことも気をつけて

世界の中でも日本は治安の良い国として知られています。日本の他にはアイスランド、デンマーク、シンガポールなどが治安の良い国として有名です。しかしいくら治安の良い国でも、大手を振って過ごせるわけではありません。旅行先でも安心して過ごせるように、持ち歩くバッグは体にフィットするショルダーバッグなどを使い、開け口がチャックでしっかりと閉められるものを選びましょう。傍から財布が見える状態で持ち歩くのはNGです。またレストランなどでバッグや財布、携帯をテーブルの上に置くのも危険です。空いている椅子に置いたり、体から少し離すだけで、置き引きが強引に奪っていくケースもあるそうです。貴重品は常に自分の体の側に置き、少し席を離れるときも持ち歩きましょう。

まとめ

日本のアートやパーツなどをつけるネイルデザインは、海外だと珍しかったり、観光客だとすぐわかるケースがほとんどのようです。外国人観光客とわかるような見た目をなるべく避けるためにも、シンプルなワンカラーや、フレンチネイル、ネイルケアのみなどで海外旅行に行くのがおすすめです。そしてバッグは貴重品を守り、肌身離さず持ちやすいようにショルダーバッグなどを使いましょう。楽しい海外旅行をもっと楽しめるように、ちょっとしたポイントも気をつけてみてくださいね。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント