ジェルネイルの保管の温度は?&温冷ケアはこんなところに注意 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ジェルネイルでセルフネイルを楽しんでいると、保管場所に迷うことはありませんか?例えば少量のカラージェルやクリアジェルを持っているだけなら、メイクボックスやポーチに入れて保管してしまえばよいのですが、カラージェルは数十個、クリアジェルもいくつか種類を持っている場合、それらが収まるケースを買うしかありません。そして保管場所ですが、小さければ小さいほど場所を気にせずにしまっておけますが、ケースが大きいと、置く場所も限られますよね。今回の記事では、ジェルネイルの保管場所のおすすめや、保管の温度についてご紹介します。そしてここ数年、家電販売店では「温冷ケア」を取り入れた美顔器をよく見かけるようになりました。手軽にできる美容法として、今やすっかり定着しつつある温冷ケアですが、敏感肌にも効果があるのでしょうか?今回の記事では、温冷ケアのメリットとデメリット、ケアの際の注意点などもまとめてみました!

ジェルネイルの保管場所や保管温度は?

ライトで固まるジェルネイルは、今やセルフでも気軽にネイルができて、長持ちする便利なアイテムです。しかし保管場所を間違えるとジェルの品質が落ちてしまうので、以下の条件を守るようにしましょう。

直射日光が当たる場所はNG

ジェルネイルはUVライトから出る紫外線やLEDライトによる可視光線で固まります。そのため直射日光が当たる場所を避けて保管しましょう。特に気をつけたいのが、窓から日差しが当たる机の上や棚の上に置きっぱなしにすることです。ジェルの入っている器は、紫外線や可視光線を通しにくくするため、基本的に黒が使われていることが多いですが、完全にカットできるわけではありません。うっかり置きっぱなしにして、容器の中でカチカチに固まってしまったなんてこともあり得ます。ジェルを塗っている時も気をつけたいですが、しまう場所も日光が当たるところは避けましょう。

温度変化が大きいところも避けて

夏は暑く、冬は寒くなるのが四季のある日本の特徴です。ジェルネイルは、ある程度の温度変化には耐えられます。しかしあまりに温度が変わるところで保管していると、いざ使い始めた時にうまく固まらなかったり、変色したり、テクスチャーがゆるくなる・硬くなるなど、品質が落ちる可能性があります。筆者はネイルサロンで働いていた時に、冷房が効いているところでジェルを塗ろうとしたところ、テクスチャーが硬くなりすぎて扱いにくい状態になったことがあります。例えばコスメなどは冷蔵庫に入れることで品質を保つことができるので、温度の低いところで保管するのは間違いではないですが、その分ジェルのテクスチャーは硬くなるので、すぐに使うことはできません。ジェルは人が過ごしやすい室温をキープできる場所で保管するのがおすすめです。

温冷ケアとは?

温冷ケアとは、名前の通り肌を「温めるケア」と「冷やすケア」を交互に行う美容法です。この方法は特に目新しいものではなく、昔から自律神経を鍛える健康法としてよく知られてきたものなんですよ。シンプルな手順で肌の機能を高められるのが最大の特徴。季節や場所に関係なく、手軽にできる簡単スキンケアです。







温冷ケアの効果

温冷ケアには次のような作用があります。

温めることで

毛穴を広げて汚れが出やすくする・汗や皮脂の分泌を促す・血行を促進させる

冷やすことで

毛穴や血管を引き締める・肌を引き締めてハリを与える

また、温めたり冷やしたりを交互に行うことによって肌の血流が良くなり、肌の新陳代謝が高まる効果が得られます。温冷ケアをすることで、クマ・くすみ・乾燥・シワ・たるみ・毛穴の引き締めなどに効果があるといわれています。

敏感肌と温冷ケア

温冷ケアは、どちらかというと肌をいたわるケアというよりも、肌を鍛えて強くするといったケアになります。温めたり冷やしたりすることは、肌にとって刺激になります。そのため、温冷ケアは敏感肌の方にはあまりおすすめできません。健康な肌の方なら平気だと感じても、バリア機能が低下している敏感肌には強い刺激と感じる場合があります。さらに、これを交互に繰り返すとなると、敏感肌には一層大きな負担になってしまいます。敏感肌さんが温冷ケアを行う場合は、頻繁に繰り返さず、極端な温度で温めたり冷やしたりするようなケアは避けほうが良いでしょう。

温冷ケアの方法

温冷ケアには、いくつかの方法があります。家庭で手軽に行いたい場合は、水圧を弱めたシャワーで、冷水と温水を交互に顔に当てる方法や、洗面器に入れた冷水と温水で交互に顔を洗う方法などがあります。また、温かいおしぼりと冷やしたおしぼりを用意して、交互に肌に乗せるという方法もあります。これらの方法は、コストがかからないので手軽に実践できますが、面倒くさいという方には温冷ケア専用の美容器を利用する方法があります。ただし、製品によっては肌が敏感な方の使用を禁止しているものもあります。購入の際は、製品情報をよく確かめるようにしましょう!

敏感肌が温冷ケアを試す場合には

敏感肌にとって、温度の高いお湯・冷たすぎる水・シャワーの水圧は、肌にとって強い刺激になりかねません。また、ひとつ間違えると乾燥を進めてしまう行為になるので、敏感肌の方が安易に行うのは良くありません。とはいえ、肌が疲れている時などに、肌を温めたり冷やしたりすると敏感肌でも心地良いものですよね。敏感肌の場合は、おしぼりを用意して短い時間で肌に当てる程度で様子を見ながら行うと良いでしょう。肌に刺激を感じた場合はすぐに中止します。温冷ケアをした後は、化粧品で十分に保湿をして肌をませてあげましょう。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント