ホワイトニングって痛いの?&ジェルネイル中に爪が痛くなる理由 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ホワイトニングは歯の神経から遠い表面に施術をするため、通常は痛みを感じることはありません。歯の治療、特に虫歯治療が痛いと感じるのは歯の神経に近い部分に触れるからです。しかし人によっては、ホワイトニングをすると知覚過敏のようにしみたり、鈍い痛みを感じることもあります。今回の記事では、ホワイトニングで痛みを感じる理由と、ジェルネイル中に爪が痛くなる理由をご紹介します。

ホワイトニングで痛いと感じるのはなぜ?

ホワイトニングで痛みを感じるのは、歯の表面を覆う「エナメル質」に何らかの異変が起きているせいかもしれません。歯は大きく分けて3つの層が重なってできています。表面がエナメル質、エナメル質の下が象牙質、そして象牙質の下、歯の一番内側にあるのが神経の通っている歯髄(しずい)です。歯磨き粉などのCMでエナメル質という言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか。エナメル質が正常な状態ではないと、ホワイトニングの液がエナメル質の下にある象牙質や歯髄に直接、又は間接的に刺激を与えてしまうことがあり、ホワイトニングをすると痛みを感じてしまうのです。

ホワイトニングで痛いと感じる主な原因

ホワイトニングで痛いと感じる原因は、下記のようなものが考えられます。







歯の表面が摩耗している

噛み合わせが悪かったり、歯ぎしりや強い力で歯を磨くのがくせになっていると、歯がすり減ってしまうことがあります。歯の表面、つまりエナメル質がすり減ると、歯髄にある神経に刺激が伝わりやすくなります。これがCMなどでもよく聞く「知覚過敏」です。知覚過敏の歯に冷たいものが触れるとしみたりしますが、これと同様のことがホワイトニング液でも起きることがあるのです。

歯茎が下がっている

歯茎は歯周病や老化が原因でだんだん下がってしまいます。歯茎が下がると、歯の根周辺まで露出します。歯の根には神経が詰まっており、ホワイトニング液に触れると知覚過敏を起こしやすくなります。

虫歯がある

虫歯によって歯に穴が開いていると、ホワイトニング液が神経を直接刺激してしまい、痛みを感じます。

歯が割れている

歯ぎしりや外傷によって歯が割れていると、ホワイトニング液が歯の内部に進入し痛みを感じます。

ホワイトニング液の濃度が高すぎる

ホワイトニングに使用するホワイトニング液の濃度は歯科医院によって異なります。高濃度の液は高いホワイトニング効果が期待できますが、その分刺激も強くなります。

レーザーの発熱

ホワイトニングは液を塗った後にレーザーを照射することで、薬剤の効果を上げることができます。使っているレーザーの種類によっては、熱によってしみるような痛みを感じることがあります。

ホワイトニングで痛みを感じないためには

ホワイトニング中や、ホワイトニング後の痛みが不安な場合は、下記を参考にしてください。

患部をカバーしてもらう

歯がすり減っていたり、ひび割れ、根が露出しているなど問題のある部分を保護剤などでカバーしてもらうことで、刺激を避けることができます。

虫歯を治療する

ホワイトニングをする前には、必ず口内を検査します。神経にまで穴が開いているような重度の虫歯がある場合は、ホワイトニングをする前に虫歯治療を終える必要があります。ただし小さな虫歯の場合、患者の希望や歯科医師の診断によって先にホワイトニングをすることもあります。この場合は虫歯部分を保護剤でカバーし、ホワイトニングが終わった後に虫歯治療を行います。

刺激を抑えるコーティング剤を使用している

歯科医院によっては、薬剤に知覚過敏用のコーティング剤を含んでいるところもあります。コーティング剤の効果でしみるような痛みを抑えることが可能です。

濃度の低い薬剤を使用している

ホワイトニング液は高濃度であればあるほど刺激を感じます。痛みが不安な場合は低い濃度の薬剤を使用している歯科医院を選びましょう。

フッ素入りの歯磨きジェルを使用する

フッ素が含まれた歯磨きジェルを表面に塗ることで歯の表面を強くする効果が期待できます。即効性はないため、ホワイトニング前から継続的に続けるのがおすすめです。知覚過敏を改善できるかもしれません。

飲食に気をつける

ホワイトニング後はいつもよりも歯が過敏になっているため、冷たいものや熱いものが余計にしみることがあります。意識して常温の飲み物や食べ物を選んで、歯に刺激をあまり与えないようにしましょう。

痛み止めを飲む

ホワイトニング後の痛みやしみは一時的なものなので、鎮痛剤を飲むことで軽減することができます。服薬については、歯科医師と相談の上行ってください。

心配な点は事前に歯科医師に相談を

ホワイトニングの痛みに対する不安を歯科医師に事前に相談することで、必要な処置や症状にあった方法を選択してくれます。また、ホワイトニング後の痛みが取れない場合でも、遠慮せずに歯科医院に電話などで相談しましょう。

ジェルネイル中に爪が痛くなる理由とは

例えばジェルネイルで、ライトを当てて硬化する時に痛いような、熱いような刺激を感じたことはありませんか?ジェルはライトの光で固まる時に、化学反応が起きます。化学反応が起こると熱が発生してジェルが固まり、爪に定着します。これを硬化熱といい、硬化熱が軽減できるような成分にできても、ゼロにすることは仕組み上難しいです。さらに自爪が元々薄い人や、傷ついて爪が薄くなってしまった人はより熱の刺激を受けやすいです。爪が薄い状態でジェルネイルをすると硬化熱によってやけどをする可能性も少なからずあるため、硬化熱の影響を受けにくくする方法を覚えておきましょう。

1度でたっぷりの厚塗りはせず、薄塗りを重ねる

ジェルの持ちを良くしたい、またはぷっくりとした仕上がりが好きな場合は厚塗りをしますよね。しかし1回に使うジェルの量が多ければ多いほど硬化熱が出る量も増えます。厚塗りをする場合は、薄く塗って固めるのを2~3回繰り返しましょう。

硬化熱軽減機能のあるライトを使う

硬化熱はジェルの量だけでなく、ライトの光が強い時も熱量が増えます。近年は硬化熱を軽減させるために最初の数秒は光が弱く、徐々に光が強くなるライトも発売されているので、ライトの種類を変えてみるのもおすすめです。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント