ジェルネイルでアレルギーになる?原因を知って爪に優しいセルフネイルを楽しもう | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

ジェルネイルアレルギーというものがあるのはご存知でしょうか?サロンでジェルネイルをしてもらったり、セルフでジェルネイルを続けていると、ある日突然皮膚のかゆみやただれ、腫れなどのアレルギー症状が起こることがあるかもしれないのです。ジェルネイルアレルギーはネイリストや医師でも原因を特定することが難しいです。特に独学のセルフネイルをしている場合は原因がわからないままアレルギーが悪化し、爪甲剥離症など別の症状を引き起こす可能性もあります。ジェルネイルアレルギーについて知っておくことで、未然に防いだり、アレルギーになってしまっても対処できるようになります。ジェルネイルを長く楽しむためにも、これを機にジェルネイルアレルギーとはどんなものなのか知っておきましょう!今回の記事ではジェルネイルアレルギーの原因や、アレルギーを防ぐ対策方法についてご紹介します。

ジェルネイルアレルギーとは

ジェルネイルアレルギーとは通称で、病名ではありません。例えば肌に金属が触れることで起こる金属アレルギーのように、ネイルサロンやセルフでジェルネイルをすることで、アレルギー症状が出ることをジェルネイルアレルギーと言います。主に以下のような症状が出ることが多いです。

皮膚がかゆくなる

ジェルネイルアレルギーになると爪にジェルネイルをするだけで、爪周りの皮膚がかゆくなることがあります。重度になると、爪周りだけでなく爪から遠い皮膚もかゆみが発生してしまいます。

皮膚や爪が赤く腫れる

ジェルネイルの成分からアレルギー反応が起こると、皮膚が赤く腫れることがあります。また爪周りの皮膚だけでなく、爪の下にある皮膚も赤く腫れることが多いです。

ただれや水ぶくれができる

アレルギー症状によって皮膚が荒れて、ただれてしまったり、水ぶくれができることもあります。同時にかゆみがでることもあり、耐えきれず皮膚をかいてしまうとただれや水ぶくれがより悪化してしまいます。

上記の他にも鼻水が出る、鼻詰まりが起こるなど上記に限らず、様々な症状が出る可能性があります。

ジェルネイルアレルギーになる原因は?

ジェルネイルアレルギーが起きてしまう原因は以下のようなものが主です。

・ジェルネイルの液
・ジェルネイルをオフするときに出るダスト(粉塵)
・オフに使用するリムーバーや未硬化拭き取り剤などの液体
・ジェルネイルを硬化するライトから出る紫外線

上記の中ではジェルネイルの液が原因でアレルギーが起こる人が特に多いようです。ジェル液を爪にのせ、硬化して数時間経ったあとや、指先や爪の周りにジェル液が付いてしばらく経つと、液に含まれる成分に皮膚が反応してかゆくなったり、ただれが発生してしまうのです。またジェルネイルをオフする時に出るダストという粉塵が皮膚についたり、空気中に舞って体内に入ることもアレルギーを起こす原因となります。ネイルサロンではダストを吸い取る機械(集塵機)を使用していたり、ガードをつけてダストが舞わないようにしている所が多いです。セルフネイルの場合はマスクを付けてオフをし、オフ後のダストは掃除機やモップなどできれいに掃除しましょう。そしてオフに使用するリムーバーや、未硬化ジェル拭き取り剤、ジェルネイルを硬化するためのライトから出る紫外線など、ジェルネイル以外が原因になることもあります。

ジェルネイルアレルギーの原因をつきとめるのは難しい

例えばジェルネイルアレルギーの原因がジェル液だと判明しても、ジェル液の成分の一つが原因なのか、複数の成分が原因なのか特定するのはなかなか難しいのが現状です。ジェルネイルはマニキュアなどと比べて新しい技術ですし、一般的に浸透しているとはいえ、日常的に行っている人の数は少なくなるからです。そのためジェルネイルアレルギーの症例は未だ少なく、専門に研究をしている人の数も少ないです。ジェルネイルを長く楽しみ、アレルギーを発症する可能性を低くするためにも、先んじて予防することが重要です。







セルフネイルでジェルネイルアレルギーを防ぐ方法

花粉症は花粉によってアレルギー症状が起きるもので、症状を軽くすることができても、治すことは難しいです。ジェルネイルアレルギーも花粉症と同じように、皮膚のかゆみや荒れなどを抑えることはできますが、根本から治すことはほぼ不可能です。しかし最大限予防することで発症させにくくすることはできます。セルフネイルを楽しんでいる方は、以下のような方法でジェルネイルアレルギーを防ぎましょう。

ジェルのメーカーを変えてみる

ジェル液やダストによってアレルギー症状が起きている場合は、使っているジェルネイルのメーカーを変えてみましょう。ジェルはメーカーによって成分の配合量が異なりますし、アレルギーを起こす可能性のある成分を含まないものも発売されています。ただし重度のアレルギー症状が出ている場合はすぐにジェルネイルを付け替えるのはおすすめできません。すぐにオフして、皮膚科で診察を受けましょう。アレルギー症状が落ち着いてきたら、医師の診断のもと、別のジェルメーカーで付け替えてみてくださいね。

LEDライトに変えてみる

UVライトから出る紫外線によってアレルギー症状が出ている場合は、LEDライトに変えましょう。ただし使用しているジェルによっては対応しているものがUVライトのみの場合もありますし、UVとLEDどちらにも対応しているハイブリッドライトなどもあるので、説明書やパッケージの注意書きをしっかり読んで使用してください。

ピールオフジェルやノンワイプトップジェルを使う

ジェルリムーバーや未硬化ジェル拭き取り剤が原因でアレルギー症状が出る場合は、ペリッと剥がしてオフできるピールオフジェルをベースに使ったり、拭き取り剤のいらないノンワイプトップジェルを使用しましょう。

気になる症状があったら皮膚科へ

ネイルサロンやセルフネイルでジェルネイルをしてから数時間~数日経ち、「なんだか爪周りがかゆい」「皮膚がただれてきて荒れてしまった」などの症状が気になる場合は皮膚科を受診しましょう。ネイルサロンで働いているネイリストはネイルや爪に詳しいスペシャリストですが、医師ではないためアレルギーなどの診断はできません。疑問点は皮膚科医に質問してくださいね。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント