ネイルを1本だけでも直すには?ジェルが取れる原因&セルフでも簡単にできる対策教えます | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ネイルサロンでかわいくネイルをしてもらったけど、いつの間にか欠けていた、ジェルが取れていたということはありませんか?ネイルサロンのお直し保証期間内であれば、基本的に無料でお直ししてもらえますが、忙しかったり、家から遠いネイルサロンに行った場合はすぐに直してもらうのが難しいですよね。1本だけ急いでお直ししたいなら、セルフで直す方法を覚えておきましょう!今回の記事では、ネイルを1本だけでも直す場合のやり方や、ジェルネイルが欠けたり、取れてしまう原因などをご紹介します!

ネイルが1本だけ欠ける、取れる原因は?

ジェルネイルの場合、だいたい2~4週間持つものが多いです。そのくらい経ってから一部が欠けたり取れたりするのは「そろそろ付け替えまたはオフする時期」というサインなので問題ありません。しかし数日~1週間ほどで1本だけ欠けてしまった、または取れてしまったという場合は、以下のような生活習慣やクセが原因かもしれません。

爪先をよく使う

お仕事や家事などで爪先を使う、または細かい作業をする人は、ジェルネイルが欠けたり取れやすくなります。例えば爪先でシールを剥がしたり、キーボードのタイピングをするときに爪先キーを押すクセがある人は、摩擦や衝撃によってジェルネイルが摩耗しやすいので注意が必要です。

ジェルと爪の相性が悪い

よく行くネイルサロンで「新しいジェルを試してみませんか?」と違うジェルをつけてもらうことはありませんか?また初めて行くネイルサロンの場合はどんなジェルを使っているかわからないですよね。化粧品やコスメで、友達は使い心地が良いと言っていたのに私はなんだか合わない・・・というのと同じで、ジェルと爪にも相性があります。相性が悪いジェルだと爪に定着しづらく、欠けたり取れやすくなってしまうのです。

ネイリストの技術力

技術力が低いネイリストは、ジェルを付ける前のケアが上手くできていなかったり、爪に定着するようにジェルを塗れていない人が多いです。お客さん側がネイリストの技術力を見極めるのはなかなか難しいですが、ネイルサロンがアップしているネイルの写真などを見て爪の根元、甘皮周りなどがしっかり上がっているかチェックしておくようにしましょう。

水を頻繁に扱う

ジェルネイルは合成樹脂という丈夫な素材でできています。しかしずっと水に触れてしまうような環境はNGです。お仕事や家事で水に長時間触れてしまうと爪や皮膚がふやけて、ジェルの定着が悪くなってしまいます。長風呂やサウナ、プールなどが好きな人も要注意です。

意外なものが原因になることも

上記の他にも、スポーツなどが原因になる場合もあります。例えばボーリングは爪先に衝撃を与えやすいというのはなんとなく想像がつきますよね。その他にもボルダリングやバスケなども爪にものが当たることが多いです。また漂白剤や強力な洗剤はジェルを溶かしてしまうこともあるので、お掃除中もジェルネイルの取り扱いには気をつけましょう。







ネイルサロンで1本だけ直すことはできる?

ネイルサロンで施術してもらったジェルネイルが1本だけ欠けたり取れてしまった場合は、まずはそのネイルサロンにお直し保証があるかどうか確認しましょう。数日~1週間以内であればお直しを無料としているところがほとんどです。電話等でネイルサロンに直接連絡し、お直しの予約を取ってくださいね。お直し対象のサロンが遠い場合は、近くのネイルサロンで1本から施術を行っているネイルサロンを探してみてください。価格は1本あたり300円前後で施術してくれるところが多いようです。ただし特殊なネイルアートの場合、材料やパーツの問題で対応できないこともあります。その場合はネイリストと相談して、ネイル全体に合うようなデザインに仕上げてもらいましょう。



セルフでネイルを1本だけ直すには?

セルフジェルネイルの道具を持っていて1本だけネイルを直すなら、ネイルサロンでお直しをするよりもセルフで直したほうが気軽で簡単です。しかしジェルネイルの道具を持っていないけど、ネイルサロンで施術してもらったネイルを今すぐに直したいという場合は、以下のような方法で対処してみてください。

マニキュアを使う

とにかく時短でささっと直したいという人は、ジェルネイルよりも道具が少なくて済むマニキュアを使ってお直ししてみましょう。一色をベタ塗りするワンカラーデザインでお直しするだけでも見栄えが良くなりますよ。元々付いていたジェルネイルと同じ色がなくても、同系色を使えば意外にも違和感なく仕上がります。

ネイルシールを使う

パーツとして使うようなネイルシールではなく、爪全面を覆うタイプのネイルシールもお直しにおすすめです。お直しする爪の大きさよりも少し小さめにカットし、爪の表面をエタノールやウェットティッシュ で拭き取ってから、隙間なくぴったりと貼ります。爪先のはみ出した部分は、爪やすりで軽くやすって削り落としましょう。最後に上からマニキュアのトップコートなどを塗ると持ちがさらに良くなります。あえて元のネイルの色と違うネイルシールを使うことで、アシンメトリーデザインになって目立つポイントになりますよ。

上記はあくまで一時的な方法なので、なるべく早くネイルサロンへ行ってお直ししてもらいましょう。

最近はケアなどの下処理がいらず、剥がしてオフできるジェルネイルも販売されています。ジェル液とジェルを固める安価なライトを買えばいつでも簡単にジェルネイルができるので、いざという時用に備えておけば安心です。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント