ネイルに跡がつく!簡単に直す方法が知りたい&ニキビ跡が残りやすい敏感肌のニキビケア | ネイル女子 - Have a nice day tomorrow.

ネイル女子

マニキュアが上手く塗れると嬉しいですよね!塗りたてつやつやのネイルは、いつまでも眺めていられるほど、女性にとってはテンションが上がるものです。皆さんもマニキュアを塗り終わった後、できるだけ爪に物が触れないよう、頑張って時間を過ごした経験がある人も多いのではないでしょうか。それにも関わらず知らない間に、何故かネイルに「跡」がついていたなんてことがよくあります。ネイルの表面を触って乾いたことを確認したはずなのに、どうして跡がつくのでしょうか?今回は、せっかく塗ったネイルに跡がつく理由と、跡がついてしまった時の直す方法についてご紹介します。また、ニキビは出ている時も気になりますが、ニキビ跡が残ってしまうとさらに憂鬱な気分になりますよね。特に敏感肌の場合、肌のバリア機能が未熟なため炎症を繰り返したり、色素沈着を起こしやすいので注意が必要です。ニキビ跡を薄くする方法はいくつかありますが、肌の弱い敏感肌は、いろいろな方法を気軽に試してみることができません。そこで今回は、そんな敏感肌にピッタリなニキビ跡ケアも一緒にご紹介します。

乾いたはずのネイルに跡がつく理由

「乾いたはずのネイルに跡がついている・・・」セルフネイルをしていれば、誰しも一度は経験があるのではないでしょうか。「何でこんなことに?」と悩む人が多いですが、跡がつく理由は、結局のところ「しっかり乾かしたつもりでも、実はまだ完全に乾いてはいない」ということです。例えば速乾性のマニキュアでも、「速乾」しているのは表面だけで、中まで乾いていない場合がほとんどです。そのためマニキュアの表面をつるつるに保つには、やはりしっかりと乾燥させるしかありません。しかし、塗り重ねたマニキュアが乾燥するには、最低3~5時間は必要です。さらに中まで完全に乾かすには、丸一日かかると言われています。「夜にマニキュアを塗って、朝起きたら布団の跡がついていた」なんてことが起こるのも、仕方がない事なのかもしれませんね。では、せっかくきれいに仕上げたネイルに跡がついてしまったら、塗り直すしかないのでしょうか?そんなことはありません。次で、跡がついてしまったネイルの簡単な直し方をご紹介します。

跡がついてしまったネイルの直し方

塗ったネイルに跡がついてしまったら、以下の方法で直してみましょう!







トップコートを塗る

表面がザラザラしていたり、軽く跡がついている程度であれば、上からトップコートを塗るだけでOKです。跡が消え、つるつるでツヤっとしたネイルに生まれ変わります。

指を使って均す

跡がしっかりついてしまっている場合や、大きくよれてしまっている時は、トップコートだけでは隠しきれません。そんな時は以下の方法を試してみて下さい。

①指に除光液をつける。
②①の指で、跡やよれた箇所を優しく触りながら少しずつ均していく。
除光液をつけた指で表面を触っている間に、マニキュアが微かに溶けはじめ、均しやすくなってきます。触っていると表面は次第にペタペタとし、指紋などでマットな質感になりますが問題ありません。
③最後にトップコートを塗って完成。

きれいに仕上げたネイルに跡がついてしまっては、努力が水の泡です。でもトップコートや、ちょっとした修正術を知っていればもう安心です!もしネイルに跡がついてしまっても、がっかりすることなくサッと対処してみて下さい。

ニキビ跡が残る理由

赤黒いシミの様なニキビ跡が出来てしまう原因は、血液中のヘモグロビンによる色素沈着です。ニキビの炎症がひどくなり化膿してしまうと、真皮の組織まで傷ついてしまいます。真皮層の組織が傷つく際に毛細血管も破壊され、血液中のヘモグロビンが周辺の細胞に染み込み、色素が沈着することでニキビ跡になります。またシミのように残る茶色のニキビ跡は、メラニン色素が原因です。ニキビが炎症を起こすと、肌の表皮細胞はダメージを回復させるために活性化します。その際、シミの元となるメラニン色素も過剰に生成され、色素沈着が起こります。そして真皮層の深部までダメージを受けると、ニキビの患部がデコボコになり、クレーターの様なニキビ跡になってしまうこともあります。

一度できてしまうと治しにくいニキビ跡ですが、肌のターンオーバーを整え、正しいニキビケアを行うことで、ニキビ跡を改善することは可能です。

敏感肌はニキビ跡が残りやすいってホント?

敏感肌は、健康肌の方と比べてニキビ跡が残りやすい傾向にあります。敏感肌は肌のターンオーバーが乱れがちで、皮膚の生まれ変わりがスムーズに行われにくいのです。結果として、ニキビ跡がいつまでも肌に残ってしまいます。また、敏感肌は肌のバリア機能が低下しているので、ニキビが起こると化膿などの悪化が起こりやすいです。ニキビがひどくなれば、それだけニキビ跡になる可能性も高くなります。

ニキビ跡を残さないために心がけたいこと

実は、ニキビが治ったように見えても肌内部に炎症が残っていることがあります。ここでニキビケアをやめてしまうと、ニキビが悪化して跡が残りやすくなります。ニキビの赤みがある間は、ニキビ用の化粧品や皮膚科の薬を使って、しっかり治すようにしてください。また、ニキビやニキビ跡はメイクで隠したくなりますよね。しかし、メイクは毛穴を詰まらせニキビを発生させたり、悪化させるのであまり良くありません。できるだけ控えるようにしましょう。

敏感肌のニキビ跡ケア

ニキビ跡を消す治療には、ピーリングやレーザー照射といった方法もあります。しかし敏感肌には刺激が強いので、おすすめはできません。敏感肌のニキビケア跡には、ビタミンCを配合した化粧品を使ったケアがおすすめです!ビタミンCにはメラニン色素を薄くする効果があります。また肌のターンオーバーを正常に導くために、水分と油分を肌にしっかり補って下さい。そして、睡眠を十分にとるようにし、ニキビ跡と敏感肌を同時にケアしていくことが大切です。








おすすめ
この記事のキーワード

キーワードから記事をみつけよう!

この記事のライター


ネイル女子 - Have a nice day tomorrow. [明日をたのしく。]

  • twitter
  • facebook

公式アカウント