スキニーフレンチのやり方、コツは?夏らしいスキニーコーデも紹介 | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

最近密かに人気を集めているスキニーフレンチネイルは、大人っぽくもなり、フレンチネイルの上品さも兼ね備えているきれいめデザインです。ベースカラーをナチュラルに、フレンチのラインはホワイトで仕上げればオフィスネイルにもぴったりです。そしてPOPなカラーや多色使いで仕上げればカジュアルにもなります。またシンプルなクリアベースにブラックやブルー、赤などの強いカラーを使えばエッジの効いたモードな印象することも!このように、細めに取ったフレンチラインは洗練された印象で、年齢やファッションスタイルに関係なく幅広いシチュエーションで合わせることができる万能ネイルなのです。しかし名前の通り、スキニーフレンチは細いラインが特徴です。セルフでやるには少し難しそうな印象がありますよね。実はこのおしゃれなスキニーフレンチ、コツさえ掴めば数あるネイルデザインの中でも、かなり簡単にすることができるのです!今回の記事ではスキニーフレンチのやり方とセルフでする時におさえておきたいコツをご紹介します。そしてスキニーといえば、足のラインにフィットしたスリムな細身パンツ♪今回はシンプルでおしゃれ見えする、夏らしいスキニー合わせのコーデも一緒にご紹介します。

スキニーフレンチとは?

スキニーという言葉は英語で「痩せた」「ほっそりした」という意味があります。スキニーフレンチとは、痩せているかのような細い線のフレンチネイルのことを表し、極細フレンチとも言われています。

スキニーフレンチがかわいいネイルデザイン

スキニーフレンチは、ベースカラーとフレンチ部分のカラーの組み合わせ次第で印象が大きく変わります。王道な白フレンチから、多色使いが楽しいフレンチまで、幅広く楽しめますよ♪以下ではかわいいスキニーフレンチネイルのデザインをご紹介します。

出典:www.instagram.com(@bijou__nails)

フレンチネイルといえば白を思い浮かべる人が多いです。定番の白をスキニーフレンチにすると上品さがよりアップします♪指先が美しく見えるのでオフィスネイルにもおすすめです♡

出典:www.instagram.com(@briller__nail)

グレージュのグラデーションに、蛍光ピンクのスキニーフレンチが大胆でかわいいです♡グレージュで大人っぽい印象になりますが、蛍光ピンクでかわいさも際立つポップなネイルです♪

出典:www.instagram.com(@nailsalonlalaange)

カラフルで、見ていて元気が出るスキニーフレンチネイルです♪多色使いはトーンを合わせることでおしゃれなまとまり感が出ます!ポイントでストーンもついていて、夏らしくてかわいいです♡

出典:www.instagram.com(@kicco_k.nail)

フレンチのラインがグラデーションになっています♡上品なのに派手でかわいいバランス感が素敵ですね♪夏だからこそ合うピンクとイエローのグラデーションは様々な夏服に合いそうです!

出典:www.instagram.com(@nailsalonmi5)

イエローとブルーのアシンメトリーカラーが夏らしくておしゃれです!ベースカラーがナチュラルなグラデーションになっているので、手元が美しく引き立ちますね♡







スキニーフレンチのやり方

爪先の細めラインがかわいいスキニーフレンチのやり方をお伝えします。今回ご紹介するのは人気の「クリアベース+赤」で作るフレンチです♪

用意するもの

・クリアジェル(ベースとトップ)、マットの赤ジェル
・エメリーボード
・スポンジファイル
・エタノール
・キッチンペーパーorコットン

手順とやり方

ネイルをはじめる前には必ず手を洗い、清潔にしてから行いましょう!
①エタノールで爪の油分除去をして、甘皮の処理をする。
②エメリーボードを使って爪の形を整える。
③スポンジファイルを使って爪先や爪の裏に残ったバリ(削りカス)をキレイに取り除く。
④スポンジファイルを使って爪の表面を軽くサンディングする(ノンサンディングジェル使用なら不要)
⑤再度、爪の表面、爪先、爪の裏までしっかりと油分除去する。
⑥ベースジェルを塗って、硬化。×2回
⑦赤のカラージェルで細い爪先に細めのフレンチを描いたら硬化し、2度塗りする。
⑧トップコートを塗ってしっかりと硬化させ、エタノールで未硬化ジェルを拭き取ったら完成!(トップコートはノンワイプタイプなら拭き取りは不要)

大まかな流れや手順とやり方は理解できたと思います。次で、スキニーフレンチをセルフでやる時の上手に仕上げるコツをお伝えしますね!

セルフでやる時のコツが知りたい!

実はスキニーフレンチは一般的な太さのフレンチネイルよりもセルフで挑戦しやすいです。コツを掴めばきれいなラインを引けるようになるので、諦めずチャレンジしましょう!ではスキニーフレンチをセルフでやる場合のコツをご紹介します。

爪の表面、先端の凹凸が少なくなるようにケアをする

爪の表面や先端が2枚爪になっていたり、凹凸ができているとフレンチのラインが歪みやすいです。ベースとなる爪の状態が悪いと色がのりづらいですし、ラインも描きづらいので、ネイルをする前に爪のケアはしっかりと行いましょう。爪の先端は爪やすり(エメリーボードとも言います)でギザギザになっている部分を整え、爪の表面はスポンジファイル(バッファーとも言います)を軽くかけてなめらかにしましょう。ちなみに爪の表面にスポンジファイルをかけすぎると、爪が薄くなってしまうので気をつけてくださいね。爪の薄さが気になる場合や、下処理(サンディング不要)のジェルを使っている場合は、表面の凹凸を埋めるようにベースジェルを塗りましょう。

爪の先端を見てラインを描く

爪の表面を見る(手の甲を見るイメージ)よりも、爪の先端を見ながらフレンチのラインを
引きましょう。爪の表面だけ見ているとブレてラインが太くなりやすいですが、先端に色を付けるイメージで爪を見れば細くラインが引けますよ。

透明感少なめの、濃い色を使う

透明感のあるカラーをフレンチに使用すると、境目がぼやけてしまいくっきりとしたラインが描きにくくなってしまいます。なるべく透明感のない色を使いましょう。特に赤、青など原色に近い色なら描きやすいです。またフレンチネイルの王道色である白を使う場合は、薄付きな白ではなくマットな白を使いましょう。ちなみにマットな白いラインをしっかり発色させたい場合は、ベースカラーに濃いめのベージュやピンクを使用
すれば、より境界線がくっきりします。

細い筆を使って、筆に少しだけジェルやマニキュアをのせる

スキニーフレンチはジェルネイル用の平筆やマニキュアのハケよりも、細筆のほうが描きやすいです。ネイルアート用の細い筆を用意し、ジェルやマニキュアを少しだけのせてフレンチのラインを描きましょう。細筆にたっぷりジェルをのせてしまうと線が太くなりやすいので注意してくださいね。

いざとなったらフレンチのラインを太くする&ラメを足す

スキニーフレンチのような細いラインをきれいに描くには練習も大事です。どうしても歪んでしまう場合は描き足してラインを太くしたり、ラメを足してごまかしちゃいましょう。特にラメは足すだけで少し凝った仕上がりに見えるのでおすすめです。

コツを押さえればスキニーフレンチは意外と簡単です!様々な色でトライしてみてください♪







スキニーパンツ・スリムパンツ・レギンスの違いは?

ファッションで人気のスキニーパンツは、細身のシルエットがスタイリッシュでオシャレですよね!そしてパンツで細身のシルエットと言えばもう一つ、スリムパンツも人気です。ではスキニーパンツとスリムパンツの違いは何でしょうか?ここではスタイリッシュなファッションには欠かせない、スキニーパンツとスリムパンツの違いをお伝えします。

スキニーパンツとは

スキニーパンツとは、皮膚のように足にぴったりと沿ったラインのパンツです。下半身をスッキリとさせ細身のシルエットを美しく見せます。スキニーパンツと呼ばれるものに素材や伸縮性は関係ありません。つまり細身のシルエットをよりキレイに見せることのできる特徴のパンツ全般をスキニーパンツと呼びます。

スリムパンツとは

スリムパンツとは、細めラインのパンツを指します。足のラインを沿うようにぴったりとフィットしたスキニーパンツとは違い、スリムパンツは履いた時の「パンツのシルエット」が細くなります。スッと伸びた細身のパンツには美脚効果があり、レディースだけでなくメンズでも人気があります。きれいめカジュアルなコーデにもぴったりのパンツです。

レギンスとは

レギンスとは、腰から足首まである優れた伸縮性と薄手の素材で、レイヤードコーデのインナーとして使用されることも多いです。もちろんそのままパンツとして着用することも可能です。でも素材によっては薄すぎることもあるので、一枚履きする時は注意が必要かもしれません。ぴったりと肌に馴染み動きやすいのが人気です。

ちなみにファッションアイテムとしては最近あまり聞かなくなったのがスパッツ。スパッツもレギンスと同じ動作性や伸縮性に優れたアイテムです。以前はこのように薄手で動きを邪魔しない伸縮性のあるパンツ全般を「スパッツ」と呼んでいました。しかしレギンスの流行により、アウターとして着用できる腰から足首までの伸縮性のあるパンツをレギンス、腰から膝上までのインナーとして着用するものをスパッツと分けて呼ぶようになったのです。そのため現在で言うスパッツとは、主に運動する時に着用するインナーウェアを指すことがほとんどです。海外ではわざわざスパッツ・レギンスなどと差別化せず、一律でレギンスと呼ばれています。

夏らしいスキニーコーデ

定番ボトムスのスキニーパンツは、かわいい、きれいめコーデにも、カジュアルコーデにも、シンプルコーデにも合わせやすいです!以下では今年の夏おすすめのスキニーコーデをご紹介します!

出典:https://wear.jp/aiko01234/17228497/

半袖のシャツパーカーに、スキニーを合わせたモノトーンカジュアルコーデがかわいいですね♡アクティブなシーンにも、ちょっとしたおでかけにもぴったりです♪

出典:https://wear.jp/welina0620/17339909/

アシンメトリーなトップスにスキニーを合わせたきれいめかつシンプルなコーデです♪大人っぽい感じもありつつ、スニーカーでカジュアルダウンしているのが素敵ですね♡

出典:https://wear.jp/risariyoyasu/17315332/

Tシャツにスキニーを合わせるとメンズライクな雰囲気が漂いますね!ブラウンのTシャツにブラックのスキニーのダークトーンコーデがスタイリッシュです♪








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント