シェラックとジェルとマニキュアの違いは?&石けんとボディソープのメリット・デメリット | ネイル女子 - ネイリストがおすすめするネイルサロンも掲載中!

※本サイト内では一部プロモーションが含まれます

ネイルをしていて「シェラック」という名前を耳にすることはありませんか?シェラックは「ジェルとマニキュアの間のようなもので、爪に優しい!」と表現されるネイルのことです。シェラックの施術にもジェルネイル同様、硬化ライトが必要なため「マニキュアのようなボトルに入った使いやすいジェルネイル」と思っている人が、実は少なくありません。しかしシェラックがジェルネイルと全く同じなら、わざわざネイルサロンに行ってシェラックをオーダーする意味は何でしょうか。また、もしシェラックがジェルよりも爪に優しいのであれば、今後はジェルネイルよりもシェラックを選んだ方が良いのではないかと考える人もいると思います。実際ジェルネイルとシェラックには、どのような違いがあるのでしょうか。今回は、最近ネイルサロンでも問い合わせが増えているシェラックネイルのメリット・デメリットについてご紹介します。また、石けん・ボディソープといえば、体を洗う際の必需品ですが、近年はボディソープ派の方が多いのではないでしょうか。しかし本当に肌にやさしいのは、一体どちらなのでしょう?今回は、石けんとボディソープについてそれぞれのメリット・デメリット、そしてお肌に合った選び方も一緒にご紹介します。

シェラックとは

シェラックは、ジェルのようにライトで硬化できるので乾かす時間が必要なく、マニキュアを塗るような手軽さが人気です。クイックジェルとも呼ばれ、ジェル程の厚みはないですが、マニキュアよりはぽってりと艶のある仕上がりになります。また、ジェルネイル程持ちは良くないですが、マニキュアよりはだいぶ長持ちするのが特徴です。このように、ジェルの良さを兼ね備え、かつマニキュアの手軽さのあるシェラックは、「ジェルとマニキュアの間」と言われているのです。

シェラックネイルのメリット・デメリット

ジェルとマニキュアの良いとこ取りなら、みんなシェラックにすれば良いのに!そう考える人もいると思います。ところがそういうわけにもいきません。以下でシェラックのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

・ジェルに比べ、爪への負担が少ない
シェラックはジェルのようにライトで硬化させるので、落とす時にはオフの作業が必要です。しかしジェルのように表面を削る工程の必要はなく、アセトンであっという間に簡単に落とすことができるので、ジェルをオフする時のような負担が爪にかかりません。

・マニキュアよりもツヤツヤ
ジェル程の厚みもツヤもないですが、マニキュアに比べると圧倒的にシェラックの方がぷっくりとし、艷やかです。薄付きのジェルといった仕上がりなので、フットネイルで人気です。ジェルネイルなど巻き爪が痛いと感じる方も、シェラックの薄付き感なら痛みを感じないという方も多いです。

・乾燥時間がいらず、持ちが良い
シェラックはライトで硬化することができるので、マニキュアのように乾かす時間は必要ありません。またマニキュアなら1週間もすれば、爪先が剥げてしまうことがほとんどですが、シェラックは硬化させ爪に定着させているので、2~3週間は持ちます。フットネイルですと4週間ほど持つのでフットネイルでシェラックを選ぶお客様は多いです。

デメリット

・ジェルと比べるとつやが弱い
・ジェルと比べると厚みがなく、強度が弱い
・できるアートの幅が限られる
・マニキュア同様、爪の成形ができず自爪の形がそのまま出る

ジェルネイルと比べると表面のツヤ感は劣ってしまいます。また、薄付きなことがメリットでありますが、ジェルネイルのようなぷっくりとしたフォルムが好きな方には薄付きなのであまりおすすめできません。できるアートの幅が限られることもシェラックのデメリットと言えます。特にパーツを付けるアートは埋め込むことができないためあまり向いていません。ワンカラーを楽しむものと考えたほうが良いでしょう。シェラックにはジェルネイルのクリアのように粘度の高いものがありません。そのため、爪の形を整えたり、長さ出しをしたりすることができないというデメリットがあります。もし長さ出しや厚み出しをしたい場合にはジェルネイルかアクリルスカルプチュアがおすすめです。

普段からジェルネイルをしている人は、シェラックだと少し物足りないかもしれませんね。







シェラックがおすすめな人

ここまででシェラックの特徴やメリット・デメリットについてお話をしてきました。シェラックネイルは、以下のような人におすすめです。

・シンプルなネイルが好き
・もともとセルフネイル派
・強度にはこだわりがない
・自爪に近い自然な仕上がりが好き
・自爪を傷つけたくない

シンプルなワンカラーやカラーグラデーションネイルが好きな方にシェラックはおすすめです。セルフネイルでシェラックを使う場合も筆を用意する必要がなく、サッと塗ることができますよ。ちなみにシェラックは塗る前にしっかりボトルを振って撹拌する必要があります。振らずに使うと硬化不良が起きたり発色が悪かったりすることがあるのでしっかり混ぜてから使ってくださいね。強度にこだわりがなく、自然なつけ心地が好みという方にもシェラックはおすすめです。また、厚みがでてしまうと指先が使いにくいと感じている方にもシェラックのつけ心地は良いものであるはずです。最後に、自爪を傷つけたくないならシェラックが良いでしょう。なぜかというと、シェラックはサンディング(密着を良くするために自爪をヤスリで削ること)の工程なしで付けることができるので自爪を一切傷つけることがありません。また、オフの時にも表面を削る必要がなく、アセトンを巻くだけでオフできるので誤って自爪を傷つけることがないのです。

ジェルネイルやマニキュア、またシェラックネイルなど、自分のライフスタイルに合わせてぜひ色々と試してみて下さい。

マニキュアのメリット・デメリット

マニキュアのメリットとデメリットを改めて考えていきましょう。

マニキュアのメリット

・ライトが不要ですぐに始められる
・オフが簡単
・リーズナブルな価格
・時間がかからない

硬化用のライトが不要でマニキュアさえ購入すればすぐに始められます。初期費用が少なく始められるのが魅力です。また、オフが簡単なこともメリットです。除光液をコットンに染み込ませて拭き取ればOKという手軽さはジェルネイルやシェラックにはない手軽さと言えます。ネイルサロンで施術して貰う場合も、セルフネイルでもリーズナブルな価格であるという点も魅力です。カラーバリエーション豊富なマニキュアがプチプラでたくさん揃っています。最後に塗るのに時間がかからないことがメリットです。ジェルネイルは1時間半~2時間程度かかりますが、マニキュアは30分~1時間程度と非常に簡単に時短で塗ることができます。

マニキュアのデメリット

・乾かすのに時間がかかる
・持ちが長くても1週間ほど
・複雑なアートができない

乾かすのに時間がかかり、場合によっては乾いていない状態でぐちゃぐちゃになってしまうことがあるのがマニキュアのデメリットと言えます。しかし最近は速乾性がウリのマニキュアも非常に多く、乾く時間が短時間で済むものもあります。マニキュアの乾燥で失敗をなくすには、表面が乾いてから次のカラーを塗ることと、塗り終わってからドライヤーで乾かすなどの方法があります。持ちが短いこともマニキュアの短所で、1週間~10日ほど持てば良いと考えましょう。時には3日から5日で先端が剥げてきてしまうこともあります。最後に複雑なアートやストーンを乗せるアートができないことです。マニキュアで楽しめるデザインはワンカラー、グラデーション、タイダイ、フレンチです。また、最近では塗りかけネイルも人気ですが基本的に凝ったデザインはできません。

マニキュアが向いている人

シンプルなデザインが好きな方に向いているのがマニキュアです。また、時短でパパッと仕上げてオフも簡単で塗り替えが楽なのが良いという人はマニキュアが合っています。

ジェルネイルのメリット・デメリット

シェラックとマニキュアの長所と短所を解説してきました。最後にジェルネイルのメリット・デメリットをご紹介していきます。

ジェルネイルのメリット

・アートの幅が広い
・カラーバリエーションが豊富
・持ちが良い
・強度が高く、爪の形の補正もできる

ジェルネイルはまず、アートの幅が広くカラーバリエーションが豊富です。マニキュアもカラーバリエーションが豊富ですが、厚みを出せるジェルなどもあるのでより様々なジェルがあります。また、粘度の高いジェルでパーツを埋めることもできるのでストーンアートや厚みのあるアートも可能なことが魅力です。次に持ちの良さです。ジェルネイルはハンドなら3週間~4週間、フットネイルなら6週間ほどもちます。これはマニキュアやシェラックにはないメリットで、長い間アートを楽しめます。最後に強度の高さと厚み出しや長さ出しによって爪の形の補正ができることも長所です。反り爪の方も綺麗なフォルムの爪に補正することができ、指先のシルエットが美しくなりますよ!

ジェルネイルのデメリット

・オフが大変
・硬化用ライトが必要
・セルフネイルだと持ちが悪い場合も

ジェルネイルはオフが大変であるのが最大のデメリットです。表面を削ってからアセトンやジェルリムーバーを染み込ませたコットンを指に置き、アルミホイルでくるんで落とすという工程がかなり時間を取ってしまいます。また、硬化用ライトも必要ですので、初期費用がマニキュアよりもかかります。最近では硬化用ライトもかなり安価で手に入るようにはなっていますが、機能面や出力面を考えるとしっかりしたものが必要になってしまいます。最後にセルフネイルの場合はジェルネイルでも持ちが悪くなってしまうことがあります。これは下準備であるネイルケアやサンディングなどがしっかりできていない場合に取れやすくなってしまうことがあるためです。

ジェルネイルが向いている人

ジェルネイルが向いているのはトレンドのアートや凝ったデザインがやりたい方です。また、定期的に付け替えに行ってメンテナンスができる方はジェルネイルがピッタリといえます。セルフネイルの場合では、付け替えのジェルオフがしっかりとできて時間をかけてジェルを付けることができるという場合はジェルネイルが良いでしょう。







石けんのメリット・デメリット

一般的には「石けんの方が肌にやさしい」と言われることが多いですが、それはなぜでしょうか。以下で、石けんのメリット・デメリットをご紹介します。

メリット

・コスパがいい
・アルカリ性のため洗浄力が高い
・成分がシンプル
・石油系合成界面活性剤不使用

デメリット

・溶けやすく保管が面倒
・配合される美容成分が少ない
・アルカリ性が角質層(肌のバリア機能)を傷つけることがある

普通肌の場合、成分がシンプルな石けんの方がお肌にはやさしいです。しかし、敏感肌の場合はワケが違います。石けんは、油脂と苛性ソーダが混ぜられた「アルカリ性」の物質です。そのアルカリと敏感肌の相性が良くありません。私たちの肌は弱酸性です。物質が酸性かアルカリ性かを調べる「pH値」で表すと、肌はpH4.5~6.0ですが、石けんを使うことで肌はアルカリ性(pH8.0くらい)に傾きます。しかし通常であれば、肌は自然と弱酸性に戻ります。これは肌を弱酸性に保つ皮脂が多く分泌され、アルカリと混ざり合うからです。ところが皮脂分泌量が少なく、肌が乾燥気味な敏感肌の場合、弱酸性に戻るのに時間がかかったり、戻れなかったりします。肌がアルカリ性に傾いたままだと、肌の常在菌のバランスが崩れ、肌荒れを起こす原因となります。さらに、アルカリにはタンパク質を溶かす作用があるため、タンパク質でできた角質層が剥がれやすくなるのです。普通肌の場合は古い角質のみが剥がれますが、角質層が弱っている敏感肌は、角質層まで剥がれてしまう可能性があります。そのため敏感肌の場合、石けんはあまりオススメできません。

ボディソープのメリット・デメリット

では石けんがダメならボディソープを選べば良いのでしょか?以下でボディソープのメリット・デメリットも見ていきましょう。

メリット

・携帯に便利
・保管が簡単
・種類が豊富
・美容成分が豊富に配合されている

デメリット

・水切れがよくない
・石油系合成界面活性剤使用のものが多い
・肌に刺激を与える、合成ポリマーや香料などの添加物が使用されがち

このようにボディソープにも敏感肌にはデメリットがあるので、ボディソープを選ぶ時は注意が必要です。

ボディソープの選び方

敏感肌におすすめなのはアルカリ性でないボディソープです。そして選ぶ時は、ポイントが3つあります。

・ 保湿成分配合
敏感肌にとって角質層を弱める乾燥は大敵です。乾燥を避けるため、ボディソープも保湿効果があるものを選びましょう。

・弱酸性
肌と同じ弱酸性のものを選びましょう。弱酸性のものは肌環境を乱さないため、敏感肌も安心して使うことができます。

・石油系合成界面活性剤不使用
多くの弱酸性ボディソープには、肌に刺激を与える石油系合成界面活性剤が使用されています。石油系合成界面活性剤は敏感肌に悪影響を及ぼすことがあるので、注意しましょう。

肌にやさしい体の洗い方

身体を洗う時は、肌をいたわりながら洗うことも大切です。

やさしい洗い方

肌への摩擦を少なくするためボディタオルなどは使用せず、手で洗っていきます。

①ボディソープを、洗顔ネットなどを使ってしっかりと泡立てます。
②手に泡を取り、擦らないように泡でやさしく撫でるように洗いましょう。
③38℃~40℃くらいのお湯で洗い流します。あまりにお湯が熱すぎると、肌の潤いを保つ皮脂膜まで洗い流してしまうので気をつけましょう。

体を洗った後は、ボディクリームやボディローションで肌を保湿するようにして下さい。また、肌荒れがひどい人や、どんな石けんやボディソープでも荒れてしまう人は「お湯のみ」で体の汚れを落とすようにしましょう。38~40℃の湯船に10分程浸かり軽くこすれば、体の垢はほとんど落ちます。皮脂や角質層を取り除きすぎないので、肌が本来持っている潤いをキープすることができます。

まとめ

それぞれの特徴を踏まえた結果、敏感肌さんにオススメなのは「ボディソープ」です。石油系合成界面活性剤に注意し、弱酸性で保湿効果のあるボディソープを選ぶようにしましょう!そうすることで、健やかな肌に近づくことができます。







おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター

「ネイルhack」のランキング

一週間で人気のあった記事ランキング

ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • facebook
  • x

公式アカウント